renaissancejapn@aol.com

2014/6/29

推薦図書 「ユダヤ人の智恵」  イスラエル

私は、ユダヤ人/イスラエルに興味をもっており、数え切れないほどの本を読みましたが、「ユダヤ人の知恵」 について、これほど平易な文章で、なるほどと思ったのはこの本が初めてです。

著者の加瀬英明氏は、東京生まれ、慶應義塾大学を卒業後、エール大学、コロンビア大学で学び、「ブリタニカ国際大百科事典」の初代編集長。

現実に多くのユダヤ人との人脈を持ち、深い造詣をもった人です。


世界人口の約0.2〜0.25%しかいないユダヤ人ですが、なんとノーベル賞の20%を独占し、2014年にアメリカの著名な経済誌「フォーブス」が「世界トップ400人の億万長者」のリストを発表しましたが、ユダヤ人がその11%を占めました。 

さらに、アメリカのユダヤ人世帯当たりの所得は、全米平均の2倍以上であることが、分かりました。


今日、世界では土曜日、日曜日が休日ですが、1週間が7日で、休日を設けたのもユダヤ人です。 旧約聖書創世記では、神様が世界をつくったとき、土曜日に休まれ、日曜日は同じくユダヤ人のイエスキリストが金曜日に処刑され、日曜日に復活したことから休日となりました。


休日をHolidayと言いますが、これはHoly Day(聖なる日)から来ています。


いったいユダヤ人とはどんな民族で、彼らの成功の秘密は何なのでしょうか?





     「ユダヤ人の智恵」
   〜世界最高の成功者集団の秘密〜

    2014年7月7日 第1版第1刷発行
    著者  加瀬英明
    発行人 高比良公成
    発行所 株式会社 アスペクト
    印刷所 中央精版印刷株式会社

         1,512円




3

2014/7/6  11:35

投稿者:Author
ヌマンタさん、よくご存じですね。 ヒットエンドランの人とは知りませんでした。 でも本の内容は、良かったです。 ユダヤ人が書いたユダヤ人の知恵・成功の本は、何故か面白くありません。

2014/7/4  13:40

投稿者:ヌマンタ
ルネさんお勧めの本なら読んでみたいと思うのですが、加瀬かァ・・・
ご存知かどうか知りませんが、「醜い韓国人」騒動など問題作を呈示するのは良いが、揉めるとすぐに逃げ出す困った人なんですよ。元々大物官僚の父親の引きで、外交官試験に落ちた後、外交評論家として売文していた人なので、文章は上手いと思います。多分、この本も上手に整理して、分かりやすく書かれているのだろうと推測できます。
私は30年以上前から、この加瀬の逃げっぷりをみてきたので、イマイチ信用していません。まァ、図書館で探してみます。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ