renaissancejapn@aol.com

2009/12/12


クリックすると元のサイズで表示します
胡錦濤国家主席と握手する、男芸者の如くの小沢幹事長


総勢140人の民主党国会議員を引き連れ、訪中し、良好な日中関係をアピールした無邪気なまでのアホである小沢幹事長ですが、中国が東シナ海「白樺」(中国名・春暁)ガス田で、日中合意違反のガス田開発に着手していることが分かり、中国側が掘削を開始すれば政府は合意違反として抗議する方針を明らかにしました。

中国に顔が利くように見せかけのパフォーマンスをする小沢君ですが、中国も日本の一般国民も誰もそう思っていない訳で、まるで哀れなピエロなのであります。  小沢君、君は中国からも国民からもなめられ阿呆扱いされているのだ。 可愛そうに、洞察力の無い君には分からない。


アホ丸出しの小沢君
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1026.html
団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html
フリーメーソン-75  カールマルクス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/668.html
戦慄!民主党 <沖縄ビジョン> SAVE OKINAWA!!
http://www.youtube.com/watch?v=V2m-DU9Ag3c
日中友好の現実 福原愛
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/781.html
脱亜論
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/782.html
支那人よ、チベットは支那の一部ではない!
http://www.youtube.com/watch?v=ERgWM3SBv_c&feature=related
チベットだけでは無い、中国の侵略と弾圧
http://www.youtube.com/watch?v=7MO87zOUaRg&feature=related

日英同盟から学ぶ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/146.html
大東亜戦争の真実
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0&feature=fvw



----------------------------------------------------------------------
中国、掘削施設完成 開始なら政府抗議 白樺ガス田12月10日7時57分配信 産経新聞


クリックすると元のサイズで表示します


東シナ海の「白樺」(中国名・春暁)ガス田で、中国が天然ガスの掘削施設を完成させ、運用開始間近の状態となっていることが9日、分かった。日中両政府は昨年6月、白樺の共同開発で合意。共同開発の中身が詰まるまで中国が開発を中断することを確認しており、中国側が掘削を開始すれば政府は合意違反として抗議する方針だ。

[フォト]中国が「友愛」無視 東シナ海の主権主張に米懸念

白樺ガス田をめぐっては今年7月、海上自衛隊のP3C哨戒機の監視活動で、大型のクレーン船がプラットホームに横づけされ、大量の資材が運び込まれたのが確認されている。政府は「掘削準備のための資材が含まれている可能性がある」として中国側に懸念を伝えたが、中国側は「プラットホームの維持・管理に関する作業」として掘削施設建設を否定していた。
しかし、その後も小型船でたびたび資材が運び込まれ、掘削櫓の建設も確認された。政府筋は「固定的にガスを吸い上げている状況は確認されていないが、いつでも掘削可能な状態だ」としている。

平野博文官房長官は9日の記者会見で、白樺ガス田について「開発が行われているか事実関係が確認できていないが、わが国にとって非常に微妙な問題だ。しっかりと注視し、そういう事実であれば、中国にしっかりものを言っていかなくてはいけない」と述べた。政府は平成16年に日中中間線にまたがる白樺で中国がガス田開発に着手したことに抗議、作業を中断させた。昨年には共同開発で合意したが、開発の具体策を詰める交換公文作成交渉に中国側は応じていない。

---------------------------------------------------------------------

“国賓扱い”小沢一行を待ち受ける、中国当局の甘いワナ
2009/12/10 17:58更新

民主党の小沢一郎幹事長が10日午前、13日までの中国、韓国訪問に出発した。中国には民主党衆参議員約140人や記者団、一般参加者など総勢600人以上が同行したが、小沢氏を中心とする与党の最大勢力が集団行動するだけに、中国当局が情報収集と人脈形成に燃えているのは確実だ。それだけに、民主党関係者の間では「ハニートラップには気をつけよう」と、ジョークとも思えぬ言葉も飛び交っている。

中国訪問は小沢氏が旧自由党時代から行っている、中国共産党との定期交流「長城計画」の一環。10日に胡錦濤・中国国家主席と会談するほか、小沢氏はその後、韓国に渡り12日には李明博大統領と会う予定だ。同日には小沢氏と「囲碁帝王」の異名をとるチョ・フンヒョン9段がソウルで対局する日程も組み込まれている。  「まさに小沢氏を国賓級の扱いにしている。胡錦涛主席との会談は、事実上の国家首脳会談といえるのでは。小沢氏の権勢を国内外に示すイベントになる」(自民党関係者)との見方がもっぱらだ。

そんな中、ささやかれているのが、中国当局が情報収集や要人の弱みを握る目的で、色仕掛けができるスパイを送り込む“ハニートラップ”だ。  ある外交筋は「通訳やカラオケ店のコンパニオン、マッサージ師として対象に近づき、男女の関係になると、それをネタに当局が接触するのが古典的な手口」と語る。

----------------------------------------------------------------------

7

2009/12/13  2:04

投稿者:Nishitatsu1234

2009/12/12  21:42

投稿者:Author
民主党訪中団 好感と警戒 中国、規模に驚き 「蜜月始まり」否定 12月12日7時57分配信 産経新聞

小沢一郎幹事長が率いた、総勢600人超の民主党訪中代表団を中国の国際情報紙『環球時報』(11日付)は、世界の交流史上想像を絶する規模と評し、鳩山由紀夫政権の中国に対する「空前の重視」を示すものと述べた。一方で同紙は「日中間の戦略的摩擦や対抗要素は排除できず、蜜月期の序幕にはならない」(社会科学院日本研究所の高洪副所長)といった専門家の見方を紹介、小沢氏の意図に警戒心も表している。(北京 伊藤正)
訪中団自体まれだが、143人もの国会議員の来訪は、中国にとっても「驚き」で、主宰者の小沢氏の意図がさまざまな憶測を呼んだ。 高洪氏は、小沢氏は一貫して民主党の対中交流の核心人物であり、日本の戦略的重点を米国から中国にシフトするよう主張してきたとし、今回の訪中は世界、特に米国に対し、民主党の対外政策は自主、独立と宣言したものと分析。小沢氏が自分の政治権力を誇示する狙いもあると述べている。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ