renaissancejapn@aol.com

2013/8/14

日本再興戦略-3 成功への道筋(2)   日本・天皇・神道・記紀神話

日本再興戦略で、成功への道筋の第二として、「全員参加・世界で勝てる人材を育てる」があります。

具体的には、以下の3点が挙げられています。

@女性が働きやすい環境を整え、社会に活力を取り戻す
A若者も高齢者も、もっと自分の能力を活かして、活き活きと働ける社会にする
B日本の若者を世界で活躍できる人材に育て上げる





さて、これらの政策について、検証してゆきましょう。


基本的には賛成ですし、問題ないと思いますが、キーワードが女性と若者で、企業のコンサルタントがよく使う言葉です。 


ここで、受け取り側が気を付けないといけないのは、よくお馬鹿な人事担当者が勘違いするのですが、今から女性の管理職を○○%つくりましょうとか、若い世代をどんどん若いうちから役職に就けていきましょうとか、提案するケースをよく見かけます。


欧米で、若い人や女性が社長になっているケースもありますが、正確にいうならば、女性だから上げる、若いから上げるというのは全くのナンセンスであり、性別・年齢・国籍・宗教に関係なく、リーダーに適した能力を持つ人を引き上げているのです。


特に、アメリカでは採用するときも年齢を尋ねるとセクハラになります。 これは、年齢に何の関係があるのだ? という考え方です。 すなわち、欧米でも女性だから、また若者だから上げるという思想はありません。


ここの勘違いだけは、人事担当者には気を付けて欲しいところです。





2
タグ: 日本 成長戦略 人材


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ