白線の内がわ

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ガレ気味
私は横山典騎手はあの乗り方でしょうがないと思ってました。
実力馬での騎乗は馬に余計な負担をかけないことが一番だと思いますし。
実際勝ちパターンにもっていってたワケですしね。
あそこで突き抜けなかったのは秋緒戦ってのもあるかなと…

ただこの天皇賞も、ここ最近の古馬GT戦線を象徴するようなレースでしたね。
あれでは後ろから行く脚質の馬にはキツイ。これではタップの復活なしには
(8歳馬をどうこう言っても仕方ないが、他にレースを作れる有力馬はいないし)
今後はディープに蹂躙されてしまう気がしました。ちょっとアンニュイな気分です。

P.S.東京11R、私はきっと水上さんと同じタイミングでずっこけていたと思います。
投稿者:アサクサデンエン
間違えました 横山Jは菊花賞では大胆な乗り方だったから評価できるんですが今回はあまりに無難な乗り方だったので残念です
ちゃんと文章は確認して投稿しないといけませんね
気をつけます
投稿者:マウス
初めまして。
言いたいことは色々あるのですが、『みどりのマキバオー』と水上さんと亀谷君がいなかったら、ここまで競馬を好きになる事はなかったと思います。ありがとうございます。

今日、東京競馬場の催しもので「側対歩」で走る馬を見たのですが、側対歩というのは生まれつきのものなのですか?それとも訓練によってできるようになるものなのですか?
ご存知でしたら、是非教えてください。
投稿者:potoooooooo
Mrは勿論
    ↓
投稿者:potoooooooo
松永は厩舎所属ではJRA最高勝利数。
山本師は確か定年間近の筈。
よって松永に禅譲し、松永即位へ。
真に「日本的家制度」の典型例で、
天覧レースに相応しいじゃないですか。
皆で寿ぎませう。

秋天のクロス馬及びOB率の変化を。
Nc1.28→1.35 HR0.40→0.87 Mm0.56→0.80
Mr=Rv0.98→0.77 SG=BD0.66→0.74 Hp0.83→0.72
Tt0.35→0.64 Am0.27→0.62 RC0.50→0.61
BLs0.43→0.54 MB0.43→0.43 OB85.15→82.94
投稿者:SIN
そうすると、後藤と吉田豊が一番評価できるのか。笑
そんな訳ないな。
投稿者:かに食べ放題(実はカニ嫌い)
そんなにひどかったですかね?
決して爽快感のあるレースではなかったけど(ハズレたし)
菊とは違って各騎手の戦略や思惑が交錯して
それなりに内容があったと思います
投稿者:アサクサデンエン
馬単が裏で決着(涙)メガトンカフェが東京2000で勝ったのでヘヴンリーももしやとは思ったのが的中(友人の助言で)
アサクサデンエンが健闘してくれてうれしいですが
藤田Jだったらと思います。なぜに蛯名?
今回の横山Jの騎乗は菊花賞のように評価できません。もっと大胆に乗ってもいいんじゃないかと
そこが外人と日本人の騎乗技術かと思うと・・・。特にロブロイに関しては。しかし、藤沢厩舎は馬を見抜く力がすごいわりには人間を見抜く力がいまいち。大人の事情といえばそれまでですが
ディープはまさかJCかな?それだとJRAの思う壺ですね
投稿者:いーちゃん
あしたは冷えますから、お大事に。
たぶん、騎手のみなさんは天皇陛下が観てるから緊張してしまって、動けなかったのでしょう。あららでしたね。17着まで1秒内ですから、なんと評価してよいのやら。水上氏がバッサリ論じてください。今年の年度代表馬はディープ王子さまに決まりですね。JCは調教がわりで勝つんじゃないかな。むろん有馬も。と考えてしまいました。
投稿者:未成年
水上さん、初めまして。
いつも競馬予想TVや最強の法則の口アングリーで拝見させてもらってます

天皇賞は1000M通過62秒で、見るも無惨なレースでした。そりゃ外回したらもう終わりですよね。タップも早めに動いたらもうちょっとらしいレースになってたと思います。

こんな日本競馬で、大丈夫なんでしょうか・・・?
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ