renaissancejapn@aol.com

2006/4/22

蛇の誘惑 と 楽園追放 (創世記)  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ 蛇の誘惑 1510年
280×570cm | Fresco | Cappella Sistina, Vatican
Michelangero Buonarroti  −バチカン システィナ礼拝堂天井画 ミケランジェロ作−

旧約聖書(創世記第三章)

蛇に騙されて、神から禁じられていた、園の中央に生えている木の実を食べてしまったエヴァとアダム。 

神は女に向かって言われた。
「お前のはらみの苦しみを大きなものにする。 お前は苦しんで子を産む。 お前は男を求め、彼はお前を支配する。」

神はアダムに向かって言われた。 
「お前は女の声に従い、取って食べるなと命じた木から食べた。 お前の故に、土は呪われるものとなった。 お前は生涯食べ物を得ようと苦しむ。」 (中略) 「お前は顔に汗を流してパンを得る。 土に返るときまで。 お前がそこから取られた土に。 塵にすぎないお前は、塵に帰る。」

アダムは、女をエヴァと名付けた。 彼女がすべて命あるものの母となったからである。  主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。 (中略)

主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、彼に、自分がそこから取られた土地を耕させることにされた。

1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ