白線の内がわ

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:もえるゴミ
はじめてメールさせて頂きます。
常日頃、憤懣やるせない想いについて。
私は、馬名の俗に言う“冠”に危惧しているのですが、水上さんはどう思われますか?
マイネル・アドマイヤ・エイシン等、挙げればキリがありませんよね。出馬表が冠だらけになる事は珍しくないのですが、私が危惧しているのは今ではなく、20年先30年先の血統表が冠だらけになっていて、結果として誤解や印刷のミスプリントによって混乱が生じる恐れが出ないとも限らない、という事です。(例題:アドマイヤボス・アドマイヤベガ・アドマイヤドン・アドマイヤタカ・・・・)

冠馬名を付け続けるオーナー達は数十年先の血統表がどのように映っているのでしょうか。
水上さん、こんにちは。
アタゴタイショウの件、残念でなりません。
ダートに活路を見出していた時期に「脚に良いはず」の
函館でこのようなことになってとても残念です。
また、ネット上での誹謗・中傷には目を覆います。
競馬はスロットやパチンコとは違うのですから。
一競馬ファンとして悲しくなりました。

ピットファイターも残念ですね。
やっと去年の武蔵野Sでオープンでのめどを立てて、
これからという時期なので残念で仕方ありません。
この馬はなぜかプリサイスマシーンがだぶってきます。

シーザリオ、やはりというか・・・。
クラブ募集馬で貪欲に行かないといけないのはわかりますが、
こちらも人災のように思えてしかたがありません。
3歳馬は無理をさせるなら、せめて夏以降にしてもらいたいものです。

http://blog.goo.ne.jp/ryukyu_1974/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ