renaissancejapn@aol.com

2010/7/30

MBA・ベンチャー栄えて産業滅ぶ  国際政治・金融・企業

お馬鹿な大学のMBAの先生達が、真顔で 「 企業の業績を伸ばすには・・・ 」 と学生相手に独自の理論を展開しておりますが、理論というものは、立てた仮説が実証されて初めて理論と呼ばれます。  再現・実証されないものは、理論ではなく、世間では 「 ただの思い込み 」 と言います。

また迷惑な事は、自分ではベンチャーを興す勇気も自信もないのに、金も人脈も経験も無い学生にベンチャーを興す事を勧めていることです。  賢い学生は、成功する裏づけがないならやりませんが、ただ目立ちたい・カッコつけたいというだけで、勢いで創った会社は、すぐに倒産の憂き目に会い、取引先・金融機関はじめ、多くの人々に迷惑をかけることになります。

決して、ベンチャーを興してはならないと言っているのではなく、成功の裏づけの無い、小さな会社を勢いで興しても、それはベンチャー企業と呼ばれるものではなく、ただの零細企業であることを認識することが重要であると思います。   




本来のベンチャー企業というものは、大学などで、たまたま凄い発明をし、たまたま凄い特許を取得し、ある特定の市場で独占的にビジネスができる事がわかった。  しかしながら、発明者には、会社を興すだけの金がない。  こういった環境下で、はじめて投資家なるものが現れ、投資判断がくだされ、ベンチャー企業というものができます。

しかしながら、コンセプトが良いから成功するものではなく、「 99をもって50となす 」 という諺があるように、99%成功すると思っていても成功確率は50%と考えなければなりません。  これはいくらコンセプトがよくても、放漫経営したのでは成功は約束されないからです。


よく、日本の投資家はベンチャーに理解が無いという阿呆がおりますが、どこの世界にみすみすお金をなくしてしまうような投資家がいるでしょうか。  私の知る限り、欧米の投資家のほうが厳しく精査しています。  もし、日本の投資家が遅れているから、自分の会社に投資をしてくれないと思い込んでいる阿呆がいましたら、ハッキリ言ってあげましょう、「 じゃあ、欧米の投資家に投資してもらったらいかがですか 」。   たぶん、彼らの厳しい質問に答えられず、ボロクソに言われて、お金はなかなか貸してくれないと思います。  自分の力の無さを、他に責任転嫁するのはやめましょう。


特許などもっていなくても、優秀な社員がいるという人がいるから成功すると思い込んでいる人がいれば、言ってあげましょう。  そのくらいのレベルの人材は、あなたが敵に回そうとしている大手企業には腐るほどいます。


失敗している自称ベンチャー(世間的にはただの零細企業)には共通点があります、 @特許などのIP(知的財産権)で守られていないため独占的なビジネスができない。  A参入しようとする業界の基礎知識があまりに乏しく、その業界人からみると最初から成立していない事をやろうとしている。 という事です。


多くの場合は、見る人が見れば、最初から失敗する事が簡単に予想されており、洞察力の問題です。



東北デバイス倒産
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1154.html



16

2010/7/30  20:49

投稿者:renaissancejapan
ヌマンタさん、お久しぶりです。 ヌマンタさんのお話は、現実に裏付けられているので、いつも説得力があります。 

2010/7/30  13:56

投稿者:ヌマンタ
顧問先に数件、ベンチャー企業がありましたが、現在はすべて倒産しています。記事に書かれている@、Aに加えて、営業力がない、人事管理が杜撰などがあります。とりわけ一時期もてはやされたIT企業ですと、綺麗な事務所と立派な高級外車などの体裁にこだわる一方、もっと基本的な労務管理や内部統制の不備が目立ちました。倒産してもやむなきだと、今では考えています。
経営学部出身の私ですが、大学で経営を教えるのは無理ではないかと思いますね。

http://.

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ