renaissancejapn2020@gmail.com

2014/11/18

日米豪 首脳会議  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します
日米豪首脳会議 オバマ大統領、アボット首相、安倍首相


安全保障面で協力強化を 日米豪首脳会談で共同声明(14/11/16)
http://www.youtube.com/watch?v=iwiv1-KRWhM



11月16日、オーストラリアのブリスベーンで、日米豪の首脳会議が行われました。 オーストラリアはかねてから日本の潜水艦技術に興味を示しており潜水艦を念頭に、防衛装備品の共同開発に必要な政府間協定を年内に締結することも視野に入れています。


アジア太平洋地域で中国が台頭し、米国の存在感低下への懸念も意識され出している中で、日本は防衛装備品の輸出や共同開発を通じ、オーストラリアとの安全保 障関係を強化したい考えで、「オーストラリアはアジア太平洋地域で最も相互依存が進み、信頼できる国のひとつであり、防衛技術を供与できない理由は見当たりません。


まあ、とにかく東アジアの安全保障を考えると、この3国が同盟関係にあるのは良いことだと思います。




[ブリスベーン 16日 ロイター] - 安倍晋三首相、オバマ米大統領、オーストラリアのアボット首相は16日、オーストラリアのブリスベーンで会談し、ロシアによるウクライナ東部の情勢不安定化に反対する方針を表明した。

日米豪首脳会談の開催は異例。共同声明では「ロシアによるクリミア併合とされるものとウクライナ東部の情勢不安定化」に反対すると明記。「(ウクライナ東部に墜落した)マレーシア航空17便の撃墜の責任者を裁く」意向も示した。

共同声明によると、首脳会談ではウクライナ問題やエボラ出血熱への対応を協議したほか、「北朝鮮の核・ミサイルの脅威を排除」することや「拉致問題も含めた北朝鮮の人権問題に対処」することも議題となった。

首脳会談では「3カ国の国境を越えた協力と、アジア太平洋地域への米国の総合的な関与の価値を再確認」。「国際法に沿った海洋紛争の平和的な解決」の必要性についても協議した。中国と周辺国の間で起きている南シナ海の領有権問題に言及したものとみられる。
4

2014/11/21  16:47

投稿者:黒
今、タカタのエアバックが原因でアメリカで日本の自動車会社がリコールしていますが
これは仕組まれた罠だったみたいです
タカタのエアバックは韓国製なんです
日本の自動車会社を全て潰すためにわざと韓国製のエアバックを積み込ませたんです
しかもそれを指示したのは民主党の議員なんです
民主党−本当に最悪ですね
これではっきりしました
民主党は日本を潰したいんです

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ