renaissancejapn@aol.com

2006/3/5

インテル CPU  科学技術

世界最初のCPUは、1971年にインテル社から発売された、Intel4004であります。

CPUとは、LSIの中にをソフトウェアを内蔵し、プログラムでLSIを動かすという画期的なLSIですが、この画期的な発明は、日本計算機販売(後ビジコン社)の嶋正利のアイデアです。 これにより、1ケのLSIで、プログラムを変えるだけで、様々な計算機に使えるという物でした。

当初、日本のビジコン社が、このアイデアの電卓用LSIをインテル社に製造させた物だったので、全世界の販売権はビジコン社が持っていました。 しかし、このLSIの将来性に気付いたインテル社は、世界初のCPUであるIntel4004の意匠権と販売権を6万ドルでビジコン社から買取りました。

そうして、ただのDRAMメーカーに過ぎなかったインテル社は、1971年11月15日に、世界で初めてのCPU(Intel4004)を、全世界に発表し、今日のCPU帝国をつくり上げることになりました。


-------------------- インテルのCPUが生まれるまで ---------------------


嶋正利とインテルの付き合いの始めは、インテルの創業者ロバート・ノイスが日本の各メーカーにDRAMの売り込みに来た事があり、その姿に惚れ込んだビジコン社の小島社長が契約締結の上、三人の技術者を派遣したところから始まります。

ビジコンでは以前から「プログラムにより電卓を使い分ける」という基本姿勢で電卓の開発を進めており、この時も同様に設計した論理回路を持っていき、派遣された嶋正利がインテルで世界最初のCPUとなるIntel4004を、Intelの技術者達と共同で開発しました。

しかしながら、残念なことにインテルの社員でなかった、嶋正利の名前はインテルの4004開発の歴史に記される事は無く、Ted Hoff、Stan Mazor、Federico Fagginの3人のエンジニアの名前しか出てきません。  

何故か日本でもマスコミに大きく取り上げられる事はなかったのですが、1998年の米国の半導体生誕50周年記念大会における"Inventor of MPU (Micro-Processor Unit) "受賞などで、その業績が広く一般に認知されるようになってきました。

こうして、世界初のCPUは完成しましたが、元々はビジコン社のアイデアで、インテルに製造させたものであった為、その全世界への販売権はビジコン社が所有していました。

しかしながら、経営者層は技術の分かる優秀なエンジニア達であったインテル社は、このCPUの将来性に気付き、Intel400の意匠権と販売権をビジコン社から、6万ドルで買取り、1971年11月15日、世界発のCPUを全世界に発表し、DRAMメーカーに過ぎなかったインテルは、CPUメーカーとしての道を歩む事になります。


-------------------------- パソコン産業の黎明期 -------------------------------


4ビットの「4004」の成功の後、インテルは独自に8ビットの「8008」を自社設計しますが、性能は惨憺たるものでありました。 そうして、嶋正利はロバート・ノイスからヘッドハンティングを受け、インテルで8ビットのCPU8080の開発に従事する事になりました。

この時、彼は論理設計と回路設計のすべてを一人で行い、9ヶ月で完成させた(1973年11月頃)事は、未だに語り草となっています。 また、開発者特権で、LSIパターンの余白には、嶋家の家紋が記されています。

コンピューター業界では、「8080」が世界で初めて使い物になるCPUと言われており、この「8080」の誕生により、アメリカでパソコンブームを湧き起こらせる事になりました。 

また、嶋正利はインテルから離れた技術者と共にザイログ社を作り、ここでも「Z80」という有名なCPUを開発する事になります。

日本で初めてのパソコンブームでは、NECのPC−6001、8001に使われたCPUは「8080」互換のNEC自社製が、シャープの名機として今でも語られるMZ−80B、80K2には、嶋が開発したザイログ社のCPU「Z80」が使われました。

インテルのCPUで、「4004」の後「8080」から「80486」まで型番による名称が続く事になりますが、数字では商標登録ができないため、この後従来の命名法では「80586」となるところを「5=ペンタ」から「ペンティアム」と命名することになりました。


-------------- あまり知られていない、CPUの祖 嶋正利 ----------------


このように、今日のコンピューター業界、またインテルのCPU事業の歴史に於いても、日本人の嶋正利の功績は多大なる物がありますが、何故かマスメディアが話題に取り上げないので、同じ日本人にも、あまり知られることろではありません。 


嶋正利
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B6%8B%E6%AD%A3%E5%88%A9
http://en.wikipedia.org/wiki/Masatoshi_Shima

Intel4004
http://www.sanosemi.com/history_of_intel4004.htm


ビジコンとインテルの契約書
http://www.busicom-corp.com/intel1.html

クリックすると元のサイズで表示します

4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ