renaissancejapn@aol.com

2010/11/7

クリックすると元のサイズで表示します
尖閣諸島 写真

クリックすると元のサイズで表示します
尖閣諸島 地図



尖閣諸島は、沖縄県石垣市に属する日本固有の領土で、中国も自国で出版している地図では、尖閣諸島は日本の領土のように表示してきました。


国連が行った、1969年および70年の海洋調査で、推定1095億バレルという、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性が報告されたとたんに、

いつもの事ながら呆れる中国は自国の領土であると主張し始め、現在は日中間の領土問題に発展していますが、それまでは、いかなる国にも、日本の領土である事にイチャモンをつけられておりません。









クリックすると元のサイズで表示します
「世界地図集」 1960年4月第一版 北京市地図出版社発行  
尖閣閣諸島は日本領として表記。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
中華民国国防研究院と中国地学研究所が共同出版した「世界地図集」では1972年まで、尖閣閣諸島は日本領として表記。

クリックすると元のサイズで表示します
1920年に、石垣島の住民あてに贈られた 「日本帝国 沖縄県八重山郡 尖閣列島」と明記した 中国政府の感謝状、中華民国と書いてありますが、現中華人民共和国。(石垣市、八重山博物館)

感謝状は1919年冬、中国福建省の漁民31人が遭難し、尖閣諸島魚釣島に漂着した際に、石垣村(現・石垣市)の住民が救助したことに感謝の意を表し、中国政府が石垣島の住民あてに贈ったものです。 

尖閣諸島が、日本の領土である証拠だ!
http://www.youtube.com/watch?v=dEP3zN7R4G8&feature=related






今年の9月17日の午前中、沖縄県・尖閣諸島の久場島(くばじま)北西の日本領海内で、中国の漁船が海上保安庁の巡視船と接触して逃走したため、翌日、公務執行妨害容疑で中国人
船長の男を逮捕しましたが、中国側の圧力により、お馬鹿な日本民主党は、船長を釈放。

中国側は、それは不法逮捕であった事を、日本政府が正式に認めた証拠であるとして、国際問題に発展してゆきました。




クリックすると元のサイズで表示します
中国語に停船命令を行う巡視船「みずき」の右舷船尾部に衝突し、10時56分)に中国漁船は逃走。




いつもの事ながら、場当たり対応で、言っている事がブレまくる日本民主党は何を考えているのでしょう?  


もし、日本の領土内で、かつ中国漁船がぶつかってきたと考えているなら、船長を釈放すべきではありません。  その後で、尖閣諸島は日本の領土だ、また中国漁船側から接触してきたと民主党政権は騒ぎますが、それなら何で釈放したのか、全くアホのやる事は理解不能です。



まさしく、バカボンパパの菅総理です。 
 「 賛成の反対なのだ〜! 」
 



さらに、何故かビデオの公開をためらい、世界のみならず日本国民からも、真実は何なのか?、また日本側に問題があったのでは? と推測せざるを得ませんでしたが、実際のビデオを見てビックリ。   100%中国漁船が悪く、日本側には否がないではありませんか。



尖閣諸島衝突ビデオA
http://www.youtube.com/watch?v=PO3icKluj7o



今、民主党政権はやっきになって流出経路を調べていますが、私に言わすならば、こちら側にやましいところがないなら、最初から堂々と公開すべきであったわけで、ビデオが流出した事など何も問題ではありません。  

むしろ、客観的事実が明確になり、両国の政府や国民が真実を知って語れるようになったわけですから、ありがたい事であります。



問題はあきらかに、バカボンパパ菅君を筆頭に民主党政権の対応のまずさにあっただけの話です。



ホンマにアホのやる事は、理解不可能ですわ。




17

2010/11/7  12:45

投稿者:renaissancejapan
【60年代の中国地図、尖閣諸島は日本領と認識―米紙】中国政府の主張と「矛盾」

【ワシントン早川俊行】16日付の米紙ワシントン・タイムズは、中国政府が1960年代まで尖閣諸島は日本の領土であると認めていたことを示す地図を掲載し、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は昔から中国固有の領土」とする中国外務省の主張は「矛盾する」と指摘した。

同紙が入手したという地図は1969年に中国政府が作成したもので、同諸島を日本名で「尖閣群島」と表記している。紙面に掲載された地図は全体の一部分だけで、境界線の位置は確認できないが、同紙は「地図には尖閣諸島が日本の領土であることを示す境界線が引かれている」と指摘している。

クリントン米国務長官は7月に南シナ海における航行の自由は米国の「国益」であると表明するなど、米国は中国の積極的な海洋進出に警戒感を強めている。同紙は「尖閣の争いは他国の領土や国際水域を支配しようとする中国の攻撃性と取り組みに対する米国の懸念を増大させる、もう一つの事例を提供している」と指摘した。

2010/9/17 19:17   世界日報

2010/11/7  10:34

投稿者:Nishitatsu1234

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ