renaissancejapn@aol.com

2011/8/28

邪馬台国と卑弥呼-123  天磐船(あめのいわふね)  邪馬台国と卑弥呼

神武東征により、神武天皇が大和の地を目指した時、そこには物部系の 「饒速日(にぎはやひ)」 と 「長髄彦(ながすねひこ)」 が待ち構えていました。 

という事は、神武天皇が日向から河内、大和入りする前に、既に大和地方を支配していた部族(物部)の存在があった事を示します。


ちなみに、古代豪族で武器を管理していたのは、物部氏と大伴氏で、大伴氏は神武天皇に仕えていました。

饒速日(にぎはやひ)が、河内・大和に天下ったときに乗っていた船が天磐船(あめのいわふね)、物部氏の系譜を中心とした 「 旧事本紀 」 に記された、その乗務員は、


船長  跡部首等祖  天津羽原
舵取  阿刀造等祖  天津原
船子  倭鍛師等祖  天津真浦
船子  笠縫等祖   天津麻占
船子  曾曾笠縫等祖 天津赤麻良
船子  為奈部等祖  天都赤星


天磐船は空から降ってきたことになっていますが、船長や舵取りなど、船に関する名前で、言うまでも無く、天=海(あま)、波浪に耐える堅牢な船の事で、饒速日(にぎはやひ)は
船で、北九州から瀬戸内海を渡り、大阪湾から大和川を渡り、大和入りしたものと思われます。

物部氏は、北九州から瀬戸内、さらに出雲地方を支配していたとされており、出雲の蛇信仰と三輪山の蛇信仰、さらに饒速日命は、素戔嗚尊と奇稲田姫の間に生まれた五男である事からも、出雲と三輪山、物部は深い関係にあります。


すなわち、邪馬台国の前には、銅鐸祭祀の物部一族が山陰・瀬戸内・大阪・大和を支配しており、その後女帝卑弥呼を抱く邪馬台国に政権を譲ったものと考えて良いと思います。


銅鐸のルーツ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1387.html


それを表しているのが、箸墓古墳の伝説で、

三輪山の伝説では、大物主と倭迹迹日百襲姫(ヤマトトトヒモモソヒメ)が結婚しましたが、この神は闇にまぎれて毎晩通ってくるだけで決して姫に姿を見せようとしませんでした。 あるとき、姫があなたの正体を知りたいと言うと、大物主は明日の朝に姫の櫛を入れる小さな箱にいることにすると宣言。 そして朝に、姫が小箱を覗くとなかには美しい小さな蛇がいました。 姫が驚くと、大物主は馬鹿にされたと怒り、山に帰ってしまい、恥じた姫が尻もちをつくと、たまたまそこにあった箸がホト(女陰)を突いて死んでしまいます。 その姫を埋葬したのが三輪山のふもとにある箸墓古墳です。 


つまり、三輪山の神である大物主が怒って山に立てこもった後、大和朝廷のシンボルである前方後円墳が誕生するという、大物主から初期大和朝廷(邪馬台国)への主権の委譲があったと見るべきでしょう。



邪馬台国と卑弥呼-35  海照大神
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1282.html



神道と古代イスラエルの共通点は多くありますが、神道を信仰する物部氏が仏教が伝来する前に、古代イスラエルの風習などの影響を受けているのだと思います。 

さらに、日本神話によれば、イザナギとイザナミは、最初は淡路島、次に四国、隠岐の島、九州(筑紫)、壱岐、対馬、佐渡、本州(豊秋津島)などを産み、これらの国は大八島国と呼ばれますが、ここでも瀬戸内が重要な役割を果たしているように見えます。



日本神話とギリシア神話
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1250.html
天皇家の紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/242.html
天皇家 もう一つの紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/244.html
天皇家 と エフライム族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/262.html
神社 と ダビデの星
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/263.html
秦氏 と 日本の中のユダヤ文化
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/267.html
山伏の兜巾 と ヒラクティリー  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/268.html
神輿 と 聖櫃(Ark)-1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/273.html
神輿 と 聖櫃(Ark)-2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/274.html
神輿 と 聖櫃(Ark)-3
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/275.html


祇園祭 山鉾巡行
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/928.html
日本とユダヤ1/3
http://www.youtube.com/watch?v=00BP86cks4w&feature=related
日本とユダヤ2/3 
→ 祇園祭山鉾連合会会長がユダヤの祭りがルーツである事を認めている
http://www.youtube.com/watch?v=4uVVrePl9e8&feature=related
日本とユダヤ3/3
http://www.youtube.com/watch?v=xoowLHXVTvI&feature=related


ユダヤの記憶 戸来村 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1320.html
ユダヤの記憶 曽根天満宮
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1315.html


クリックすると元のサイズで表示します
曽根天満宮 (兵庫県高砂市) 一つ物神事



日本総鎮守 大山祇神 (愛媛県今治市)
http://www.genbu.net/data/iyo/ooyamadumi_title.htm
ニニギノミコトとコ ノハナサクヤヒメ
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=yBII3bPaEYM
稲作と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1264.html
富士山と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1265.html


11


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ