renaissancejapn@aol.com

2011/12/18

邪馬台国と卑弥呼-179  他界妻 と YAP+(DNA)  邪馬台国と卑弥呼

天皇家の祖先は、天孫降臨の後、三代にわたり日向にいたので、これを「日向三代」と呼びます。

日向三代の一代目(瓊々杵尊ニニギノミコト)は、山の神(大山祇神)の娘(木花咲耶姫)を妻とし、二代目、三代目(彦火火出見尊・彦波瀲武盧茲草葺不合尊)は海の神(大綿津見神)の子と結婚したとされています。 これは、皇室が山や海の世界をも支配しているということを正当化するために作られた話です。


ニニギノミコトとコ ノハナサクヤヒメ
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=yBII3bPaEYM

邪馬台国と卑弥呼-152  京都御所 左近桜と右近橘 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1528.html
馬台国と卑弥呼-151  七五三
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1527.html
邪馬台国と卑弥呼-17  稲作と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1264.html
邪馬台国と卑弥呼-18  富士山と桜 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1265.html

第26回さきたま火祭り 古代住居 産屋炎上
http://www.youtube.com/watch?v=pAxbuqrOp9g&feature=related
さきたま古墳と、さきたま火祭り(ハイビジョン編集作品)
http://www.youtube.com/watch?v=EawJQ2GwOjs&feature=related


さきたまの火祭りは、木花咲耶姫が瓊々杵尊から不倫を疑われ、その疑いを晴らすため、自ら産屋に火を放ち、その中で海幸彦(ウミサチヒコ)・山幸彦(ヤマサチヒコ)を無事に出産した神話からきています。




古代の人々は、山の神は人間と同じ姿をしていると考えていました。 しかしながら、海の底にいる海の神が人間と同じ姿をしていたのでは溺れてしまうので、鮫と同じ姿をした鰐であるとしていました。

相手が人間と異なる姿をした別世界の生き物であることを知らずに結婚したという「他界妻」の物語は、ペルシアでつくられ、それが西のヨーロッパに伝わり、アジアにはインド、ベトナム、中国江南(揚子江の下流)と東南アジアを通って、日本に伝えられたことが明らかになっています。



邪馬台国と卑弥呼-77  因幡の白兎伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1326.html
邪馬台国と卑弥呼-127  物部の銅鐸祭祀
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1501.html
邪馬台国と卑弥呼-136  伊勢・尾張氏 と 火明命
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1512.html



クリックすると元のサイズで表示します
Y遺伝子にYAP+を持つ男性の分布図


ここで面白いのは、DNAのY遺伝子の分析から、日本人男性の約42%がYAP+という特殊な塩基配列を持っており、このYAP+は、アフリカ、地中海沿いの中東からイタリア南部、アルタイ、チベット、インド洋のアンダマン諸島、エスキモー、アメリカのネイティブインディアンに特徴的に見られるもので、何と近くの中国、韓国の人々にはほとんど全く見られない遺伝情報です。


ちなみに、アメリカ大陸のインディアンやインカ帝国をつくったのは、約1万年前にベーリング海峡、また太平洋を渡った縄文日本人であることも、ミイラDNA分析、またミイラの成人T細胞白血病に関連する稀少なウイルスがチリと日本の一部の地域でのみしか見られないことからも両地域の関係を強く示唆されています。


とにかく、「他界妻」神話のある地域と、YAP+の遺伝子をもつ地域(ペルシア→インド→チベット→ベトナム→台湾→日本→ネイティブアメリカン)が一致しており、今日の日本人のルーツや文明の伝わり方が分かります。

先ほど、中国人男性はYAP+をもっていないといったのに、日本人は江南地方からやってきたとは矛盾しているようにとられるかも知れませんが、これは黄河文明より長江文明のほうが古い事がわかっており、彼らはYAP+をもっていましたが、地球の寒冷化とともにYAP+をもたない黄河文明の漢民族が南下し、徹底して他民族の男性を虐殺したため、今の中国にはYAP+をもった男性がいなくなっているのです。 



日ユ同祖論とDNA  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1042.html



いうまでもなく、漢民族の南下とともに、長江文明の人々はボートピープルとなり船で日本にやってきたわけです。 だから天孫降臨の場所が、南九州なのです。 天皇家のルーツは朝鮮半島からやってきたと騎馬民族であるというのであれは、天孫降臨の場所は北九州であるべきです。

肉食の朝鮮騎馬民族に日本が征服されたという人に質問してあげて欲しいのですが、征服した王様は肉食をやめて米と魚を食うようになり、日本語を学び、朝鮮語を捨てて日本語をしゃべるようになったのですかと? 馬鹿か!といってやってください。




邪馬台国と卑弥呼-176  日本への朝貢
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1554.html
一級資料見つかる 新羅は倭の属国
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1496.html
百済・新羅は日本の属国
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1398.html
日本の属国であった新羅と百済
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1044.html
日本人新羅王 脱解王
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1270.html




長江文明の人々は、南九州から、島々に住み着き、そして瀬戸内海に入り、畿内と北九州の航路をおさえることができる淡路島を占拠し、その後、大和に入り、日本を建国したのだと思います。 弥生時代以降、稲作と漁労をなりわいとし、餅・味噌・醤油・納豆・豆腐・鵜飼など、全て雲南省の苗族(長江文明の末裔:今日では少数民族)がルーツです。 その意味では、日本人は長江文明の末裔であるともいえます。




 
邪馬台国と卑弥呼-38  苗族の温家宝首相
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1285.html
苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related



最期に、もっと興味深いのが、日本の天皇家と古代イスラエルの様々な一致です。 これは長江の倭族(苗族の一つ)が建国した填王国が南回りのシルクロードの最終点であったことから、古代西洋文明が、このルートからも日本に伝わってきたものでしょう。 

また、長江文明の人々がやってきたのは日本と朝鮮半島南部で、倭国とはこれら一帯をさせていたものです。 

すなわち、日本人も朝鮮半島南部の人も、元は一緒で、後に神功皇后が三韓征伐し、皇后の息子である応神天皇の時代に、ユダヤ系の秦氏が、朝鮮半島南部の新羅から大挙して日本にやってきて、古代イスラエル、キリスト、など西洋文明が日本に伝えられましたが、現在イスラエル政府は古代イスラエルの失われた十支族が日本にまでやってきたのではないかと調査をしていており、天皇家の家系図や紋章など、あまりに共通点が多いことも分かっています。 今後の調査に期待したいところです。



クリックすると元のサイズで表示します
失われた十支族

クリックすると元のサイズで表示します
天皇家とエフライム族の家系図の一致

クリックすると元のサイズで表示します
天皇家の紋章 菊のご紋

クリックすると元のサイズで表示します
ツタンカーメン王の紋章 菊のご紋

クリックすると元のサイズで表示します
エルサレム宮殿 ヘロデ王の紋章 菊のご紋

クリックすると元のサイズで表示します
天皇家 裏の紋章  獅子と一角獣

クリックすると元のサイズで表示します
ユダヤ国際金融財閥ロスチャイルド家の紋章 獅子と一角獣



獅子と一角獣の組み合わせは、古代イスラエルにおいて、ソロモン王亡き後、北イスラエルと南ユダに分裂し、北イスラエルは十支族でそのリーダーであるヨシュアの紋章が一角獣、南ユダはユダヤとベニヤミンのニ支族からなり、ユダがリーダーでその紋章が獅子。 すなわち、獅子と一角獣、中央の盾の組み合わせは、イスラエルを守っている事を表します。




天皇家の紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/242.html
天皇家 もう一つの紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/244.html
天皇家と失われたイスラエル十支族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1041.html
イスラエル12支族 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/260.html
天皇家 と エフライム族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/262.html
天皇と記紀神話
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/115.html#readmore
秦氏
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/413.html
秦氏 と 日本の中のユダヤ文化
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/267.html
日本 と ユダヤ の良く似た風習 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/277.html
日本語 と ヘブライ語
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/276.html
言葉の社
http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/word/word.html
日本とユダヤ1/3
http://www.youtube.com/watch?v=00BP86cks4w&feature=related
日本とユダヤ2/3 
→ 祇園祭山鉾連合会会長がユダヤの祭りがルーツである事を認めている

http://www.youtube.com/watch?v=4uVVrePl9e8&feature=related
日本とユダヤ3/3
http://www.youtube.com/watch?v=xoowLHXVTvI&feature=related
祇園祭 山鉾巡行
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/928.html
相撲は古代イスラエルの神事だった
http://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8
1/2 Japanese curious SUMO "Jacob vs God" 一人角力(hitori-sumo)
http://www.youtube.com/watch?v=REvxEdhheaQ&feature=related
2/2 Japanese curious SUMO "Jacob vs God" 一人角力(hitori-sumo)
http://www.youtube.com/watch?v=3DltTnBM0HU&feature=related
邪馬台国と卑弥呼-71  ユダヤの記憶 戸来村
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1320.html
秦氏・日本とユダヤ文化
http://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/msgcate45/archive


6


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ