renaissancejapn@aol.com

2012/10/7

クリックすると元のサイズで表示します
中国反日デモ?(暴動)により破壊されたパナソニックの工場


経済はもとより、科学技術、文化、全てにおいて、どうしようもなかった中国をODA援助してきた日本。 その金額たるや、累積で約3兆円。 第三機関を通した援助を含めると軽く6兆円を越えます。 

北京空港300億円、上海空港400億円、北京―秦皇島間鉄道拡充870億円、天生橋水力発電1180億円。  これらは現在に至るまで日本が施した対中ODA(政府開発援助)の実績であります。

また、トウショウヘイ(漢字にすると文化けしました:AOL何やっとんねん)が松下幸之助に頭を下げ技術援助を依頼し、当時松下電器にとっては何らメリットはありませんでしたが、貧困に苦しむ中国国民のため、多大なる技術援助を行いました。


これら日本のおかげで、ようやく成長した中国ですが、金・技術ともに日本がほとんど与えてやったにも関わらず、先日の反日活動をみても分かるように、松下幸之助にお世話になった松下電器の工場まで破壊する始末。 


そして、ODAの金を使って核ミサイルを数百発も日本に向け、尖閣諸島にも侵略をしてくる始末。 呆れてモノがいえません。 このアホどもには、関わらない方が、日本のためです。


まるで、日本なしに自分達の力で発展してきたと勘違いしていますが、見ていてください。
10年以内に、日系企業が引き上げたとたんに落ちぶれ、国は分裂し、アメリカの植民地にされている事でしょう。




脱亜論
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/782.html




中国人は、身の程をわきまえる事!














8

2012/10/7  22:57

投稿者:Nishitatsu1234

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ