renaissancejapn@aol.com

2009/11/10

市橋容疑者と見られる男 大阪府警が身柄確保  マフィア・犯罪

11月10日19時38分配信 読売新聞

千葉県市川市で2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で指名手配されていた市橋達也容疑者(30)とみられる男が10日夜、大阪市住之江区の大阪・南港で身柄を確保された。
大阪府警が身元の確認を急いでいる。


府警によると、「市橋容疑者に似た男がいる」との110番を受け、午後7時頃、捜査員が南港のフェリー乗り場に駆けつけたところ、市橋容疑者とみられる男を発見した。男は捜査員に対し、「市橋です」と話し、自分が容疑者本人だと認めているという。

ホーカーさん(当時22歳)は3月26日、市橋容疑者の自宅マンションのベランダで死んでいるのが見つかった。市橋容疑者は遺体発見の直前、職務質問中に逃走した。千葉県警は市橋容疑者を死体遺棄容疑で指名手配し、警察庁の公費懸賞金制度の対象となった。

市橋容疑者は逃走中、大阪、名古屋、福岡など各地を転々としていたことが明らかになっている。

     
  
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ