renaissancejapn@aol.com

2015/6/1

筑波大学 細胞を若返らす方法を発見?  科学技術
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


筑波大学の研究チームが、老化を予防するどころか、細胞を若返らす方法を発見したのでは?と世界で話題になっています。 2015年5月22日に筑波大学がプレスリリースを行っています。


初期化により老化もリセットできるかもしれない 〜ヒトの老化に伴うミトコンドリア呼吸欠損の原因に関する新仮説の発表〜
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201505221800.html





細胞の老化現象は元々細胞内に老化がプログラムされているというプログラム説、細胞分裂の際に少しずつ発生する突然変異によってミトコンドリアの呼吸活性が低下する事によっておこるエラー説などがあります。

筑波大の研究グループが胎児から12歳までの若年グループと80歳から97歳までの老年グループの繊維芽細胞を調べた所、ミトコンドリアの呼吸活性は老年グループの方が低下していたものの、ミトコンドリア内のmtDNA突然変異の蓄積率は若年グループと老年グループで有意差が無い事が明らかになりました。

更に繊維芽細胞をiPS細胞にして初期化し、その後繊維芽細胞に再分配した所老年グループの呼吸活性が若年グループレベルまで回復している事が分かりました。

これにより加齢による呼吸活性の低下は突然変異のような不可逆的なものではなく可逆的な変化であると考えられるとの事。

その後原因遺伝子であるアミノ酸(グリシン)代謝に関係するGCAT遺伝子を特定しました。

この遺伝子は加齢と共に発現率が低下するものの、細胞を初期化して再分配した後は発現量が回復しました。

また培養液にグリシンの添加すると呼吸活性が回復した事からグリシンの定期的な摂取が老化の緩和に有効である可能性もあるとの事。

今後はマウスを使ってさらに研究をすすめるそうです。


5


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ