renaissancejapn@aol.com

2006/4/20

バチカン Music  新約聖書
「ア・カペラ」とは、イタリア語で「チャペルのように」を意味し、教会合唱の様式を意味するものであった。 この「チャペル」というのはバチカンにあるシスティーナ礼拝堂のことであり、それ以外の中世の教会では、パイプオルガンによる伴奏が一般的で、無伴奏での合唱は禁じられていた。

つまり、「ア・カペラ」とは本来システィーナ礼拝堂で演奏される無伴奏の合唱のみを指していたのである。

それが後世になって楽器の伴奏を用いずに宗教曲等を合唱・重唱すること全般をそう呼ぶようになった。なお、現在では更に転じてポピュラー音楽の一スタイルの名前としても用いられている。                             −Wikipedia−

■ Pontifical Musical Chorus of the Sistine Chapel http://www.vatican.va/news_services/liturgy/cap-mus-sistina/documents/index_inni_en.htm#Easter
0

2006/4/20  18:39

投稿者:BENELOP
なるほど。勉強になりました。ありがとうございました。

http://benelop.blog60.fc2.com/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ