renaissancejapn@aol.com

2010/12/17

邪馬台国と卑弥呼-28  自ら太伯の後と謂う  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
三国志 魏志 倭人伝



中国では日本人を「呉の太伯の子孫」とする説があり、「魏略」逸文や「梁書」東夷伝には、倭人は「自謂太伯之後」(自ら太伯の後と謂う)と記されています。

太伯(たいはく)は、中国周王朝(BC1046-BC256)の古公亶父(ここうたんぼ)の長男ですが、権力闘争に嫌気が差し、中国の南方に移り住み呉を建国した人です。

やはり、邪馬台国や大和朝廷をつくったのは、中国南部から海を渡ってきた、稲作と漁業をなりわいとする海人族だと思われます。

そして由緒ある官幣大社である鹿児島神宮には、太伯が祭神として祀られています。
社格 : 官幣大社>国幣大社>官幣中社>国幣中社>官幣小社>国幣小社>別格官幣社




邪馬台国と卑弥呼-25  苗(みゃお)族 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1272.html
邪馬台国と卑弥呼-26  蛇信仰 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1273.html
邪馬台国と卑弥呼-27  苗族の天岩戸伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1274.html





長江文明の担い手である苗族の祖は蚩尤とされていますが、漢民族の原型である華夏民族の君主・黄帝が蚩尤の民族の討伐作戦を行い、敗れた蚩尤族の一派、九黎族は敗走し、三苗族と分派しながら四散、長江文明の華南へと逃げ込みます。  そして黄帝は三苗族を追撃する余波で長江文明まで滅ぼしてしまいました。



三苗族の末裔ミャオ族は長江文明の遺臣(Y-O2a系)と協力して呉・越・楚を興し華北漢族と対抗します。 


苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related
汤灿家乡美 Tang Can : My Beautiful Hometown
http://www.youtube.com/watch?v=pQ3bSfr48u4&feature=related
美丽苗乡 Beautiful Miao Villages / 汤灿 Tang Can
http://www.youtube.com/watch?v=fSZGSaQphtI&feature=related
苗族歌舞(蛇舞)
http://www.youtube.com/watch?v=M6HledNO3aY



DNA鑑定の結果、現代の苗族は、中国華北漢族がほとんど保有しない、長江文明人Y-O2a系(11%)とチベット系Y-D1(7%)を保有しており、黄河文明人(Y-O3系)に滅ぼされた華北先住チベット系民族(Y-D1)が神話の蚩尤族かもしれないという説があります。


また、東アジアでYAP+というY遺伝子を持っているのは、チベット人と日本人だけで、中国・韓国にはおりません。  これは、YAP+をもたない漢民族が中国・朝鮮を支配し、対抗勢力の男子を虐殺し、YAP+のY遺伝子が残らなかったと思われます。  YAP+はアフリカや中近東に多く見られ、チベットの山奥の逃れた人々が、中国南部を経由し、日本にやってきた、そして中国南部の長江文明の人々は漢民族に滅ぼされ、極東の島国の日本ではガラパゴスの如く、様々な民族のルツボになったという事でしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
Geographic map showing the Frequencies of the DYS199T(Blac),the DYS199C(open),and YAP+(grey)alleles in the 20 Asian and nine New world samples in the survey


このグラフは、アメリカの形質人類学誌(American Journal of Physical Anthropology)に、1977年に掲載された「Y染色体の印を持つ者とベーリング海峡からの分散(Y Chromosome Markers and Trans-Bering Strait Dispersals)」という論文にある図を紹介したものですが、半円の黒の部分がY染色体のDNA塩基配列で、YAP+という特殊な塩基を持っている人の割合を示しています。

"Y Chromosome Markers and Trans-Bering Strait Dispers"
http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf



イスラエルの調査機関「アミシャブ」が行ったDNA検査によって、チベットに住む少数民族がユダヤの失われた10支族の末裔である事が判明しましたが、同じ遺伝子を持つ苗族が日本に渡ってきて(天孫降臨)、日本を建国したならば、日本に数多く残るユダヤ(イスラエル)の痕跡は理解できます。



クリックすると元のサイズで表示します
失われた十支族

クリックすると元のサイズで表示します
日本神話の神武天皇と旧約聖書のエフライム族 系図と話が全く同じ




日ユ同祖論
http://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/msgcate45/archive?rev=1
天皇家の紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/242.html
天皇家 もう一つの紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/244.html
相撲は古代イスラエルの神事だった
http://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8






8


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ