renaissancejapn2020@gmail.com

2013/8/16

阿呆の集まり NTT docomo  日本・天皇・神道・記紀神話
クリックすると元のサイズで表示します
Samsungのスマホ Galaxy S4 の爆発により全焼した家  於香港


サムソン製のスマホが、世界中でトラブルを起こしています。 その内容は、火傷、爆発、火災、etc. また故障だらけでなかなか修理してくれない等々。 また、特許侵害で世界中から数千件に上る訴訟を起こされているサムソンですが、なんと阿呆の集まりのNTTdocomoは国産メーカーを排除し、アップルとサムソンのみをトップツー戦略と称し、優先して販売すると発表。

その直後から、サムソンのスマホの約30%が不良品で、市場から返品されているとの事、またサムソンとの契約では修理しないことになっているようで、NTTdocomoは経営的に莫大な赤字を計上しているようです。

またまた、団塊世代の反日思想に染まった経営層のお馬鹿な判断により、三洋と同じく自ら崩壊の道をたどっています。 ただ同然に自社の回線をソフトバンクに貸してやり、利益もソフトバンクに抜かれてしまいました。

NTTの性格からして、元々は国営企業で、安全保障の観点からも、海外企業を優遇することは???なのですが、これだけ世界で重大な事故を起こしまわっているサムソンを優遇し、挙句の果てには修理しないという契約を結ぶとは。

あまりの阿呆の集まりに、トホホというしかありません。 サムソン製を採用をする提案した担当者、またそれを決定した管理職は、外資系企業なら間違いなくクビでしょう。

日系企業のリチウムイオン電池を、見よう見まねで作っても、その理論・原理を理解しておらず、バッテリーマネイジメントの技術のないサムソンでは仕方ないとは思います。


NTT docomo の反日左翼の連中は、サムソンのスマホを使って、日本で火災テロでも考えとんかい。


何度も言いますが、日本の復興のためにいくらきれいごとを言っても、政府・企業の経営層に巣食う反日思想に染まった阿呆どもを、まず排除しないとどうしようもないのです。



団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html?b=10



NTT docomo ご意見・ご要望 電話窓口
http://www.nttdocomo.co.jp/support/cs/inquiry_phone/index.html




------------------------------------------------------------------------

通常、バッテリーゼロの状態からフル充電までにかかる時間は「3〜4時間程度」と言われているが、不具合が生じた同機種では「10%の充電に12時間かかることもある。また、100%と表示されていたのに、少し使っただけで一気に50%以下に減った事例も報告されている。かといって、電池パックそのものが劣化しているのかと思ったらそうではない。購入して1週間後に、こうした不具合が起きたケースもある」(同)という。

これではスマホどころか、携帯電話とも呼べない。都内のドコモショップでは、こうした故障を訴える顧客が後を絶たず「その処理だけでパンク状態」という。

ところが、製造元のサムスンは見て見ぬフリ。「うちの製品に限って、そんなことはない!」と言わんばかりの対応という。

「他社でも不具合が生じるケースはあるんですが、サムスン製はケタ違いに多い。充電機能の不具合は半年以上前から報告されていて、サムスン側にも原因究明を求めているはずなのですが、一向に対応策は提示されません。サムスンは韓国では政府にも影響を及ぼすような巨大企業。社員はみなエリートばかりです。そのおごりから『おまえらでなんとかしろ!』という態度なのです」(NTTドコモの法人営業社員)


------------------------------------------------------------------------

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

【EU発!Breaking News】鞄の中のスマートフォンが突然爆発。18歳女性が大火傷を負う。(スイス)

スイス西部の街ラ・ショー=ド=フォンで、18歳の女性が所持するスマートフォンが鞄の中で突然爆発、それにより生じた炎が女性のズボンに燃え移り大火傷を負うという事故が発生した。

職業訓練生のこの女性が所持するサムスン社製のスマートフォンが爆発したのは、今月1日のこと。女性は勤務先の塗装会社の送迎車に乗っていた。後に『Le Matin』紙のインタビューを受けた女性は、事故発生時について「何かが爆発する音が聞こえ、化学薬品のような臭いが広がったことに気がつきました。その後、私のズボンが突然燃え出したのです」と生々しく説明している。

引火したズボンは約1分間燃え続けた後、そばに駆け寄った上司によって脱がされたが、女性は当時ショックで何もできない状態だったそうだ。その後トイレに運び込まれた女性は、右太腿の火傷した部分を水で冷やされ応急処置が施された後、病院に搬送された。

深達性II度熱傷からIII度熱傷と診断された彼女の右太腿の感覚は未だになく、今後も治療が必要だという。これにより8月15日までの休職が必要であると診断された女性は、サムスン社を告訴する構えを見せている。
2013年07月07日TechinsightJapan抜粋
http://japan.techinsight.jp/2013/07/france_smartphone_1307070910.html

▼画像はフランス語の報道より。
Samsung prend l’explosion d’un de ses Galaxy «très au sérieux»

-------------------------------------------------------------------------
7
タグ: NTT サムソン 火災


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ