裏道しるべ

旅人の宿「道しるべ」の愉快な話や旅の情報、世間話のブログ「裏道しるべ」へようこそ

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:旅人の宿 道しるべ
とも2様
四国遍路をしていると、四国の住民がいろいろとお接待をしてくれるので、自分のことが偉いと思えるようになるのでしょう。
宿を始めてすぐの頃、たまたま満室だったのですが、お遍路さんが予約なしで訪れて、「自分は歩き遍路をしているので、ロビーで良いから布団を敷いて寝かせて欲しい、明日の朝はおにぎりをお接待して欲しい」と言うので、私は驚いてしまいました。
もちろん他のお客様の迷惑になるので丁重にお断りしたのですが、今思うと随分迷惑なお遍路でした。
小学館文庫から発売されているクレイグ・マクラクラン氏の「ガイジン夏遍路」は外国人から見たお遍路の特異性やわがまま遍路、そして最悪のユースホステルの話などが紹介されており、お遍路の実体が良く著されている名書だと思います。
まあとにかく「人に迷惑をかけてはいけない」などと今更言うのが不思議なくらい、常識のない人がお遍路をしているのも事実なので、受け入れをする宿側もかなり鍛錬されてきて、悟りを開く境地に迷い込んでいます。
投稿者:とも2
Sという遍路です…というのは偶然の一致ですが、ワシもバイク遍路をしていた時に色々な遍路に会いました。
自身で「お遍路をやっているから偉い」とか、「修行をしているぞ!」とか思うのは遍路を続けるエネルギーになるのでそれぞれの好きに考えてよいと思いますが、外に出してはいかんです。
ましてや遍路だから人様に迷惑をかけても良いというのは言語道断!遍路の風上にもおけません!!
たちの悪いお遍路さんも出没するのは、まじめなお遍路さんが多いだけに、なおさら悲しいことです。
投稿者:旅人の宿 道しるべ
なかた様
コメント、有り難うございます。
最近マナーの悪いお遍路さんが増えてきたため、お遍路の無料宿泊所である善根宿のオーナーがショックを受け、閉鎖が相次いでいます。
歩きお遍路さんは無料で宿泊できたり、うどんをサービスという食堂もあるのですが、車で近くまで来て、そこから歩いてくる悪質なお遍路が増えているそうです。
ごく一部のマナーの悪い人のために、本当にお遍路を人生の岐路と考えている方や、親切にお接待をしたいと思っている四国の人が迷惑を被る時代ですね。
私は歩き遍路や何回もお遍路をした人が決して立派だとは思いません。
なぜならば、今やお遍路は観光の一種で、完全な旅人なのですから。
投稿者:なかた
小さな宿で、昼間に留守電になっているのはある程度仕方ないことと思っていましたが、それでキャンセルって初めて聞きました。
僕なんか、北海道の元とほ宿で留守電で「今日お泊まりになる方はメッセージを」と言われて、きちんと泊めてもらいました・・(笑)。これはこれで変ですけどね。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ