renaissancejapn@aol.com

2010/5/30

Rothschild-31  キューリー夫人  ロスチャイルド

現在、世界中で432基(2008年IAEAデータ)以上の原子力発電所が稼動し、EUに於いては電力の約30%を核エネルギーから得ており、フランスに於いては総発電力の約80%を原子力発電でまかない、ヨーロッパ中にその安価で安定した電力を供給しています。 

何故、フランスがこれほど原子力が強いのか、それはパリで放射能の研究をしていたキューリー夫人の研究パトロンが、金融王ネイサンのひ孫にあたるアンリ・ロスチャイルドであった事に遡り、キューリー夫人の娘婿ジョリオ・キューリーがフランスの初代原子力庁長官であった事もあります。

具体的に、アンリ・ロスチャイルドがどのように研究のサポートをしたかといえば、金融から産業資本にも手を出したロスチャイルドですが、キューリー夫人の放射能、すなわち原子物理学に将来性を感じた事、そしてロスチャイルドが保有する鉱山会社リオ・チント・ジンクがウランなど放射性物質である鉱物をキューリー夫人に提供していたのです。  




ヨーロッパ大陸で、最初に走った鉄道はロスチャイルド・ウィーン家がつくったウィーン〜ボヘミア間のフェルナンド皇帝鉄道で、その後ロスチャイルド・パリ家がパリ〜サンジェルマン、パリ〜ヴェルサイユ、パリとベルギーなど、北部鉄道をつくった事は既に紹介しました。


フェルナンド皇帝鉄道 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1111.html
北方鉄道
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1112.html


この鉄道ブームにより、鉄と石炭を求めて、ヨーロッパ列強はアフリカやアジアにやってきたのです。  そして、地中海をはさんでフランスの向かい側に位置し、鉄鉱石のあるアルジェリアは、フランスの植民地になってしまったのです。

当時の鉱山開発は、ダイナマイトでとりあえず山を爆破し、なにかキラキラするものがあれば、金属の鉱脈があると考えるものでした。

ロスチャイルドは、バグー油田開発で倒産しかけたノーベルにお金を融資した経緯から、ノーベルを支配し、彼のダイナマイトで鉱山開発を進めることができました。


マリア・スクロドフスがパリにやってきて、ピエール・キューリーと結婚し、キューリー夫人となりますが、1898年に夫妻が発見した新しい放射性元素は、夫人の故国ポーランドにちなみポロニウムと名づけられ、次に夫妻が発見したのは放射線(radiation)を出す物質で、今度はラジウムと名付けられます。

これら、鉱石は今のように簡単に手にいる時代ではなかったので、ロスチャイルドのリオ・チント・ジンク社が提供し、こうしてキューリー夫人のラジウム発見に端を発した原子物理学は、事業に姿をかえ、ロスチャイルドの手に落ちてゆきました。


ちなみに、1948年にロスチャイルド系の企業ATTのベル研のショックレーらによって発明されたトランジスタは、そのメンバーの一部が半導体産業の学校とも呼ばれるフェアチャイルド社を設立し、世界で始めてICを商用化しますが、このフェアチャイルドからスピンアウトしIntelを設立したのがゴードン・ムーア、同じくフェアチャイルドからスピンアウトしAMDを設立したのがジェリー・サンダースであります。

そして、このフェアチャイルド社設立に当たり、資金提供したのがロスチャイルドで、さらに第二次世界大戦での原爆開発のプロジェクト 「マンハッタン計画」 でウランを提供したのもロスチャイルド。


第二次世界大戦中、アメリカと日本で原爆の開発競争が繰り広げられている中、アメリカの原子爆弾開発マンハッタン計画では、そのウランの調達は、アフリカのベルギー領コンゴ、カナダのグレートベア鉱山、アメリカのコロラド州カルノー鉱山で行われましたが、広島に落とされた原爆に使われたウランはコンゴ製です。




コンゴウラン
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/703.html




マンハッタン計画は、核物理学や資源確保という面で国際的な作戦計画であり、そのリーダーは、のちに国際原子力機関(IAEA)を創設する、ベルトラン・ゴールドシュミットですが、彼の妻は、ロスチャイルド一族のナオミ・ロスチャイルド。




今日でも、IAEAとウラン資源を支配しているのは、ロスチャイルド家なのであります。





------------------------------------------------------------------------













4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ