renaissancejapn@aol.com

2011/7/17

クリックすると元のサイズで表示します
2011年6月20日 青瓦台(大統領府)で李明博(イ・ミョンバク)大統領を表敬訪問した席で述べた発言


たかが、一企業の企業人が、日本の総理大臣かのような発言にいつもながらに笑わせてくれますが、世間からアホ扱いされているのが、かわいそうに分からないのでしょう。

孫正義は、李明博(イ・ミョンバク)大統領との会談の中で、「脱原発」は日本の話で、韓国での原発推進を高く評価する発言をしています。

東日本大震災では、4月3日に100億円の義援金を公表して、世間を驚かせた孫正義ですが、週刊現代 2011年5月28日号の記事によれば、ソフトバンク広報部へのインタビューで、1円たりとも出していない事が判明しました。


Q.孫社長はまだ義捐金を出していないのですか。
A.「はい。寄付金はまだ入金しておりません」
Q.1円もですか。
A.「そうです。もともと一挙に100億円ということではなく、何回かに分けて徐々に寄付する方針でして時期、回数、金額についていままさに検討している段階です。いつ頃から入金するかは、まだ決まっていません。



ソフトバンクには有利子負債が2兆円超もあり、自転車操業を続けている会社で、米インターネット大手のヤフーがソフトバンクとの合併解消検討とロイター通信が報道しているのをご存知でしょうか。


今回の 「 自然エネルギー協議会 」 、またアホ菅の 「 再生可能エネルギー促進法案 」 にはキナ臭いものを感じます。




この法案は、再生可能エネルギー(太陽光、水力、風力、地熱、バイオマスなど)発電を行う事業者から、電力会社に全量買取を強制(義務化)するもので、その買取金額は国が勝手に決めれるというものです。 また、電力会社が保有する送電線をタダで利用させろというものです。


この法案が通るとどうなるのでしょうか。 当然、電力会社は大赤字になり、倒産してしまうので、電力会社は、決められた買い取り金額でも経営が成り立つように、電気料金を値上げするしかありません。

結局は、国民がバカをみて、新しい事業者(新しい電力会社)にお金を差し出し、この会社は大儲けというビジネスモデルです。 

さらに、電力業界への新規参入が認められたら、次のSTEPでは、再生可能エネルギーだけではなく、海外からも安価な電力を販売できるという法案を作り、日本の原子力技術でつくられた中国・韓国の電力会社から、原子力で発電された電気を、日本は購入するようになり、国家の安全保障・国民生活・経済活動の根幹となるエネルギーを海外に依存するようになります。


孫正義、アホ菅がいうように、将来自然エネルギーの方が経済的にも成り立つというのであれば、自信を持って、原子力に対抗すれば良いのであって、このような買取制度など最初から必要ありません。

また、本当に脱原発を考えているなら、何故に中国や韓国にも脱原発をさせようとしないのでしょうか。 それどころか、今回の孫正義と李明博の会談でも、孫は韓国の原子力にエールを送っているではないですか。



アホ菅と孫よ、まず中国の核実験をやめさせる事、中国・韓国の原発推進をやめせる事を何故やらないのだ? 

自然エネルギーだけでやっていけると思っているなら、全量買取制度など必要ないだろうが、お前達の魂胆などミエミエだ。  


詐欺師集団か、お前らは!




いつもながらに、脳みその足らないアホ左翼連中の考える事ですが、話をすりかえが多すぎます。 「 自然エネルギーを推進したいと思うがどうだ! 」 と一生懸命言っておりますが、

一般国民からは、「 当たり前のことを何をふりかざしているの? 昔から推進していますよ。  馬鹿じゃないの? 」 と思われているのに気がつかないのでしょう。

自然エネルギーを否定する人など、古今東西、誰一人おらず、何十年も前から研究開発を行っています。 日本ではサンシャイン計画で産総研が中心的な役割を果たし、世界No.1の太陽電池の産業になるまで至りましたが、その研究費を大幅に削減したのは民主党政権です。


自然エネルギーは、しかし、コストが高い、安定した電圧を得られない、などの理由から、火力や原子力に頼っているわけで、別に国民の皆さんが、今の電気代の5〜10倍以上、支払う気構えがあり、夜に電気がこなくなっても良いのなら、全て太陽光発電に簡単にできますけど・・・。  


発電コスト比較  
  原子力 : 約7円/KWh
  火力   : 約25円/KWh
  太陽光 : 約60円/KWh



自然エネルギー法案 はあ?
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1466.html




19

2011/7/17  13:28

投稿者:Nishitatsu1234

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ