renaissancejapn@aol.com

2011/3/15

ブラックジョークな菅君  国際政治・金融・企業

蓮舫行政刷新担当相を節電啓発担当相に、辻元清美元国土交通副大臣を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命する菅首相、まるでママゴトのような、こんな事をしている暇があったら・・・。
お馬鹿を通り越して、被災者や国民に対して、失礼である。 



-------------------------------------------------------------------------

この期に及んで責任転嫁とは… 首相、東電幹部に「撤退すれば100%潰れる!」 

                                産経新聞 3月15日(火)21時15分配信


東京電力福島第1原発のトラブルがこれほど悪化したのは、政府が初動時に事態を過小評価したからではないか。あるいは希望的観測に基づき、小さく扱おうとしたのかもしれない。そこに菅直人首相のいつもの政治パフォーマンスと責任転嫁が加わり、事態は混迷を深めている。

「これ以上の放射線漏(ろう)洩(えい)の拡大を防ぐように全力を挙げて取り組んでいる」

首相は15日午前11時に発表した「国民へのメッセージ」で「ぜひ冷静にお聞きいただきたい」と切り出し、福島第1原発から半径20〜30キロ以内の住民に屋内退避を指示した上でこう強調した。

ところが、3号機付近で400ミリシーベルトという異常な放射線量が検出された「不都合な真実」には触れなかった。

政府は福島第1原発の異常事態が発覚以来、「最悪の事態を想定して対応する」と強調してきた。にもかかわらず、避難指示の範囲は当初の半径10キロからじわじわと拡大。これが周辺住民の不安と混乱をもたらしたことは間違いない。

そもそも、首相は東日本大震災発生直後から「低支持率を挽回するチャンス」とばかりに自らをアピールしてきた。

地震発生翌日の12日午前に急(きゅう)遽(きょ)「現場を視察したい」と言い出し、福島第1原発を訪問。放射線漏れ対策に追われていた東電の現場担当者らはさぞ困惑したことだろう。

これに懲りず、首相はその後も被災地視察を望み、「かえって迷惑をかける」と周囲に引き留められた。「大将は非常時にはどっしり構えて指示を出さないといけない」(連合幹部)ことを理解していない。

首都圏で混乱を招いた東電の計画停電に関しても東電社長は13日午後6時すぎに発表する予定だった。 ところが、首相が「私が発表したい」と言い出したため調整に手間取り、国民への周知は2時間も遅れた。

発表の際、首相は感極まり涙をにじませた。非常時に感情を抑えることができないような最高指導者では国民は心もとない。

事態が悪化すると責任転嫁することだけは相変わらずである。

「陣頭指揮に立ってやり抜きたい!」

こう言って首相は15日早朝、統合対策本部立ち上げのため東電本店に向かった。もしかしたら、それまで陣頭指揮を執る考えはなかったのかと勘ぐってしまうが、到着すると居並ぶ東電幹部を「一体どうなっているんだ」と怒鳴り上げた。

「あなたたちしかいないでしょ。覚悟を決めてください。撤退すれば東電は100%潰れます」

首相にこの言葉をそっくりお返ししたい。 反論できない相手にかさにかかっている場合ではないはずだ。互いの連携を密にできなかった責任は政府にもある。 しかも、驚くことに首相は東電に3時間11分も居座った。これでは業務妨害ではないか。この間首相官邸を空けたことは職場放棄だともいえる。

ニュージーランドのキー首相は、2月22日にクライストチャーチなどで大地震が発生すると翌23日に非常事態宣言を出し、被災地で夜間外出禁止などを呼びかけた。あれほど報道で取り上げられながら首相は何も学んでいなかったようだ。

13日に蓮舫行政刷新担当相を節電啓発担当相に、辻元清美元国土交通副大臣を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命したことにも必然性は感じられない。


蓮舫氏は事業仕分けで大津波対策のスーパー堤防の廃止を判定した。

辻元氏は平成7年の阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラをまいた。 

2人の起用はブラックジョークなのか。



阪神大震災では、後手後手の対応を取った小沢潔国土庁長官が非常災害対策本部長を更迭された前例もある。首相もパフォーマンス以外に知恵が浮かばないならば他の人に代わってもらうしかない。(阿比留瑠比)


--------------------------------------------------------------------------



それから、義援金に関しては、絶対に個人や、辻元などが立ち上げたものには行わないように。  彼らのポケットマネーになったり、反日活動資金や、視察と称した海外旅行、飲み食いに使われるのがオチです。 



赤十字や東方・関東地方の県庁に直接行うべきだと思います。



赤十字
[担当窓口]日本赤十字社 東北関東大震災義援金担当
Tel: 03-3437-7081  E-mail: info@jrc.or.jp
義援金窓口1
■郵便局・ゆうちょ銀行
口座記号番号   00140-8-507
口座加入者名   日本赤十字社 東北関東大震災義援金
取扱期間     平成23年3月14日(月)〜平成23年9月30日(金)
※郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。
※郵便窓口でお受取りいただきました半券(受領証)は、大切に保管してください。
※通信欄にお名前、ご住所、お電話番号を記載してください。


岩手県
<岩手県災害義援金募集委員会事務局>
〒020-8570 盛岡市内丸10番1号
岩手県保健福祉部保健福祉企画室
電話   019-629-5408
FAX  019-629-5419
Eメール AD0001@pref.iwate.jp
(1)ゆうちょ銀行
   口座名義人名:岩手県災害義援金募集委員会、口座番号:00100-2-552
(2)岩手銀行
   口座名義人名:岩手県災害義援金募集委員会、口座番号:普通預金2016634
   支店名:県庁支店
(3)北日本銀行
   口座名義人名:岩手県災害義援金募集委員会、口座番号:普通預金7028484
   支店名:本店営業部


宮城県
宮城県災害対策本部庶務担当(総務部消防課) 
住所:〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町三丁目8−1
TEL:022−211−2377
FAX:022−211−2398
宮城県保健福祉部社会福祉課
〒980−8570 宮城県仙台市青葉区本町三丁目8−1
電 話   : 022−211−2516
F A X  : 022−211−2594
MAIL  : syahuku@pref.miyagi.jp
(1)ゆうちょ銀行     
   加入者名:宮城県災害対策本部、口座番号:00170−0−526
(2)七十七銀行
   受取人口座名義:宮城県災害対策本部、振込先銀行名:七十七銀行県庁
   口座番号:普通預金 5515581
(3)仙台銀行
   受取人口座名義:宮城県災害対策本部、振込先銀行名:仙台銀行 本店
   口座番号:普通預金 6979251



12
タグ: 政治 国際関係 企業

2011/3/16  20:48

投稿者:renaissancejapan
TSUTAYA 阿佐ヶ谷ゴールド街の店主、甲斐大輔のようです。

2011/3/16  0:30

投稿者:renaissancejapan
ツタヤのツイッター炎上「テレビは地震ばかりでつまらない」産経新聞 3月14日(月)19時35分配信

レンタルビデオ大手の「TSUTAYA(ツタヤ)」のフランチャイズ加盟店スタッフが、東日本大震災発生後、インターネット上の短文投稿サイト「ツイッター」に、「テレビは地震ばかりでつまらない、そんなあなた、来店お待ちしています」などと書き込んでいたことが分かった。 投稿者はすぐに、「この度は大変申し訳ございませんでした。被災地の皆さんや心配される方々のことを考えない不謹慎な発言でありました。深く深く反省をしております」と訂正、謝罪を投稿したが、批判のコメントが殺到し、“炎上”したもよう。 産経新聞の取材に対してツタヤは、「本部としてはこのような不謹慎な行為は信じられず、多くの方々に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳なく思っている」と述べた。店舗名や投稿者の詳細については明らかにしていない。投稿したスタッフ、店舗に対しては厳重注意したという。処分に関しては、被災した店舗の確認や支援などを終えてから検討するという。

こんな時に不謹慎極まりない! TSUTAYAの従業員教育を疑う、常識的に考えて、投稿したスタッフはもちろんとして、企業として責任をどうとるかも検討しなければなたないだろう。 

2011/3/16  0:18

投稿者:renaissancejapan
韓国の、日刊紙「中央日報」と「ソウル新聞」は、3月12日付の1面に「日本沈没」の4文字を大きく記載。文字の背景には津波に飲み込まれ壊滅した街の写真を掲載し、地震による被害の大きさを伝えた。 と報道されています。  

数多くの亡くなった方々や、被害にあわれて今も苦闘されている方々、また復興支援に来てくれている自衛隊や海外の派遣団の方々が、この寒い中で頑張っている事を思うと、韓国の民度は呆れを通り越して、情けなく・哀れに思います。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ