renaissancejapn@aol.com

2012/3/30

邪馬台国と卑弥呼-218  まとめ  邪馬台国と卑弥呼


邪馬台国と卑弥呼について、述べてきましたが、ここらで一区切りのまとめをしたいと思います。



邪馬台国と卑弥呼-121 魏志倭人伝 まとめ   
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1456.html

邪馬台国と卑弥呼-45  滇(てん)王国
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1292.html
邪馬台国と卑弥呼-55  卑弥呼の踊り
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1303.html
邪馬台国と卑弥呼-78  デルフォイの神託と卑弥呼
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1331.html
邪馬台国と卑弥呼-46  高床式建築
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1293.html
邪馬台国と卑弥呼-24  稲作と海人族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1271.html
邪馬台国と卑弥呼-25  苗(みゃお)族 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1272.html
邪馬台国と卑弥呼-27  苗族の天岩戸伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1274.html
邪馬台国と卑弥呼-28  自ら太伯の後と謂う
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1275.html
邪馬台国と卑弥呼-29  苗族の芦笙祭  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1276.html
邪馬台国と卑弥呼-30  倭人と刺青
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1277.html
邪馬台国と卑弥呼-31  苗族の結婚と日本神話 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1278.html
邪馬台国と卑弥呼-32  安曇(あずみ)氏 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1279.html
邪馬台国と卑弥呼-33  素戔嗚尊(スサノオノミコト)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1280.html
邪馬台国と卑弥呼-34  苗族と鹿信仰 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1281.html
邪馬台国と卑弥呼-35  海照大神
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1282.html
邪馬台国と卑弥呼-36  犬頭人
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1283.html
邪馬台国と卑弥呼-37  苗族の闘牛 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1284.html


苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related
Legend of Xixi EVO (Miao Folk Song), Ayouduo
http://www.youtube.com/watch?v=Xgp86bg2mW8&feature=related




ご存知のとおり、ユーラシア大陸の東端に位置する島国の日本には、北はロシアから、モンゴル、中国・朝鮮、そして南洋と様々な人々がやってきて、日本人はそれらの人々が混血し形成されています。

約2万年前頃から、黒潮に乗り、日本に漂流してきたのは、ポリネシア人の先祖と言っても良い、南方系でO型の血液をもった人々であることは確実視されており、縄文人の祖先であります。

次に、1万4000年前頃に、「インド・満州型」と呼ばれる血液型Bの多い人たちが、シベリアから樺太・北海道を経て日本にやってきました。

そして、今から5000年〜2000年前から、「湖南型」と呼ばれる血液型Aの多い人たちが江南の地からやってきて、稲作を日本に伝えてくれました。 これが弥生人で、邪馬台国をつくったのもこの人たちであります。

この3度の大きな人々の移動により、日本人の原型が形成されています。



クリックすると元のサイズで表示します



この図は、日本におけるA遺伝子の分布頻度の地理的勾配を示したものですが、九州、出雲、四国、瀬戸内、近畿、中部にA型は多く見られ、まるで大和朝廷の支配地域の図と見間違いそうであります。

A型が多い地域は、ヨーロッパ、中国の湖南、B型はインド・満州、O型はアフリカ・南アジアに多く見られます。 江南地方から船に乗って日本にやってきた人々が日本に稲作を伝えた弥生人ですが、魏志倭人伝にも倭人は、 「倭の風俗は儋耳・朱崖(海南島の地名)の俗に似たり」と紹介されています。 

面白い事に血液型からも、それが裏打ちされています。




日本に稲作、味噌、醤油、納豆、餅、鵜飼などを伝えてくれ、稲作と漁労をなりわいとしする日本をつくったのは、長江文明の人々で、今日では漢民族におされて少数民族になってしまった苗族の人々です。 

苗族で大きな国家をつくっているのは、現在では日本くらいものですが、言い方を変えるならば、日本人は偉大な長江文明の末裔ということも出来ます。




  





長江文明の人々は、自然と協調した生活を送っていましたが、気候の変動により、寒冷化したときに北の黄河文明の漢民族が南下し、長江文明の人々は押し出されるように、台湾や日本列島に船に乗りやってきました。


彼らこそが稲作を日本に伝えてくれた弥生人で、南九州に天孫降臨した天孫族(邪馬台国・大和朝廷・天皇家)は、この人たちだと思われます。


日本神話の天地創造が、3世紀の呉で編纂された「三五暦記」の影響をも強く受けている事から、やはり、邪馬台国からつながる大和朝廷は、


江南の呉から船に乗ってやってきた海人族(天孫族=天皇家)が南九州に着き(天孫降臨)、瀬戸内海に入り、呉(くれ)を経て、瀬戸内海の島々を制覇し、淡路島・徳島を拠点とし力をつけ、その後、大阪湾から大和川をのぼって、天然の要塞(西は大和川から瀬戸内海にでることができ、東は山に囲まれている)である大和入り(三輪山)を果たしたのだと思われます。


これがまさしく、天孫降臨の地が南九州の日向で、記紀神話の国産みで淡路島が最初にできたとする理由で、話がすべてつながります。 


彼らの通った土地は、地名も鹿と関係が深く、鹿児島、福岡県の志賀(しか)島、広島県の宮島、愛媛県の鹿島、愛媛県伯方島、岡山県の鹿久居島(かくいじま)、兵庫県の淡路島、香川県の小豆島、など瀬戸内海の島々には多く鹿が生息しています。 



クリックすると元のサイズで表示します
奈良公園の鹿


When Deer Attack!
http://www.youtube.com/watch?v=BV3d3qUUk7o&feature=related
Dame galleta!
http://www.youtube.com/watch?v=TV0Nc2FViAw&feature=related
El ataque de los ciervos en Nara 3
http://www.youtube.com/watch?v=REB97V7CZXQ&feature=related
20110805 Miyajima Deer Kids
http://www.youtube.com/watch?v=b0Fy7Vh69IM&feature=related
奈良公園の鹿と可愛い女の子
http://www.youtube.com/watch?v=wQhhPF_LjyI&feature=related
Sriya playing with deer @Nara
http://www.youtube.com/watch?v=QmoC47nHDGA&feature=channel
おかあさんと一緒!@奈良公園 その207
http://www.youtube.com/watch?v=PuAs-LZWrYI&feature=relmfu
母乳を飲む子鹿ちゃん
http://www.youtube.com/watch?v=nj6wxzZC9MU&feature=related


ご存知、奈良県の奈良公園には多くの鹿が生息していますが、鹿は春日大社の神使であり、春日大社創建の際、茨城県にある鹿島神宮の祭神・武甕槌命が神鹿に乗ってやってきたと伝えられています。  ちなみに、鹿島神宮の祭神・武甕槌命は、天孫の天(あま=海)津族の中臣氏(後の藤原)の祖であります。


これらの島々に鹿が多くいるのは、大型動物でありながらおとなしい鹿を食料として船に乗せてきたのだと思われます。 ちなみに、アフリカでは今日でも、船にゴリラの子供を乗せますが、これは食料として乗せているのです。 




邪馬台国はどこにあったのか、これは間違いなく、奈良の纒向で、卑弥呼は箸墓古墳に葬られたヤマトトトヒモモソヒメ(倭迹迹日百襲姫)でしょう。  



クリックすると元のサイズで表示します
三輪山と箸墓古墳



蛇信仰の三輪山ですが、三輪山そのものが、とぐろを巻いた蛇で、ヤマトトトヒモモソヒメ(倭迹迹日百襲姫)のところに夜な夜な通っていたのは、その蛇の精霊と考えるべきでしょう。


彼女は箸で女性器をついて死んでしまいますが、これは既に勢力を持っていた出雲族と政略結婚で天孫族のヤマトトトヒモモソヒメ(倭迹迹日百襲姫)=卑弥呼が差し出されたもので、天孫族と出雲族の争いの中で、出雲族の子供を身ごもった彼女は堕胎しようとして死んでしまったのだと私は考えます。


日本書紀によれば、3世紀に活躍した女帝は、第14代仲哀天皇の妃、神功皇后(170年−269年6月3日)(生誕から崩御)ですが、この神功皇后は卑弥呼と台与の2人をイメージしてつくられたものと考えられます。


そして、仲哀天皇が亡くなり、神功皇后は住吉大明神と夫婦の秘め事をしたと住吉大社神代記に残されておりますが、この二人の間に出来た子が応神天皇。 


祇園祭など、日本の祭りには、白髪の老人と、美しく勇ましい女性、赤ちゃんの3人がセットの人形を良く見ますが、かれらこそが、武内宿禰、神功皇后、応神天皇です。 



クリックすると元のサイズで表示します
応神天皇(=仁徳天皇)を抱く、武内宿禰(=住吉大明神=浦島太郎)、
そして神功皇后(卑弥呼+台与)



今日まで語り継がれているという事は、神功皇后が邪馬台国の卑弥呼+台与で、応神天皇=仁徳天皇が、大和朝廷の祖であるという事だと思います。



住吉大明神は、白髪で浦島太郎の容姿をしておりますが、彼は蘇我氏の祖である、武内宿禰でしょう。 

武内宿禰(84-367)は、邪馬台国から大和朝廷建国にかけた、景行・成務・仲哀・応神・仁徳天皇の5代の天皇に仕えた、古事記・日本書紀に登場する伝説的人物で、蘇我氏・葛城などの中央豪族の祖とされています。

その容貌は、浦島太郎そっくりで、300年も長生きしている事、また浦島太郎が玉手箱を開けたとき実は300年経っていた事などを考えて、武内宿禰=浦島太郎=住吉大明神(塩土老翁)で、武内宿禰が300年も生きたと、クソ真面目に考えてはいけません。 武内宿禰は、天皇家に300年間仕えた蘇我氏の事と考えるべきだと思います。


この神功皇后と武内宿禰という、女帝−男性権力者の組み合わせは、卑弥呼−神託を授かる弟、神功皇后−武内宿禰、推古天皇−蘇我馬子、持統天皇−藤原不比等、などと重ね合わせています。




邪馬台国九州説も以前として、根強いですが、これについては、私は本居宣長の邪馬台国偽僭説をとっております。  これはどういうものかと言えば、当時日本は北九州勢力と畿内勢力が勢力争いをしていたが、劣勢にたった北九州勢が、自分達こそが日本の王として、魏に朝貢を行い、魏を味方につけ、劣勢を挽回しようとしたというものです。


もちろん、これに怒った本当の女帝、神功皇后(卑弥呼+台与)は、北九州の高良山、山門(やまと)の女首長、また山門の卑弥呼、田油津媛を攻め滅ぼします。 これは日本書紀にも記されています。


そして、本当の卑弥呼(神功皇后)は、魏に対して馬鹿正直に事実を伝えず、魏をそのまま自分達の味方につけておくほうが得策と判断し、北九州に残り応神天皇を出産したのだと思われます。


この説を採用すれば、魏志倭人伝に登場する邪馬台国は北九州であり、その後、大和の本当の邪馬台国と情報が入り乱れていったものと考えられます。




応神天皇は、日向から武内宿禰に導かれ、大和に東征しますが、これは神武天皇の姿と重なります。 応神天皇と仁徳天皇は実は同一人物で、応神天皇(神話の世界)=仁徳天皇(現実の世界)というのが、私の説であります。



邪馬台国と卑弥呼-13  古事記三巻 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1260.html



世界最大の墳墓は、仁徳天皇稜ですが、私には、日本を建国した偉大なる初代天皇の墳墓より、後の人がそれよりも大きな墳墓をつくるとは思えないし、記紀神話でも応神天皇と仁徳天皇はけっこうかぶっているのです。  すなわち、仁徳天皇=応神天皇が大和政権を樹立したと考えるべきではないでしょうか。





出雲の国譲りの話や、スサノオによるヤマタノオロチ退治の話は出雲風土記にはない事を紹介しましたが、オオクニヌシノミコトの名前すら出雲風土記にはありません。


また、出雲大社は明治4年からそう呼ばれるようになったもので、元々は杵築(きづき)神社
と呼ばれ、記紀神話がつくられた7-8世紀に創建されたものであり、決して3世紀の大和朝廷が確立した時期ではありません。


これは何を意味しているかといえば、全て古事記にあわせるかのごとく、現実を作っているのです。 だから、伊勢神宮も杵築大社(出雲大社)も記紀編纂の時期に創られ、大和から見て太陽の昇る東には伊勢神宮を、太陽の沈む西には杵築大社(出雲大社)をつくり、大和朝廷にとっての抵抗勢力を片っ端から根の国、出雲に流刑したものと考えられます。


オオクニヌシノミコト(大国主命)は大和朝廷が滅ぼしていった豪族を総称したもので、彼らは大和から見て、日の沈む方角の、根の国に流され、その彼らを見張る・また鎮魂するためにつくられたのが、杵築大社(出雲大社)であると思います。 



クリックすると元のサイズで表示します
古代、杵築大社(明治4年から出雲大社と呼ばれる)



また、隠岐の島に流された豪族からも見えるように、見張っているぞと言わんばかりの大きな杵築大社(出雲大社)が創建されたのでしょう。


ここで、見逃されがちなのは、出雲氏が大和政権下で出雲地方を管理していたという事で、これは何を示しているかといえば、出雲氏は大和政権側の一族であるという事です。 大国主命は国津族の代表格ですが、出雲氏の祖先は、アメノホヒであると「出雲国造神賀詞」でも「古事記」にも高らかにうたわれています。  

アメノホヒは、アマテラスとスサノオの誓約により、アマテラスの右の角髪(みずら)に巻いていた連珠の勾玉から生まれたれっきとした天津族であるのです。

すなわち、出雲氏は、大和朝廷と同じ天津族(天孫族)であるという事を、出雲地方の人々でも知らない人は多いと思います。



壬申の乱では天武天皇側についた、伊勢の海人族ですが、伊勢神宮がつくられたのも記紀神話が編纂された時期であります。 大和から見て日の昇る方向に、天照大御神を祀る伊勢神宮が出来ます。



クリックすると元のサイズで表示します
伊勢神宮



それまでは、大和の三輪山でのタカミムスヒ信仰だったのですが、白村江の戦いで天智天皇が大敗したので、国民の不安を取り除くためにも、天武天皇としてはタカミムスヒ信仰から、新たな天照信仰に変える必要があったのだと思います。



邪馬台国と卑弥呼-163  苗族 と タカミムスヒ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1540.html
邪馬台国と卑弥呼-160  神武天皇とタカミムスヒ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1537.html
邪馬台国と卑弥呼-134  伊勢神宮とタカミムスヒ(高木神)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1509.html
邪馬台国と卑弥呼-135  伊勢神宮 心の御柱
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1510.html



また、日本の神社も記紀神話編纂の時期から、異常に多く出来始めます。 これは従来の豪族は自分の家の中に、それぞれの神様を祀っていたので、大和朝廷の言う事を聞かず、国内を統一するためには、彼らの家の中から神様を引きずり出し、公の場(外)に神社を創る必要があった。  さらには、それを伊勢神宮の天照信仰に統一する事により、国内統一を計ったものと思われます。

言うまでもなく、人の生死に関わる、神社を通じて、国民の数を管理したり、税金を取り立てる手段に使い、国力をつけていったこともあるでしょう。






邪馬台国と卑弥呼-212  出雲国造神賀詞
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1600.html
邪馬台国と卑弥呼-211  熊野大社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1599.html
邪馬台国と卑弥呼-190  出雲は神々の流刑地
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1572.html
邪馬台国と卑弥呼-191  出雲大社 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1573.html
邪馬台国と卑弥呼-192  三輪山とヤマタノオロチ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1574.html
邪馬台国と卑弥呼-196  伊勢-大和-出雲 レイライン  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1578.html
邪馬台国と卑弥呼-210  古事記で創られた大国主命
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1598.html
邪馬台国と卑弥呼-217  国譲りと藤原氏
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1605.html



邪馬台国と卑弥呼-216  豊受大神と台与
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1604.html
邪馬台国と卑弥呼-215  記紀神話と魏志倭人伝 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1603.html
邪馬台国と卑弥呼-214  卑弥呼と海部氏系図
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1602.html
邪馬台国と卑弥呼-207  大麻山と阿波忌部 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1594.html


邪馬台国と卑弥呼-203  日本神話と淮南子、三五暦記 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1590.html
邪馬台国と卑弥呼-202  江南からの製鉄技術
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1589.html
邪馬台国と卑弥呼-197  安曇氏と呉 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1579.html
邪馬台国と卑弥呼-32  安曇(あずみ)氏
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1279.html
邪馬台国と卑弥呼-144  越の子供たち
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1520.html
邪馬台国と卑弥呼-82  呉音と漢音
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1384.html
邪馬台国と卑弥呼-84  呉服と蚕
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1386.html
邪馬台国と卑弥呼-54  呉服
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1302.html
邪馬台国と卑弥呼-30  倭人と刺青
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1277.html
邪馬台国と卑弥呼-85  銅鐸のルーツ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1387.html  
稲作伝来
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1247.html
邪馬台国と卑弥呼-45  滇(てん)王国
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1292.html
邪馬台国と卑弥呼-130  破格の扱いのムク金印
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1505.html


邪馬台国と卑弥呼-136  伊勢・尾張氏 と 火明命 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1512.html
邪馬台国と卑弥呼-137  天の羽衣伝説 と 伊勢神宮 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1513.html
邪馬台国と卑弥呼-139  卑弥呼と天照大御神
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1515.html


邪馬台国と卑弥呼-159  神社とは何か
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1536.html
邪馬台国と卑弥呼-149  神功皇后とは誰か
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1525.html
邪馬台国と卑弥呼-148  武内宿禰の正体
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1524.html
邪馬台国と卑弥呼-147  蘇我氏 と台与(とよ)   
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1523.html
邪馬台国と卑弥呼-146  蘇我氏 と ヒスイ    
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1522.html
邪馬台国と卑弥呼-145  台与 と ヒスイ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1521.html
邪馬台国と卑弥呼-144  越の子供たち  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1520.html


邪馬台国と卑弥呼-143  二人の日巫女
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1519.html
邪馬台国と卑弥呼-142  神功皇后 と 蒲鉾
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1518.html
邪馬台国と卑弥呼-141  神功皇后 と 鮎
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1517.html
邪馬台国と卑弥呼-140  神功皇后の卑弥呼殺し 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1516.html
邪馬台国と卑弥呼-139  卑弥呼と天照大御神
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1515.html
邪馬台国と卑弥呼-138  神功皇后と気比神宮  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1514.html
邪馬台国と卑弥呼-137  天の羽衣伝説 と 伊勢神宮
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1513.html
邪馬台国と卑弥呼-136  伊勢・尾張氏 と 火明命 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1512.html
邪馬台国と卑弥呼-122 紀元前11世紀
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1457.html


邪馬台国と卑弥呼-1  邪馬台国の場所・卑弥呼の墓はどこか  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1248.html
邪馬台国と卑弥呼-4  名前に神の文字を持つ天皇
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1251.html
邪馬台国と卑弥呼-5  神武天皇
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1252.html
邪馬台国と卑弥呼-7  武内宿禰(たけうちのすくね)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1254.html
邪馬台国と卑弥呼-8  神功皇后と台与
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1255.html
邪馬台国と卑弥呼-9  住吉大社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1256.html
邪馬台国と卑弥呼-11  二人の卑弥呼
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1258.html
邪馬台国と卑弥呼-12  祟神天皇
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1259.html
邪馬台国と卑弥呼-13  古事記三巻 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1260.html
邪馬台国と卑弥呼-17  稲作と桜  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1264.html
邪馬台国と卑弥呼-18  富士山と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1265.html



日本文明
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1082.html
日本の国体 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1052.html
精神文明 日本
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1243.html
祭祀支族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1076.html
八咫烏(やたからす)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1075.html
稲作と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1264.html
富士山と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1265.html



8


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ