renaissancejapn@aol.com

2010/12/21

邪馬台国と卑弥呼-33  素戔嗚尊(スサノオノミコト)  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
素戔嗚尊(スサノオノミコト)


日本書紀によれば、イザナギとイザナミの間に天照大神、月夜見尊、素戔嗚尊が生まれました。  

素戔嗚尊は乱暴者で、高天原を追放され、新羅に降り立ちますが、「私はこの土地にいたくない」 といって粘土で船を作り、それに乗って東に向かい、出雲の国の簸川の川上にある鳥上之峯に着いたと記述されています。  

また、古事記によれば、それぞれが父イザナキに任された国を治めていましたが、素戔嗚尊だけは自分の国を治めようとせず、大人になって髭が長くのびても泣きわめきます。 父イザナキが理由を聞くと「私は亡き母に会いたくて、母が住む根の堅州国にいきたくて、泣いているです」と言います。  これを聞いたイザナキは大変怒って、「ならば、おまえはこの国に住んではならない」といい、素戔嗚尊を追放しました。  


素戔嗚尊は新羅の人だと思い込んでいる人をよく見かけますが、日本の神々の天孫から追放され新羅に着き、「私はこの土地にいたくない」と言っている時点で、素戔嗚尊は日本人で、新羅に流されたものの、日本(出雲)に戻ってきたと考えるべきであると思います。


素戔嗚尊の話は、何を言いたいのかといえば、高天原にいた素戔嗚尊が悪さをしたことにより、死罪につぐ厳しい罰である島流しにあったという、律令制度ができる前の法(天津罪・国津罪)により罰せられる世の中の平和と安定を守る教訓であります。

また、流されるべき先が、天照大御神の太陽信仰する日本人にとって、太陽が沈む西の方角にある黄泉の国・出雲、朝鮮であるという事、かつ素戔嗚尊は高天原から追放されたという事で、高天原の神より1ランク下の神であると言っているのです。






太陽(天照大御神)は、人々に暖かさや、恵みを与えてくれるのに対し、嵐(素戔嗚尊)は太陽を隠し(天岩戸分伝説)、田畑を荒らし、人の生活の破壊をもたらすものである事を表しています。


素戔嗚尊の犯した罪は、次の三種類に分類されます。 第一に、畔を壊したり溝を埋めたりする農耕の妨害。 第二に、大嘗の冒涜。 第三に、神のための衣服を織る忌服殿で乱暴であります。


古代日本の風習では、厳しい規則がある反面、毎年6月と12月の晦日に、半年間に起こった国中の罪の穢れをまとめて遠くに流す、天皇による大祓の行事を行っており、どんな大きな罪でも水に流し、許されていました。  12月は忘年会があり、新たな気持ちで新年を迎えますがますが、この大祓の風習が残っているのだと思います。



天の神々ですら怒る「天津罪」は、次の8個からなります。

1、畔放(あはなち):  畔を壊して水を流し出す事
2、溝埋(みぞうめ):  用水路を埋めて田に水がこないようにする事
3、樋放(ひはなち):  田に水を引く樋を壊す事
4、頻播(しきまき) :  他人の土地に自分の種を撒くこと
5、串刺(くしさし) :  自分の持ち物である事を示す串を他人の土地に刺し奪う事
6、生剥(いきはぎ):  生きたままの馬の皮を剥ぐ事
7、逆剥(さかはぎ):  馬の皮を尻の方から剥ぐ事
8、屎戸(くそへ)  :  大嘗を行う場所を汚す事



騎馬民族である素戔嗚尊が新羅の王子で、日本を征服したという話を信じているお馬鹿さんたちが未だいるようですが、

中国・朝鮮の歴史書にそのような記述は全くないのに対し、日本が新羅や百済を征服した記述は、中国・朝鮮・日本の歴史書にありますし、任那日本府の存在からも、日本側が朝鮮半島南部を支配下においていた事は間違いありません。  

というか、本当に新羅が日本を征服していたなら、朝鮮の正史は大喜びでそれを記した筈であります。  



それと、魏志倭人伝でも倭人の特徴は、稲作と漁業をなりわいとする中国南部の海人族であります。  また、天孫降臨の地が日向(宮崎県)なのですから、中国南部から海流に乗ってやってきたと考えるべきで、天孫の天津族=海津族であることくらい、分からねばなりません。



邪馬台国と卑弥呼-25  苗(みゃお)族 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1272.html
邪馬台国と卑弥呼-27  苗族の天岩戸伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1274.html
邪馬台国と卑弥呼-28  自ら太伯の後と謂う
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1275.html
邪馬台国と卑弥呼-29  苗族の芦笙祭  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1276.html
邪馬台国と卑弥呼-30  倭人と刺青
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1277.html
邪馬台国と卑弥呼-31  苗族の結婚と日本神話 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1278.html
邪馬台国と卑弥呼-32  安曇(あずみ)氏 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1279.html



もっとも、反日政権の民主党と韓国の間で、任那府や近代の日本による朝鮮支配はなかった事にしようと、歴史を捏造しようとしているようですが、呆れて物がいえません。




日本が朝鮮半島南部を支配していた証拠資料を列挙しますと、


■「宋書倭国伝」には倭王を新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸を軍事的に支配する「安東大将軍」に任じたと記述してあり、

■「三国史記」には、「397年に百済は倭国に太子を質に出した、402年に新羅は倭国に王子を質に出した」と記述があり、

■「広開土王碑」には、「もともとは、新羅と百済は高句麗の属民で朝貢していたが、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・加羅・新羅を破り、臣民としてしまった。」と公開した碑に刻まれていますし、

■「日本書紀」にも日本が新羅・百済を支配していた記述があり、全く違った系統の歴史書で話が一致しており、中国・韓国・日本のどの文献にも、朝鮮が日本を支配した記述はありません。



また、極めつけは、朝鮮の正史である「三国史記」には、新羅の第4代の王は、日本から流されてきた脱解王であるとし、「昔」王朝は日本人がつくったものである事が記されています。

前述の如く素戔嗚尊は新羅に流され、日本に戻ってきた話があり、同じく新羅に流され王となった脱解王の話は似たものがあり、


「三国志」や「後漢書」にも、弥生時代の朝鮮半島南部に鉄鉱石を求めて、日本列島から多くの人々が群れ集まっていたことが記されており、脱解王もそのひとりだと思われます。


製鉄技術を持った素戔嗚尊が何故、日本に戻ってきたのか、その理由は、当時は高温をつくるエネルギー源が木材に限られており、森林の伐採が過ぎ、木材資源が手に入らなくなったため、豊かな森林を持つ、日本にその製鉄拠点を移動したものであると私は考えています。




邪馬台国と卑弥呼-23  日本人新羅王 脱解王
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1270.html
日本の属国であった新羅と百済
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1044.html




7

2011/6/8  13:25

投稿者:まさ
今だに古事記などと言ってる人は信用で出来ません。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ