renaissancejapn@aol.com

2006/2/28

文化・思想の違い  宗教・思想・哲学・文学・芸術

日本には、イエスキリストやキリスト教に関する書物は数多くあり、最近では教会で結婚式を挙げる若者も増えてきました。 しかしながら、一神教を持たない日本人が、彼らの考え方を本当に理解するのは容易ではありません。  

「結婚式での誓い」とカトリック教徒は「何故離婚してはいけないのか」を例にとり、考察してゆきたいと思います。 


キリスト教教会で結婚式を挙げるとき、教会の祭壇の前で「汝は、この女を永遠に妻とする事を誓うか?」と神父に聞かれ、「イエス」と答える儀式がありますが、

日本人の発想では、「神を証人にして妻、もしくは夫に誓った」と考える人の方が多いと思います。 つまり、誓った相手は神ではなく、結婚相手です。

しかしながら、これは「モーゼの十戒」にある、「汝誓うなかれ」の戒律に違反しており、ユダヤ教でもキリスト教でも「神を証人にして人間に誓う」事は厳禁です。 

彼らにとっては、祭壇の前で神父に答える誓いは、神に対する誓いであり、結婚相手にするものではありません。 

我々日本人は、絶対神に対する意識・思想が希薄である為、誓う相手は人間であるケースがほとんどです。 また、昔から日本では双方の合意があれば、結婚も離婚も出来、それが禁止された事もありません。

カトリックが一切の離婚を認めていなかったのは、神との誓約は解消する事が出来ないという思想からくるものです。


もしかすると、これを理解していない日本人の神父(カトリック)や牧師(プロテスタント)がいるかも知れません。


前回の投稿では、これだけ英語にあふれる日本でも、ネイティブから見ると、我々は奇妙なジャパニ−ズ・イングリッシュを使っているかも知れないという事を紹介しました。

最近では、世界の情報が氾濫している日本ですが、まだまだこのような基本的なところでの考え方の差に気付く事は重要です。  相手を理解する事により、対話の道が開けるからです。


また、この文化や思想の違いを、お互い受け入れる寛容さが必要であると思います。


2

2006/6/11  11:39

投稿者:tokumei
CSKA352さんの属する宗派は、ネットにそういった情報を書き込まないほうがいいんじゃないでしょうか。

2006/4/16  14:22

投稿者:CSKA352
私は大学に行ったこともなく、英語もカトリックやプロテスタントの考え方も知りません。
拙いコメントですが、主権者としての神の存在を無視すると、人の基準はそれぞれなので何が罪かを定めるのは難しく、神の基準からそれることを罪とする考え方のほうが分かりやすいですね。
良心というものを賜っていることが我々には大きいですかね。
十戒では、「偽りの証言をしてはならない」というのもありますが、「姦淫を犯してはならない」というほうが結婚関係のおきてとしてはしっくり来ます。
神が最初の男女を結びつけたとき「このゆえに、人は父と母を離れて自分の妻に堅く付き二人は一体となる」と言われました。
これを踏まえてキリストは「神がくびきで結ばれたしゃものを人が離してしてはなりません・・・」といいました」。字数切れにつき拙文失礼!

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ