renaissancejapn@aol.com

2011/1/29

邪馬台国と卑弥呼-70  阿波忌部  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
忌部神社    徳島県徳島市二軒屋町
http://www.genbu.net/data/awa2/inbe_title.htm


忌部神社は、旧社格が国幣中社と格式ある神社で、ご祭神の天日鷲神(あめのひわしのかみ)は、日本神話に登場する神で、阿波国を開拓し、穀麻を植えて紡績の業を創始した阿波(あわ)忌部氏(いんべし)の祖神であります。




阿波忌部は、麻、穀、栗、蚕、和紙、農業、織物などの殖産興業に関わる技術集団&海洋民で、徳島県の吉野川流域から大和(奈良県)に進出し、大和国造(国造:自治体のトップ)
や伊勢国造になるとともに全国各地に開拓事業を行った氏族で、

この時期に讃岐、石見、出雲、伯備、隠岐、丹後、大和、伊勢、三河、遠江、伊豆、武蔵、安房、上総、下総、下野、上野に進出したと考えれられています。

忌部氏の活躍を著した「古語拾遺」大同二年(807年)によれば、

「天富命をして天日鷲命の孫を率いて阿波国に移り、穀、麻を植えさせた。その一族がいま阿波におり、大嘗祭に木綿・麻布など種々の物を献上する。それ故、郡の名を麻植という」

と書かれており、これが麻植郡の名前の由来であります。



天皇即位式である、大嘗祭に使われる麁服(あらたえ)は、現代も阿波の三木家が代々御衣御殿人(みぞみあらかんど)として、大麻で織り製作し天皇家へ貢進(みつぎものをさしあげること)を続けています。  


クリックすると元のサイズで表示します
平成の大嘗祭で御衣御殿人(みぞみあらかんど)として麁服を献上した、阿波忌部の直系の28代目当主三木信夫氏。 約1800年の歴史を持つ家系。



平成の麁服


クリックすると元のサイズで表示します
播種式

クリックすると元のサイズで表示します
育成した大麻

クリックすると元のサイズで表示します
精麻

クリックすると元のサイズで表示します
織り始め式

クリックすると元のサイズで表示します
あらたえ

クリックすると元のサイズで表示します
三木家出発

クリックすると元のサイズで表示します
旧忌部神社出発

クリックすると元のサイズで表示します
供  納


クリックすると元のサイズで表示します
徳島の忌部神社にある、平成二年大嘗祭 麁服製織記念碑




邪馬台国「四国・徳島」説 1/4
http://www.youtube.com/watch?v=O3fHE7Kn4Qc&feature=player_embedded 
邪馬台国「四国・徳島」説 2/4
→ 阿波忌部の末裔、三木信夫当主が出演
http://www.youtube.com/watch?v=EI_4166yzs0&feature=related
邪馬台国「四国・徳島」説 3/4
http://www.youtube.com/watch?v=yna36RS39c0&feature=related
邪馬台国「四国・徳島」説 4/4
http://www.youtube.com/watch?v=geNulpaiBNw&feature=related



邪馬台国と卑弥呼-67  ユダヤの記憶 曽根天満宮
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1315.html
邪馬台国と卑弥呼-68  ユダヤの記憶 磐境神明神社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1316.html
邪馬台国と卑弥呼-69  ユダヤの記憶 大麻比古神社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1318.html



------------------------------------------------------------------------












15


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ