renaissancejapn@aol.com

2012/11/26

実は資源大国 日本 〜油を作る奇跡の藻〜  環境・エネルギー
クリックすると元のサイズで表示します
オーランチキトリウム


筑波大学の研究チームが発見した「オーランチオキトリウム」という藻は、増殖速度が速く、これまでより油の生産効率が12倍にもなります。 この藻を連続生産すれば、霞ケ浦(2万ヘクタール)程度の広さで国内石油必要量(約2億トン)が賄え、石油の輸入国から産油国に転換できるという試算もある、まさに奇跡の藻です。

実用化に向け、アメリカはじめEUなど、国家を挙げての開発競争が行われるなか、日本では民主党政権により事業仕分けの対象となる始末。 敵が、与党政権とは、まさにトホホな国です。



石油をつくる奇跡の藻
http://www.youtube.com/watch?v=grex4HLrDLI&feature=related
未来を拓く藻類エネルギー 11/05/21
http://www.youtube.com/watch?v=TJ3WITS0mT0&feature=related




化石燃料の重油に相当する炭化水素を高効率で生成し、細胞内に蓄積する藻類を見付けた筑波大学の渡邊信教授に対し、早くも欧米の石油メジャー資本は実用化に向けての資金提供と独占契約を持ち掛けているようですが、是非とも“日の丸印の新エネルギー”を確立したいと渡邊教授は申し出を断り、研究を続けているのが政府と対照的です。

この技術が実用化できれば、我々は老後の年金など、心配しなくてよくなる訳ですが、まだ民主党に投票しようというアホな日本人がいることに、呆れてモノが言えません。



8


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ