renaissancejapn@aol.com

2006/4/24

団塊世代と左翼思想  宗教・思想・哲学・文学・芸術
団塊の世代とは、終戦直後の1947年から1949年にかけての第1次ベビーブームで生まれた世代の事をいい、会社では今ちょうど定年を迎えようとしている人たちです。

日本の高度経済成長の原動力となり、日本の復興を実現されて来られた世代であり、今日の繁栄を謳歌している我々日本人は、この団塊の世代の先輩達に感謝しなければなりません。  また、フォークソング、グループサウンズ、反戦運動、学生運動など、元気よくエネルギッシュな青春時代を謳歌された世代でも有ります。

しかしながら、私のみるところ、思想・哲学というものは、あまり感じられません。 時代的なものを考慮しなければならないのですが、結論から言わせて貰うならば、実は一個人の思想・哲学はあまり無く、ポピュリズム(大衆主義)に陥っており、

他人に影響され易く、思想的に根無し草であるが故に、人と同じ事をし、人と同じ話題でお喋りをする事により、自分の存在を確かめ、安心を得るといった、典型的な大衆主義の世代でもあるように思います。 すなわち、社会現象をみても、上記のフォークソング、グループサウンズ、反戦運動、学生運動、などといったブームが次々と創り出されていったわけです。

戦後、日本を占領したアメリカの占領政策により、「日本が将来アメリカの脅威とならないような無力な国にする」という戦略にまんまとのせられ、ポピュリズムに陥った団塊の世代は、単純かつ愚かにも反日思想や左翼思想に簡単に染め上げられ、東大・京大の国家を運営するエリート層、日本の重要な都市である東京や京都、また主要メディアのNHKや朝日新聞などが、そのターゲットとなり、今日の反日的左翼思想が植えつけられていったものと、私は考えています。


第2次世界大戦直後の、アメリカによる日本の占領政策は、3R、5D、3Sと呼ばれています。

3Rとは、
1)Revenge(復讐)
    激しい戦争の直後ですから、復讐心があったも不思議はないでしょう。 
2)Reform(作り変える)
    日本の従来の組織や文化を抜本的に作り変える。
3)Revive(復活)
    改革した後で、日本を復活・独立させる。

5Dとは、
1)Disarmanent(非武装)  
2)Demilitalization(軍の解体)
3)Disindustrialization(非工業化)
    軍需産業を支えた工業力を排除・破壊
4)Decentralization(非中央集権化)
    中央集権組織の破壊、財閥解体、内務省解体、国家警察と地方警察の分離) 
5)Democratization(民主化)
    日本の歴史的・民族的な思想や教育を排除し、アメリカ的民主化する

この5D政策を円滑に遂行させるための、補助政策が3Sで、これは古代ローマ帝国が
滅んでいった原因であると、欧米では分析されている、享楽文化です。

3Sとは、
1)Sex(セックス)セックスの娯楽化
2)Screen(娯楽メディア) 映画・TV・音楽などの娯楽
3)Sports(スポーツ)スポーツの娯楽化

これらで、一般国民を娯楽づけにし、ポピュリズム(大衆主義)的な人間に染め上げ、哲学や思想を持たせないようにして、メディアで扇動することにより、単純に支配者に都合よく動く日本人をつくりあげるというものです。  

また、1945年9月21日に「日本新聞遵則」(プレス・コード)、「日本放送遵則」(ラジオ・コード)が報道関係者に公表され、これにより連合国に不都合な記事は全て封じ込められました。 こうして、日本のメディア業界では、思想・哲学がないだけだけでなく、一般社会常識も品格も無い、一般常識的社会では通用しないような、レベルの低い阿呆な記者たちが育成されてゆき、自分達の娯楽の如く、反日報道を今日も続けているわけです。

時が経ち、連合軍に都合の良い記事を、別に強制させられなくなりましたが、阿呆の田中角栄の政権下で、1974年1月5日に、日中両国で、「日中常駐記者交換に関する覚書」という、極めて中国に有利で政治的な覚書に調印してしまい、日本のメディアは中国に関する記事では、言論の自由さへも失うという結果になってしまったのです。


チャイナ リスク-16 (日中報道協定)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/81.html

日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】
http://www.youtube.com/watch?v=TajPV6IC4bY&feature=related


そうして、ものの見事にアメリカの3S政策による日本国民の愚民化、大衆社会化が花を咲かせ、団塊世代では、ビートルズが欧米で流行れば日本でグループサウンズブームが起こり、ボブディランがアメリカで流行れば、猫も杓子もフォークソング、映画スターブームと聞けば、石原裕次郎のような不細工な脂ぎったイノブタにも日本女性は金きり声を上げ、市民運動がアメリカで流行ると聞くと、日本でも学生運動や左翼的活動が盛んになるという現象が次々と日本で起こり、欧米からは「物真似の猿」として、日本人が世界中に紹介されるようになりました。

ここで、ポピュリズムと左翼反日思想に染まった阿呆共が、自分たちが馬鹿にされているにも関わらず、反日かつ自虐的なるものを懲りずに世界に発信してゆき、欧米からまたしても嘲笑を受けるという事を繰り返しているのです。 彼らからすると、敗戦した日本の占領政策で、再び立ち上がってこないようにしているのが、全て分かっているわけで、それにまんまとひっかかっている、軽薄な反日史観の連中が、騒げば騒ぐほど、可笑しくてたまらない事でしょう。


そろそろ、我々日本人も、過去の歴史をもっと知り、検証することにより、まともな状態に戻してゆくことを、大人たちがやらなければならない時期に来ているように思います。



封印された動画
http://www.pideo.net/video/pandora/95259a0a977cefe0/  
カールマルクス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/668.html



57

2009/11/9  0:10

投稿者:オレゴニアン
眼から鱗です。現在北米在住です。こちらでは一般に家族を大切にしますし、我が家では米国人夫は、雷火事親父は健在です。夫は30代前半ですが、いつも子供に怖くて強くて優しい信頼できる存在です。でも最初に必ず恐い人と言います。庭の手入れや日曜大工、工具、修理と明治時代の人のようでもあり、今風にハイテク使いです。

生き物を愛でたり、自然の一部として、近代社会を享受する人として生きています。

どこか日本のゆがみを感じる日々を過ごしていまして、なぜ大切なことに耳をかさないのだろうか?事実が目の目の前にあっても、頭で理解できても、かき消そうとする人が多く日本社会で生きるためよ!と返答が返ってきます。

今一旦日本(団塊の世代の両親)から離れて暮らしていると、ほっとする一面があるのは否めません。自分らしく自分の歩幅ですすめるからです。固定概念がこうだからこうしなさい!という窮屈な鋳型にはめようとしていた昔を思い出します。
これからもがんばって継続されることを願っております。ご健康に気をつけてお過ごしください

http://plaza.rakuten.co.jp/iloveoregon/

2008/10/20  19:10

投稿者:dankai
私は1949年生まれの、団塊世代の終わりです。
私達の世代は、まだ終戦の傷跡が少しあり、幼少の時は、満足な食料がなく、みんなが空腹でやせていたのを思い起こします。

やがて米軍から余り食材、米国では豚に食わせていたと言う、くさい脱脂ミルク、コッペパンなどで給食が始まった時期でした。でも、栄養失調と言う言葉が当たり前にまだあった思い出があります。

団塊世代は、復員兵が帰国し第一次ベビーブームが起こったことから、人口の塊となったと言う意味で、そう名づけられたのでしょう。とにかく学校も教室が足りず、小学校では、午前と午後に分かれて二部授業があったり、1クラスの生徒数は60名以上、それが一学年18クラスもあるなど、満足に一人一人を見るような学校環境ではなかった。

どこに行っても競争社会で雑草のように生きなければいけない時代でしたから。計画をしてどうするこうするなどの余裕などなかったと思います。しかし、反面、現在のひ弱な子供達よりかは鍛えられた部分はあったように思います。そして若いエネルギーを何かにぶつけて行ったのが、一部学生運動なんかに走ったのだと思います。でも一部です。

団塊世代がイメージで全部左翼思想であるということは違うと思います。確かに戦後の日教組教師に洗脳教育された時期がありましたが、だからと言って、みんながそうなったと言うことではないと思います。みんな、がむしゃらに生きるしかなかった、そしてがむしゃらに働いたと言う回顧しかありませんが。

2008/4/3  17:48

投稿者:?
私は20代の男子です。
テレビも新聞も7年ほど前からほとんどみません。
父は1949年生まれの所謂団塊の世代です。
テレビと新聞しかみません。

日本って、どう考えてもおかしいですよね。
なので、父に「おかしいよね」って話をするんですが、噛み合いません。ネットの情報に対しては、拒絶反応しかみられません。
新聞やテレビが嘘をつくわけがない。真実を伝えている。公共のものなのだから、そんなことをしたら、大問題なんだぞ!ネットなんぞ、誰でも書き込みできるのだから信頼できない。極端な情報ばかりで、そんなものを信じていたらきりがない。
新聞とテレビしか情報源のない父は、そう言い切ります。
戦争の話をすれば、日本で戦争が起こる分けないとか、戦争はしてはいけないとか、戦争に関しては異様なほど及び腰なんです。
実の親として情けないと思っていたところ、この記事に出会いました。とても納得できます。
洗脳っておそろしです・・・。
わかりやすく教えていただき、ありがとうございます。
享楽文化すか・・・。

2008/2/4  20:21

投稿者:通りすがり
まったく同感です。こんなに言いたいことを言いえてくださるとスカッとしますね。

2007/5/28  1:42

投稿者:かんこ
書かれておられる事、本当にそうだ!と賛同いたしました。ただ少し前小泉総理を私は評価してます。沢山のパンドラの箱をあけた結果、様々な理不尽な事柄がでてきました。中韓や国内の売国奴の言葉にも屈せず靖国参拝。国益だと思います。自虐思想を撒き散らす日教組のもくろみも出てきました。

http://www.hirokann@amber.plala.or.jp

2007/5/28  1:20

投稿者:河野寛子
書かれておられる事に同感です。ただ少し・・・前小泉総理のことですが、誰も今まで開けなかったパンドラの箱をいくつも開け、その結果今まで隠れていた悪い事実が沢山でてきました。それと中韓や国内の反日思想の輩のいいなりにならず、靖国に参拝など。

http://www.hirokann@amber.plala.or.jp

2007/2/24  22:01

投稿者:天狗佑太呂
 アインシュタインが日本に来た時に残した言葉に日本の家族制度のことを賞賛しています。そのとき既に欧米は家庭、社会の崩壊が始まっていることを述べています。
 今少子化が言われるが自由、平等、個人主義の行き過ぎが結婚しない症候群があるように思います。
 今のような結婚しないムードは見えざる政府による演出だと小生は思っています。フランス革命以降時間をかけてインターナショナルからグローバル、ワンワールド化を企む組織がイデオロギーを鼓吹し、巧みな演出のもと家庭崩壊を企んでいると小生は思っています、イデオロギーに代わりウーマンリブ、DIKS,男女共同参画、同姓結婚、ジェンダーフリーと高学歴者を付和雷同組を誑かし、自由だ、個人主義だと煽動され洗脳され過ぎてているのです。
 教育勅語の親に孝、夫婦相和し、兄弟仲良く等々の五倫の教育すればアインシュタインが日本の家族制度を賞賛した嘗ての日本の良さ、明治大正時代のような力強さが回復するでしょう。
 どんなに成功しようが認めてくれる家族や人がいない人生なんて生きている価値がないでしょう。
 若い内は家族なんてと思った利するかも知れないがどんな人でも帰る家庭、家の無い人は惨めなものです。やはりどんな時代でも、どんな人間でも家族が基本です。 年取って家族がいないのはクリープのないコーヒーみたいなものではーーーー
              天狗佑太呂
 ps:小生は家族の祖先、個人のルーツを小生が作成した魔法の風呂敷,個人曼陀羅を通じて個人の大切さ、家族の在り方を過去、現代、未来に如何に対応し、個人のPI(パーソナル アイデンティティ)を如何に持つかを教えています。

2007/2/24  0:08

投稿者:Renaissancejapan
親を殺す、我が子を殺すといった馬鹿げた考えは、
犯罪者ルソーと、阿呆のマルクスの革命思想にルーツをたどることができます。

家族の廃止: 
「完全に発達した家族は、ブルジョア階級にしか存在しない。 ブルジョアと家族は資本主義の消滅と共に消滅する」
           マルクス 共産党宣言より
 
http://diary.jp.aol.com/a4pcpx/201.html#readmore

2007/2/23  11:04

投稿者:天狗佑太呂
 人間は教育、環境、情報と時代でどのようにも形作られる存在だと思います。また母親の影響も絶大だと思います。
 明治維新後に西洋ボケした開明派の森有礼、福沢諭吉、西周ら明六社の連中や鹿鳴館で有名な井上馨らが余りなローマ字運動やキリスト教解禁等の西洋化に釘をさした明治20年代に作られた教育勅語、日本帝国憲法を作った気運と同じムードが今教育改革、憲法改正が取りざたされていることは歴史を正確にみておれば循環的に是正がなされるのは見えるのですが、今の教育制度は先に必修科目である歴史を入試に出ないからと教えていないとは論外です、予備校化している高校が大きな問題です。
 戦後のアーノルド、トインビーのユダヤ史観、改ざんされた歴史史観では世界が見えません。
 井上毅らが作った教育勅語の五輪の教えを教育すれば親が子を殺す、子が親を殺すと言うようなことは起こらないと思います。
 戦後の修身、歴史、地理の教育禁止令の影響がもろにでているのが現代だと思いますが如何思われるでしょう。いま教育勅語を作った井上,元田のようなバランス感覚を持った人が、また良き感性を持った母親(勿論地震、雷、火事、親父的な男)が出んことを願ってやまない。     天狗佑太呂

2007/2/20  9:08

投稿者:天狗佑太呂
 来る4月28日に大阪、天満のエルおおさか(旧労働会館)午後一時より昭和の日を記念し、97歳の現役マラソンランナーの馬杉次郎(検索して下さい)さんがこんな乱れた日本を何とかしないとの思いで昨年に続いてみどりの日代わり昭和の日の記念事業としての第2回目の催しをされます。
 小生も馬杉次郎さんに賛同し、講師に岡本幸治先生を紹介致しました。戦後60年を経てこんな日本になったのはGHQの3R,5D,3S政策もさることながら
『修身、歴史、地理の教育禁止令』を後生大事に継承している文部省(文科省)に問題があると思いますがその辺りの歴史の検証、及び今後の在り方を岡本先生はお話頂けると思います。
 併せて政府教育委員会にも携わっておられるソプラノ歌手の森敬恵さんに童謡、唱歌及びトークをして頂く予定です。 尚当日の入場は無料です、是非ご参加下さるようお願い致します。
 このような金にもならない、しかも97歳と言う高齢をおして行動に移される奇特な方が日本には沢山おられます、日本も捨てたものでは有りません。
 必ずや日本も再生すると確信してやみません。
尚、当日は97歳の馬杉次郎さんの矍鑠たるご挨拶、コメントも楽しみにして頂ければ幸いです。
               天狗佑太呂


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ