renaissancejapn@aol.com

2011/10/23

邪馬台国と卑弥呼-152  京都御所 左近桜と右近橘  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
京都御所 紫宸殿  左近桜と右近橘


京都御所の紫宸殿(ししんでん)には、左側に左近桜(さこんのさくら)と、右側に右近橘(うこんのたちばな)があります。

これは何を意味しているかといえば、記紀神話で、天孫降臨で日向へと天下った瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と、大山祇神(おおやまずみのかみ)の娘である、木花開耶媛(このはなさくやひめ)と岩長比売(いわながひめ)との結婚に関するものであります。

瓊瓊杵尊は、美しい木花開耶媛(=桜)を娶り、器量は悪いですが岩のように永い命と繁栄をもたらす岩長比売(=橘)を大山祇神に返してしまったため、神の子孫である天皇家も寿命を持つようになってしまったという話です。


ニニギノミコトとコ ノハナサクヤヒメ
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=yBII3bPaEYM


美人薄命といいますが、これは桜をイメージしたもので、美しく咲いて、さっと散るという日本人の美学を象徴するものです。  


京都御所の紫宸殿にある橘は、花は小さく地味で目立ちませんが、つつましく可憐で、桜の実は食べれませんが、橘の実は食用になり、桜は秋になると葉が落ちる広葉樹であるに対し、橘は冬でも葉が枯れることがない常緑樹であり、岩長比売をイメージしたものです。




実は、雛祭りの飾りも、左近桜と右近橘の組み合わせです。 右左を間違えてはいけません。


クリックすると元のサイズで表示します
桃の節句 雛飾り



邪馬台国と卑弥呼-151  七五三
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1527.html
邪馬台国と卑弥呼-17  稲作と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1264.html
邪馬台国と卑弥呼-18  富士山と桜 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1265.html



木花開耶媛はやがて瓊瓊杵尊の子を身ごもりました。


しかし、たった一夜で子供が出来たことを不審に思った瓊瓊杵尊は、それは自分の子供ではないのではないか?と問いました。

これを聞いた木花開耶媛は 「 他の神の子(国津神)ならば無事には生まれません。あなたの子(天津神)ならば無事に生まれます。 」 と言い、出産という時に出入り口の無い、八尋殿という産屋をに入り火をつけ、炎の中で子供を生みました。

この時誕生したのが、火照命(ホデリノミコト),火須勢理命(ホスセリノミコト),火遠理命(ホオリノミコト)の3神で、火照命は後の海幸彦、火遠理命は後の山幸彦となり、山幸彦は神武天皇の祖父に当たります。



第26回さきたま火祭り 古代住居 産屋炎上
http://www.youtube.com/watch?v=pAxbuqrOp9g&feature=related
さきたま古墳と、さきたま火祭り(ハイビジョン編集作品)
http://www.youtube.com/watch?v=EawJQ2GwOjs&feature=related






10


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ