renaissancejapn@aol.com

2010/11/29

邪馬台国と卑弥呼-12  祟神天皇  邪馬台国と卑弥呼

天皇には「ハツクニシラススメラミコト」と呼称される人物が二人います。  初代の神武天皇(BC660-BC585)と第10代の祟神天皇(BC97-BC30)であります。  これは「初めて国を開いた天皇」という意味であるので、意味深です。

日本を最初に治めていたのは出雲の豪族でヤマトにやってきた物部氏、邪馬台国は1世紀から3世紀に倭国に合った国でなので、私の解釈では祟神天皇は邪馬台国を最初に治めた天皇だと考えています。  ちなみに、神武天皇は、古代イスラエルの失われた10支族のエフライム族の話をあてはめた、もしくは本当の子孫、さらにアレキサンダー大王東征の話をあてはめたとしています、目的は天皇の権威をつけるためです。

また、本当に大和政権を確立したのは、応神天皇(神話の世界)=仁徳天皇(現世)で、神功皇后が幼子の応神天皇を連れて東征した話と神武天皇を重ねているのだと考えています。


初代  神武天皇   紀元前660年1月1日−紀元前585年3月11日(在位)
10代  祟神天皇   紀元前97年1月13日−紀元前30年12月5日 (在位)
14代 (仲哀天皇)   192年1月11日−200年2月6日(在位) 
     神功皇后    170年−269年6月3日(生誕から崩御)
               201年−269年6月3日(在位)   
15代  応神天皇   270年1月1日−310年2月15日(在位)
16代  仁徳天皇   313年1月3日−399年1月16日(在位)

*神功皇后は、仲哀天皇の奥さんです。


邪馬台国と卑弥呼-4  名前に神の文字を持つ天皇
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1251.html
邪馬台国と卑弥呼-5  神武天皇
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1252.html




祟神天皇とは、いかにも怪しげな名前ですが、この由来は、


第10代祟神天皇の時代、ヤマトの地では、天変地異が相次ぎ、凶作と疫病の蔓延で、不穏な空気が漂っていました。  治世のままならない祟神天皇は、占いをしてみたところ、出雲神・大物主神(おおものぬしのかみ)の仕業(=祟り)だと分かりました。

大物主神は、 「 我が子を探し出して私を祀らせれば、世は平穏を取り戻す 」 と神託を下しました。 天皇は、そのとおり、忘れ去られた出雲神の子を探し出し、ヤマトに連れてきて、大物主神を祀らせたところ、ヤマトに平和が訪れたという話です。


この大物主神を祀っているのが、三輪の大神神社です。



この伝承から推測しても、出雲の物部氏を倒して、邪馬台国を築いた祟神天皇が、出雲神・大物主神(物部)に祟られたと考えられ、祟神天皇は「ハツクニシラススメラミコト(=初めて国を開いた天皇)」、すなわち邪馬台国の初代天皇と考えられるのではないでしょうか。 もしくは、祟神天皇、邪馬台国が出雲系の物部一族なのかも知れません。



7


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ