白線の内がわ

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:numo
純血ステイヤーさん、おーろさんに加えて、
コマノハイの離脱が痛かったですね。
あがり馬がピサノしかいなかったのが・・・。
夏の条件戦で良いレースした馬も多かったですし。
投稿者:ゆかりウォーターフィールド
シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子とリディア・シモンがスパートしたとき、ほかのランナーたちが軒並み銅メダルに狙いを変更したなかで、ただ一人金メダルを諦めなかった市橋は二人に食らい付いていき15着だった。
今回の菊花賞とはまるで状況は違うが、敢闘精神とはそういうもの。
投稿者:uzu
はじめまして。
勝ちに行く競馬の定義・・難しいですよね。
あきらかに現時点で能力不足の馬の騎手の場合なら
馬主が喜ぶ?8着以内(賞金が出る順位)
を最低限に目標にするって聞いた事があります。
最初から勝ちをあきらめるというのは
いけないかもしれませんが、少しでも賞金を
稼ごうとする乗り方は悪いこととは思えません。
ただ、それは馬主的な目から見た騎乗論かも
しれませんね。
馬券を買っている我々とすれば、納得できかねる
時もありますしね・・。
馬券購入者側と馬主側が双方納得できるような騎乗
っていうのは簡単にはできないのかぁと思ったりします。

まあ、もう3冠を取ったという事実はかわりませんし、素直にディープの3冠を祝ってあげたいとは思っています。
投稿者:おーろ
うーん…でも水上さんって結構前からローゼンクロイツを「菊花賞では面白い存在」とも言ってましたし…。
シックスセンスの競馬&ジョッキーの作戦もずばり当ててたので「敢闘賞」ぐらいはあげてもいいような気がしますけど(笑)

アドジャパの真価、というより世代の真価は次に古馬と走ってからわかる気がしますが、今回の各馬のレースっぷりと着順を見る限り、ほぼ全馬が
「春と何も変わってないな」
という気はしますけどね。
もしそうなら早熟でも力関係で2着は、春の実績なら有り得ると思います。
この菊花賞のレース結果を「弥生賞」と比べてみると、妙にしっくり来ますよ。

ちなみに私は
インティライミも残念ですが、このレースで見たかったのはコメディアデラルテなんですよね。
血統的にこの馬は「今の菊花賞」にはどうだったんでしょうか?
投稿者:アサクサデンエン
初めまして 初投稿です
去年の天皇賞(春)から競馬をはじめました。
水上氏の存在は友人に薦められた「なぜ血統なのか儲かるからだ」を見て知りました。
もともと血統を重視する友人から競馬を教わったため血統のことは頭にありましたがこの本に巡りあったおかげでさらに興味をもつようになりました。
話はかわって 日曜に菊花賞を観戦しに現地へ行き三冠の瞬間に立ち会えたことはうれしいことでした。それにジャパンはやはり横山典Jのみごとなしかもディープに勝負を挑んだ失礼のないレースをしたことでさすが典だと思いました。

福島民友カップを放映しないことには怒りを覚えました。こっちは馬券買ってるし、どのように勝ったかみたい。しかもまだセレモニーをやっているのに福島、東京の12Rを着々とはじめている。客に馬券を買わせないのか。客をないがしろにするのはやってはならないことだと思いました
あと話は変わりますが日曜の東京2Rはキングヘイローにやられました。友人の助言通り買っていれば万馬券でした。一着の馬から流していたので!!この産駒はつかみにくいです(買い時が)
投稿者:けったーましん
JRA・騎手批判もいいです。けど少しは自分の
予想の自戒も入れたほうが印象いいですよ。
ジャパンは早熟と春から断言してたじゃないですか。そのあたりはどう思われますか?
松田調教師は「言いたい奴には言わしとけ」
なんて言ってたらしいですけど。

一応騎手たちと同じくあなたも自分の予想を見せて
金を貰ってる競馬関係のプロという
立場なんだから、敢闘精神持ってくださいね(笑)
投稿者:おーろ
ああ、こう言っておけば良かったですね^^;

私は「積極的な騎乗=真っ向勝負」ととらえています。
勝負に行かない騎手を「積極的な騎乗」とも言えないと私は思いますので。

私的にはオークスのシーザリオも、デュランダルのSステークスも「積極的な(勝ちに行った)騎乗」だったりしてしまうので。
わかりにくくてすいませんが、勝つ為に最善を尽くす事が私は真っ向勝負であり、積極的な騎乗と評価します。はい。

連投失礼しますたm(_ _)m
投稿者:おーろ
ああ、すいません。
書き忘れてましたけど。

今回、岩田・藤田・安藤・福永は私としては
「真っ向勝負をした騎手」
という表現ですね。
少なくとも「着取り」を狙った戦法はしてなかったと思います。
そういう意味で「真っ向勝負をした」という表現を使っています。
どうかご了承下さいませm(_ _)m

あと、下の純血ステイヤーさんの意見にほぼ同感ということも付け加えさせていただきますー。
投稿者:純血ステイヤー
どうも水上さんの発言がまんまアンチ・ディープインパクト的な発言だと受け止めたコメントが多いようですが、ブログや予想TVのエンディングで仰った「良いレースが行われその結果が三冠なら言うことなし」って言葉からレース後のブログの行間を読むと、「各馬がそれぞれ勝ちに行った結果ディープが他馬ちぎって三冠馬になったとしてもそれはそれで言うことなし」ってことと捉えましたが。
本当に勝ちに行く気があればディープに関係なく共倒れに成ったとしてもあれだけ引き離していたAジャパンを捕まえに行かなきゃそれこそディープの結果に関わらずAジャパン自体に先着できませんからね。
水上さんが言いたいのは何も対ディープ、武豊に限ったことではなく自らが勝つために結果はともかく最善を尽くす騎手が居ないことへの怒りと感じましたが?
Aジャパンの好走を見るにつけ哲三&インティライミが出ていれば…と離脱が残念です。

一部のトップと云われる騎手たちの逃げについては、悲しいかなシガラミ的な物で何とでも有利に運べると思っていて必要以上に評価しないことにしています。

JRAの一連の対応については前コメントで述べさせもらったように、おーろさんと同感でマスコミを含めハルウララと同次元で国民を煽り、その結果、レース後に関してはハルウララの話題性に負けているな?とさえ思います。
投稿者:かに食べ放題
積極的な騎乗と真っ向勝負ちょっと違うような気がします
前者はレースに対するスタンス、後者は特定の馬に対するスタンスで
菊での典は積極的ではあったけど真っ向勝負ではなかったと思います
もちろんそれが好騎乗を生んだのですから批判する気はありません
むしろ安勝の方が真っ向勝負に近い乗り方をしてその分離されたと思うのに
あまり評価されていないのが残念です
1|234
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ