renaissancejapn@aol.com

2015/1/24

イスラム国 日本人人質問題  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します

人命盾「許しがたい」 政府、「イスラム国」を非難
https://www.youtube.com/watch?v=XLwv2WRe1sU


イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」により、日本人2人が人質に取られ、1月20日(火)14:50頃、72時間以内に身代金2億ドルを支払わなければ、殺害すると脅迫するビデオ声名がありました。

1月16日(金)〜20日(火)にかけて、エジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナを訪問していた安倍総理は急遽帰国、我らが難波のやっちゃんこと、中山泰秀副外務大臣が現地入りして、無事救出すべく、できる限りの活動を行っています。

安倍総理は、17日にはエジプトのエルシーシ大統領と経済ミッションの会合を行い、大統領主催の大統領府での昼食会に出席、また18日にはヨルダンでアブドッラー国王と経済ミッションの会合、そして国王主催の王宮府での昼食会、さらにイスラエルのネタニヤフ首相と経済ミッションの会合をおこなったばかりで、人質救出に向け、エジプト、ヨルダン、そして親日国のトルコが全面的協力を約束してくれています。




人質になっているのは、民間軍事会社「PMCピーエムシー」を設立した湯川遥菜(はるな)さん(42)とフリージャーナリスト 後藤健二(47)さんです。

しかしながら、湯川さんは昨年1月に軍事民間会社PMCを設立するも、本社とされる東京都江東区のオフィスビルには事務所がなく、同社の関係者も「設立を手伝ったが、経営実態は分からない」と証言するなど、不明な点が多くあります。

そして、本社所在地とされるオフィスビルに事務所はなく、看板も見当たらず、取締役として名を連ねる公認会計士の男性は、「今年1月頃に自分の事務所に連絡があり、設立を相談された、顧客と会計士の関係でしかない。それまで面識はなく、3月に役員の退任を申し入れた。私が関わった期間で、会社は動いていない」と説明しています。

さらにメディア報道によれば、経営したショップが倒産し、自称軍事会社をつくっただけで、過去に軍事や政治に関する仕事をしたこともなかったようです。

会社など、誰でもつくれますから、いわば、子供がままごとで子供銀行をつくるのと同じで、完全にマスターベーションの世界です。  もっとひどいのは、まともに英語もしゃべれないことを後藤さんが紹介しており、中東の紛争地に行ったのも、どうも虚栄心のカッコ付けとしか思えません。



一方の後藤さんは、自称ジャーナリストで、政府やメディア企業からの何の特命もうけていない、これまたマスターベーションの世界です。 「危険があったら、私の責任で・・・」とUtubeに投稿されていたようですが、いい年こいた大人なのですから、今回の結果は十分に予想されたもので、

これだけ多くの国内外の政治家や関係者が救出のために、多大な税金を使っている現状をどう考えているのでしょうか?  また、日本政府は身代金は払わないとしていますが、絶対に交渉では払っているでしょう。 当然ですが、巨額のお金を払ったことがばれると、世界中の日本人が人質に取られ、日本政府に要求してくるのが分かっているから、お金は支払わない!といっているに過ぎないのです。



また、現地の人にも迷惑をかけているのが、フリージャーナリストで、彼らが写真をとらなくても、もっと大量の情報が、欧米の立場よりでは欧米のメディアが、イスラム寄りの立場ではアルジャリーラなどイスラムのメディアが報じてくれています。

日本人のフリージャーナリストで、現地の人を激怒させているケースもあります。 たとえば、釣崎 清隆(つりさき きよたか)です。 ずかずかと病院に乗り込み、血だらけになったり、顔にやけどを負った少女の顔の写真をただで撮ったり、死体の写真を撮ったりするので、当たり前ですが、親族や関係者の立場になれば、喜ぶ人がいるでしょうか?

結局、彼らは現地の人々の人権などどうでもよく、本音は、被害者を利用した、自分達の金儲けなのです。 200億円差出し、病院や学校、破壊された家を提供する安倍政権のほうがいくらか人道的です。 

しかし、クサレ反日左翼の山本太郎議員は、人道支援としての200億円を中東に出すなと言っているのですから言語道断です。

頼むから、東京都民もこんなアホに投票しないでくれ。


後藤さんは、責任は自分でとるとカッコつけていますが、現実はどうでしょうか? これだけ多くの人に迷惑をかけているだけなのです。  もし、本気で言っているなら、身代金を要求された時点で、皆さんには迷惑をかけない、私は自決するから、身代金は払わないでくれ! というだけの根性があって発言しているかどうかなのです。  もっとも本当に自決してもらう必要はありませんが。


二人とも、いい年こいて、おつむのレベルは小学生レベル以下の、洞察力、判断力です。 アホはアホなりにおとなしくしてください。

いずれにせよ、外務省やTVもこれだけ危険地域にいかないよう注意を促しているのですから、このお馬鹿さんたちのように、これ以上、世界中に迷惑をかけないよう、お願いしますよ、自称ジャーナリストや軍事専門家のお馬鹿さんたち !!



7

2015/1/25  9:34

投稿者:Author
日本時間1月24日、午後11時過ぎにイスラム国から新た
な投稿がありました。 後藤さんが、首をはねられたと
見える湯川さんの写真を持ち、イスラム国の新しい要求
を呑んで欲しいと嘆願しているものです。 

内容は、自爆テロの共謀罪で、ヨルダンで死刑判決を受
け収監中のイラク人、サジダ・アルリシャウィ死刑囚を
ヨルダン政府に釈放させるよう要求したもので、それに
よって自分(後藤さん)を助けて欲しいというものです
。 

君は、自分の責任で行くと行ったんじゃないのか? そ
れなら、イスラム国に対して、そんな要求は飲めない、
ビデオでは日本政府やヨルダン政府に、そんな事は必要
ないと言うべきじゃないのか? 本当に情けない男だ。

2015/1/24  17:57

投稿者:Nishitatsu1234

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ