renaissancejapn@aol.com

2010/12/6

邪馬台国と卑弥呼-18  富士山と桜  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
富士山と桜


日本を代表する山と花は、富士山と桜ですが、いずれも木花之開耶媛命(コノハナサクヤヒメ)伝説からきているのではないでしょうか。

桜の語源となった木花之開耶媛命、そして彼女の父親が天照大御神の兄神かつ日本民族の祖神で、日本の山の神でありながら、海の神でもある大山祇神(オオヤマヅミノカミ)。 

木花之開耶媛命を娶ったのが、日向に天孫降臨した邇邇芸命(ニニギノミコト)。


ニニギノミコトとコ ノハナサクヤヒメ
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=yBII3bPaEYM


富士山本宮浅間大社には、ご祭神として、木花之開耶媛命、大山祇神、邇邇芸命が祀られています。



邪馬台国と卑弥呼-17  稲作と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1264.html





クリックすると元のサイズで表示します
大山祇神社の大杉  樹齢2600年  根周り20m、高さ16m

大山祇神社
http://www.genbu.net/data/iyo/ooyamadumi_title.htm



クリックすると元のサイズで表示します

富士山本宮浅間大社
http://fuji-hongu.or.jp/sengen/index.html
http://www.youtube.com/watch?v=qH06kRsOR0E&feature=related

北口本宮冨士浅間神社・冨士太々神楽 「神巫の舞」
http://www.youtube.com/watch?v=OkuT735REVg&feature=related
豊栄舞、富士山本宮浅間大社
http://www.youtube.com/watch?v=ANqLlDVZLTM&feature=related







9

2015/8/17  20:18

投稿者:Author
浅井さん、ありがとうございます。 私のBlogのどの写真も使っていただいてもらって結構です。 ただ、私もこれらの写真はネットからとったものなので、そこだけはご了承お願いします。

2015/8/17  10:57

投稿者:浅井
はじめまして、浅井と申します。

会社のカタログ表紙にと富士山の写真を探しておりましたら、富士山と桜で素晴らしいものにめぐり会え気持ちで、まだ候補としての段階なのですが、是非とも写真を使わせてもらえたらと思いましてメッセージを入れさせてもらいました。
何卒よろしくお願いいたします。

良いお返事いただけることをお待ちしております。

浅井

2013/7/29  14:57

投稿者:加藤祐美子
ご厚情を賜りありがとうございます。さっそくお写真を使わせていただきます。きっとご遺族に喜んでいただけることと思います。ありがとうございました。

2013/7/25  19:15

投稿者:Author
加藤さん、ありがとうございます。 私のBlogのどの写真も使っていただいてもらって結構です。 

2013/7/24  18:15

投稿者:加藤祐美子
はじめまして。加藤と申します。

私もgoogleの画像検索中に、すばらしい富士山と桜の写真が目に留まりました。

実は、昔日本に駐在していたアメリカ人の訃報を聞き、ご家族に弔電(e-card)をお送りしたいと思い、添付する画像をさがしておりました。

日本が大好きだった故人とご家族に送るために、できましたら、ぜひ使わせていただきたいのですが、可能でしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

お返事いただけますことをお待ちしております。


2012/3/30  23:05

投稿者:Author
清宮さん、ありがとうございます。 私のBlogのどの写真も使っていただいてもらって結構です。 

2012/3/30  18:27

投稿者:清宮唯史
はじめまして清宮と申します。


google検索で桜の画像を探していました。

目に留まったのは素晴らしい写真でした。

桜といえば写真数も多く、どれもきれいに見えてしまうのですが、拝見したお写真は”別格”でした。

メッセージしましたのは
現在音楽家の卵達を育てています。その子のブログの背景にお写真をお借りしたのです。
どうかお力お借りしたいのです。

お返事いただけること楽しみに待っております。


清宮唯史

2012.3.30 18:27

http://ladyon.jp/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ