白線の内がわ

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:スリーピー
水上さん、こんにちは。
私も有馬記念の感想を書かせてください。
私は、ディープインパクトが、これまで見せて
きたパフォーマンスなら、古馬相手でも通用する、
8連勝も不可能ではないと考えて馬券を買って
レースを見ていた一人で、馬券はリンカーンとの
ワイドだけ的中でしたが、レースには大満足でした。ルメールが前に付けてハーツクライの(今まで
見せていない?)力を引き出した騎乗が本当に
見事だと思いました。ディープインパクトの武豊騎手も断然の人気を背負う馬に騎乗する立場の騎手としては批判されるような騎乗をしたとは思えませんし、力は出し切っていたように思います。今回は
強い馬に、強い競馬をされたために敗れたものと
思いました。コスモバルクにも、翌日の週刊誌を
読んで、直線でリンカーンと色々あった件を知り
ましたが、少なくともレース直後は、私も同じように本当に感動して、来年は五十嵐騎手とのコンビが
続行となれば、また、活躍できるのでは?と期待が
膨らみました。
個人的には今年見たG1でベストレースと思いました。本当にお腹一杯の有馬記念でした。
私も、来年は、zazen girlさんと同じように、天皇
賞・春での、ハーツとディープの再戦を楽しみにしています。私としては、さらにトウショウナイト
と武士沢騎手が人馬ともに、今年より成長して参戦
してくれたら、本当に楽しみです。

今年も一年間お疲れさまでした。来年も正月のクラパから元気なお姿を拝見できるのを楽しみにしてい
ます。良いお年をお迎えください。
投稿者:DA
水上さん、こんにちは。
昨日、有馬記念に関するスレッドをブラウジングしていたのですが、醜いの一言に尽きます。アンチディープファンは息を吹き返したかのようにディープファンを攻撃し、ディープファンは関係者の中から犯人探しをし罵倒する。ディープインパクトが集めた競馬ファンって、こんな人たちだったんだろうか・・と悲しくなりました。ディープインパクトに関しては私は一度も軸馬にして馬券を買ったことがありませんが、一年間、一度も体を緩められるkとなく良く頑張ったと賞賛してあげたいです。そんな波が、このブログを訪れる多くの人たちに連鎖していくことを祈っています。

 別の話ですが、サクラメガワンダーが話題に上がっていましたよね。グラスワンダー×SS牝駒はHeliopolis≒Gulf Streamの自動生成パターンなので、今後グラスワンダーがブレイクするかもしれない・・と妄想を膨らましつつ、ラジオたんぱ杯を見ていました。

http://i-keibanet.com/
投稿者:山下
水上さん、はじめまして。
 いつもクラパや予想TVで拝見しております。私は血統派ではないのですが、水上さんの本は二冊共購入しました。
有馬の予想はお見事でした、私はデルタブルースで撃沈でした。
ディープに関しての私の考えは、夏に放牧に出さず自厩舎で調整したのが原因なのか、成長を感じませんでした。スティルインラブも3歳夏に放牧に出さず三冠こそ取ったが、その後は散々でした。
三冠を意識して大事に育てすぎたのか、それとも放牧に出せない理由があったのか分かりませんが。
私としては成長期に放牧に出してパワーアップしたディープを見たかったです。
では、水上さん御身体に気を付け下さい。
投稿者:おうしゃん
お久しぶりです。
 今年を振り返るとやはりディープの話になってしまいます。馬券的には穴党なのですが、私は初戦を見たときからディープの走りに魅せられてきました。ディープの強さが近年の馬と違って見えたのは、周囲の馬との能力差だけではなくディープの脚質だったと思います。ディープが追い込み馬ではなくマクリ馬であることが、後方からであるにもかかわらず安定感を与え、三冠の最大の難関である中山の皐月賞を克服させた要因だと思います。
 地方競馬の長距離戦や近年ではクロフネのダート戦の様に、普通とは違う、他馬と違うところから動いて圧倒するという姿は競馬を多く見ている人にも衝撃を与える姿だったと思います。
 最終的に外を回る不利が最も大きい中山2500をクリアできなかったのは残念でしたが、見ている人を楽しませるこの脚質は捨てないで欲しいと思っています。
 ディープフィーバーは落ち着くかもしれませんが、阪神と東京で見せるパフォーマンスは周囲のレベルに関わらず近年最強と言えるものだと思います。周りの過剰な盛り上がりと世代のレベルの問題から冷静な評価がされづらい状況なので、一年が終わった今、水上さんの評価を聞いてみたいです。
投稿者:SIN
有馬記念の馬場指数。

1999 −1
2000 5
2001 −12
2002 −6
2003 −9
2004 −20
2005 −9

と言う事で。
投稿者:yosouya
お久しぶりです。
有馬で自分はディープを◎打って頭から買ってたのですが、結果自体は想定の範囲内で、それほど衝撃を受けませんでしたけど、衝撃と言う意味では皆さんがおっしゃっているように、ルメールの騎乗やタップの緩めのペースぐらいです。これは本題ではないので流してもらって構いません。

本題はディープが負けた後、陣営が「海外遠征は白紙、厩舎で調整して天皇賞を目指します」とのことでしたが私自身この選択は非常に不満です。

まず何故海外遠征が白紙なのか?というところです。ディープ自身は中山芝2500mというトリッキーなコース形態が元々不向きなはずで初めて負けたといっても、府中の2400mで負けた訳ではなくあの馬の可能性は全く縮んではないと思います。逆に負けたからこそ明らかに距離の長い3200m(と言うか、最近菊よりスタミナ色が濃くなっている春天)を使うよりも、思い切って適距離で海外の広い馬場で戦わせてあげるべきだと思いますし、そこで結果を出せばまたメディアだって、負けた事で離れていきそうな「ディープ信者」だってまた振り向いてくれるのではないでしょうか?オーナーの考え方もあるかもしれませんが「天皇賞行き」はいい選択ではないと思います。

それから「厩舎で調整」も馬体が減り続けている(大きくなる事が必ずしも良い事ではないですが)現状や、これからの成長を促す意味合いや本当に激戦の疲れを癒すために一度放牧へ出してあげるのが一番だと思います。そうする事で馬が逞しくもなりますし、またパワーアップした姿でレースに出られる筈です。

陣営には「失敗したくない(できない)から厩舎で調整する」という考え方よりももっと長期的視野で見てもらいたいです。負けたからこそ思いっきりできる部分も大いにあると思いますが、今回の陣営の判断は「負け」を生かしきれていないような気がしてなりません。

これらの件について水上さんはどのようにお考えでしょうか?是非意見を聞かせていただきたく思います。


http://red.ap.teacup.com/yosouya/
投稿者:マグナット
初めての投稿です。
昨日の有馬記念についてなのですが、某スポーツ新聞に書いてあり自分の中でも憎悪に近いものを感じているのですが、最後の直線でリンカーンが伸びるときにコスモバルクが外によってきて勢いがとまってしまった。G1だから最低限のマナーは守ってもらいたいと横山典弘騎手が言ったらしいですがこれには本当に憎悪感でいっぱいです。
下手したらディープに先着または勝っていたかもしれないぐらいの脚を持っていて調教もよかったリンカーンだけに残念でなりません。

ジャパンカップのときのウィジャボートがルメールに不利を受けたこともそうですが地方騎手や外国人騎手はどうも騎乗が荒いような感じがするのです。

JRAももっと厳しく裁定を下してもらいたいです。またG1をはじめとしてすべての競走が公平なものになるようにJRAにつとめてもらいたいものです。

よろしければ水上さんのご意見もお聞かせいただければ光栄です。
投稿者:zazen girl
「ディープ敗れる」

ディープに絶対的な強さを求めていた多くの人が悲しんだことだと思います。

しかし、この結果によって来年の競馬が、より魅力的なものになったなと確信しています。
ライバル不在の競馬では盛り上がりに欠けます。
馬券的な妙味が乏しいこともありますが、それ以上に観ていて熱くなれる要素が少ないからです。
ディープに初めてライバル(ハーツクライ)と呼べる存在が現れたことにより、これから生まれるであろう敢闘精神溢れる人間ドラマに期待しています。

ディープ、ハーツ両馬とも嬉しい事に春天を目標にすると言っています。
今から来年の春天を想像してみます。
好位差しを覚えたハーツ。
そのハーツを徹底マークするのは有馬と同じ轍は踏むまいと、普段より前目で競馬をする武豊のディープ。
逃げる横典のセイウンスカイを徹底マークする武豊
のスペシャルウィーク、期待するのは99年の春天と同じ構図。
さらに期待するのはその時のメジロブライトのような本物のステイヤー、新たなるライバルの誕生。
今のところインティライミやデルタブルース、かなりの成長が必要ですがオペラシチーがその候補。
馬券的に狙いたいのは、展開利も見込めそうなこの第3勢力のステイヤー。
ディープ、ハーツとも淀の3200の適正は薄いようにも思いますし・・・って、年も明けていないのに来年の妄想劇場を長々と繰り広げてスイマセンでした。

来年も水上さんがご活躍できるよう御身体に気をつけてください。よいお年を。
投稿者:おーろ
お世話なんてとてもとても。
「(ウィジャ比較で)ハーツで2馬身、リンカーンやロブロイでも…」と公言しながらJC2着のハーツを調教師コメントで切った自分に激怒中なので冷静って訳でもない…うーん
あと道中にデルタ&ハーツに対して自宅で「(位置が)逆、逆」と騒いでた自分が恥ずかしいし(笑)

芝1600m以上OP勝ち無しを「流し満貫」とは笑いました。
シンボリがいなければ芝1400OPや1200重賞も無かった訳ですね。
(1600以上OP条件は、過去11年(ナリブ世代)は例が無い事は調査済み。来年基本2kg増になる定量別定戦の馬券の参考になりそうです)

「ディープ祭り」は終わってしまうんでしょうか?
マスコミのバカ騒ぎが無くなるのは結構なんですけど、これじゃ本当に扱いがハルウララみたいで…。あっちは「勝ったら意味がない」という話でしたが、そんなもんとはいえ、そうなったら寂しい限りです

あと、その後の報道コメントでいくつか。
武騎手が「ディープにいつもの伸び足が無かった」とした点は疑問。
私は「ディープはいつもの伸びはしてるけど届かなかった」という風に見てるので。
なんかデュランダルの池添騎手のコメントに似て不可解でした。
ま、某新聞の「最低の上がりだった弥生賞より上がりが0.5秒も遅いのは本調子ではなかったから」なんて記者コメントはアホかと思いましたけど
もしかして、こういう形で負けた騎手はこう言うしかないのかなあ…なんて思ってみたり

あと「ディープの追い込み一手の戦法」に言及してる報道がありましたけど、これは逆に仕方ないと思います。
前に競馬予想TVでミエハル氏(本当に神様みたい/笑)と水上さんが予想TVの特番で
「弥生賞勝ち馬が、皐月賞であまり勝てないのはなぜ?」
と武騎手にぶつけた時に、武騎手が
「弥生賞を勝つと皐月賞で違う戦法が取れないから」
と言った事はずっと頭に残ってて
「今回のディープも同じで絶対違う戦法は取れないだろうから、額面以上(ウィジャ前後2馬身)の成績はなかなか望めないだろうな」
と思ったりもしましたね。
逆にハーツはJCに勝ってたら、あんな戦法は取れなかったと推察します。
そう考えると「負ける事」っていうのも、結構大事な事なのかななんて思ったりもしてしまいますけどね。

今年は勝ち負けで色々考えさせられましたし
「負ける事」の意味を、色々考えてみたい今日この頃です
投稿者:SIN
オッズ別に金額分けるのは面倒なんで、1000倍でも20倍でも金額は同じ。
均等買いが普通だと思ってる。
配当均等買いは趣味じゃない。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ