renaissancejapn@aol.com

2010/4/2

イスラエル音楽 ハコーテル  イスラエル
クリックすると元のサイズで表示します
嘆きの壁
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/464.html


第一次ユダヤ戦争 (紀元66-70) で、エルサレムは陥落し、ローマ軍により徹底的に破壊された 「ソロモンの第二神殿」 ですが、この破壊後にわずかに残ったのが、 「嘆きの壁」 です。


あまりに美しく、悲しいイスラエル音楽、「ハコーテル(嘆きの壁)」


イスラエル音楽  ハコーテル(嘆きの壁)
http://www.youtube.com/watch?v=TCPfa86whTQ





1番
 少女が壁に向って立っていた
 唇とあごを近づけた
 彼女は私に言った
 「角笛の鳴りわたる音は強い
 しかし静けさはもっと強い」
 彼女は私に言った
 「シオンは神殿の丘にある
 私に報いと特権について黙している」
 そして黄昏時に夕日が彼女の額を照らした
 真紅色の大国であった

(繰り返し)
 苔と悲しみの嘆きの壁
 弾丸と血の嘆きの壁
 石の心を持った人々がいる
 人の心を持った石がある

2番
 彼の小隊の中からただ1人のパラシュート兵が
 嘆きの壁の前に立った
 彼は私に言った
 死には形がない
 あるのはたった9mmの銃口だけだ
 彼は、「私は泣いていない」と言いつつ
 視線を地に落とした
 彼は言った。
 私の祖父 〜神様の知っている〜 は
 この近くのオリーブ山に眠っているのです

3番
 1人の歩兵部隊の母親が喪服に身を包んで
 嘆きの壁に立った
 彼女は私に言った
 燃えているのは私の息子の瞳で
 壁のロウソクではありません
 彼女は私に言った
 私は壁の隙間にはさむどんな紙切れも書きません
 なぜならば嘆きの壁の前に昨日
 ささげたばかりのものは
 どんな言葉や文字よりも大きいのです
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ