renaissancejapn@aol.com

2013/9/28

福島汚染水問題  環境・エネルギー
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


安倍首相が9月7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会のオリンピック誘致のプレゼンで、「汚染水の影響は福島第1原発の港湾内の0.3平方キロメートルで完全にブロックされている。状況はコントロールされている」と表明しました。

また、9月27日に、衆院経済産業委員会が開いた閉会中審査に出席した、東電の広瀬社長、山下フェローともに、、福島第1原子力発電所の汚染水問題で「安倍晋三首相が言われたように、海への影響は、福島第1原発の港湾内の0.3平方キロメートルで完全にブロックされていおり、状況はコントロールされていると明言しました。


またまた、科学的数字の根拠も持たないアホサヨどもが、いちゃもんをつけて大騒ぎしていますが、誰も汚染水が流出していないとなど言っていないのであって、0.3平方キロメートルで完全にブロックされており、今後も日本政府・東電でコントロールしてゆく事を、国際社会に約束したのであります。

その数字の根拠は、福島第一原発の放水口付近で4ベクレル/kgから検出限界未満に対し放射性カリウムを含むバナナが100ベクレル/kgほうれん草が200ベクレル/kg程度で、干し昆布は2000ベクレル/kg以上の放射能があることを考えれば、実際に海に漏れ出ている放射能がどれほど微量であるか、また問題となるレベルではないことが分かるでしょう。

アホサヨさん達よ、君たちのデータはどうなのだ。 まさか、いつものように、数字も知らずに、ワーワー騒いでいるだけか?  

まあ、素人の君たちが正確に放射線量を計測できるとは思えないがネ!




 

クリックすると元のサイズで表示します


TV番組でも紹介されていように、福島第一原発から事故後2年3ケ月(2011年3月11日〜2013年7月)の間に、海に流出したトリチウムの量は、20兆〜40兆ベクレル。 

これに対し、2012年にフランスのラ・アーグ再処理施設から排出した量は、1京1600兆ベクレル。 2012年にカナダのブルース発電所から排出した量は1280兆ベクレルです。


このような、数字に基づく事実を知らずして、先日フランスの左翼系の新聞が、アホな漫画を描き、日本は放射能に汚染されているかのごとく報道しましたが、自国の数字を知ったら驚くことでしょう。


ホンマに、どこの国も、サヨというのはアホでヘタレの集まりです。


福島の汚染水の心配する暇があったら、中国の核実験でどれだけ、放射能が大気中に拡散されているか、取材してこい、ドアホが!




■中国核実験で、129万人が被害を受け、うち75万人死亡■

中国がかつて実施した最大規模の核実験は4メガトンに達したが、旧ソ連の核実験を上回った10倍の威力だった。実験により大量に落下した「核の砂」と放射汚染は周辺住民計19万人の命を一瞬にして奪った。放射線汚染の影響を受けた面積は東京都の136倍に相当、中国共産党の内部極秘資料によると、75万人が死亡。

http://www.epochtimes.jp/jp/2009/03/html/d15555.html


■英国のテレビ局が記録映画「死のシルクロード(Death on the silk road)」を放送■

1998年7月から8月にかけて、英国のテレビ局が記録映画「死のシルクロード(Death on the silk road)」を放送した、4チャンネルはウイグル人の村を訪れ、村人の健康状況を調べた。放射線の胎児影響による奇形児と脳不健全児が多数いることがわかり、若い世代の白血病発生や癌の発病を引き起こしているウイグル人が激的に増えている事実も発見、全体から見ると ウイグル族の癌の発病率は70年代から急増、1990年になると全国の発病率と比べて30%高だった。

http://www.epochtimes.jp/jp/2009/03/html/d15555.html



それと、この問題の原因をつくったのは、アホ菅が率いる民主党だったのを忘れてもらっては困ります。  



日本を救った男 吉田昌郎(東電) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1850.html




クリックすると元のサイズで表示します



5
タグ: 福島 原発 安倍首相

2013/9/29  9:45

投稿者:Nishitatsu1234

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ