renaissancejapn2020@gmail.com

2015/6/23

大阪にイスラエル・トレーディングセンター  イスラエル
クリックすると元のサイズで表示します
握手する安倍首相とネタニヤフ首相


今週は飲み会で1週間が詰まっており、はや疲れ気味です。 昨日は、イスラエル関係の集まりがあり、イスラエル大使館関係者や元経団連会長や経営者などで夕食会がありました。

安倍首相とネタニヤフ首相の間で、日本とイスラエル間の経済、産業、技術および商業的協力を発展及び強固にするための、共同のR&Dプロジェクトを推進する事が取り決められました。

その一環として、「日本国経済省とイスラエル国経済省の間の協力覚書」が2014年(ヘブライ歴5774年)7月6日に、茂木俊允 経済産業大臣と、ナフタリ・ベネット 経済大臣の間で取り交わされました。


いまや、MITよりも優秀とされる、イスラエルのトップ大学、テクニオン(=イスラエル工科大学)も京都に進出予定です。


うれしいことに、関西に力をいれてくれるようで、今秋には大阪に、イスラエルのトレーディングセンターができ、関西の政財界とイスラエルの政財界の一層の交流がなされる予定です。


一般の人も、イスラエルのいろんな珍しい食べ物、ワインや工芸品、また世界的に有名な死海の塩やミネラルでつくったAHAVAの化粧品などが、気軽に買えるかもしれません。 また、キリスト教の信者の方々は、エルサレムやキリストゆかりの品々を購入できる、嬉しい知らせでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
エルサレム宮殿内の土産店




イスラエル国歌 ハティクヴァ 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1087.html
イスラエル国歌=ハティクバ ( 歌:Barbra Streisand )
http://www.youtube.com/watch?v=RHy29bn4zeE&feature=related
イスラエル音楽 ハコーテル
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1086.html


イスラエル駐日大使 Ms. ルツ・カハノフ 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1887.html


推薦図書 「ユダヤ人の智恵」 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1967.html
韓国のプロパガンダを粉砕せよ 前イスラエル大使
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1966.html
カイザリア (Caesarea)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1655.html
死海 (Dead Sea)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1654.html
イスラエルの教育
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1653.html
テクニオン-イスラエル工科大学
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1652.html
4

2015/6/30  7:28

投稿者:かな
重複して投稿してしまったようです。あとの方を削除していただけますでしょうか。すみません。

通りすがり様、ありがとうございました。
教えていただきましたリンクは、現在は見られないようです。ですが、英語で詳しく書かれてあるソースも最近は増えてきたようで、友人にはそれらを紹介しています。
家族を守るために戦った方たちのためにも、未来の子どもたちのためにも、一人でも多くの人たちに真実を伝えられたらと思います。

2015/6/30  7:20

投稿者:かな
返信遅くなりまして、すみません><
アドバイスありがとうございますm(_ _)m

慰安婦、731部隊については、日本軍が極悪非道であった証拠は出て来なかったと言うIWGの報告書を紹介しました。また、南京大虐殺についても、中国がどの事件の写真を使って「日本軍の仕業に見せかけている」か、英語で説明してある動画を教えました。
ソースがあるこれらについて、その友人がどう考えたかはまだ確認していませんが、欧米人の中国韓国人に対してのコメントに、「日本はかつて残虐だった。でも今は違う。過去は過去だ、前を向いていこう」など多く見られます。
でも実際は、自分たちがプロパガンダに騙されていることに気づいていません。「残虐だった」という前提の上で、日本をかばっているつもりになっているようですけど。

*昭和の吉田松陰と言われる安岡正篤先生の著書「運命を創る」より

アメリカの占領政策ー3R、5D、3S政策。 当時GHQにおりました参事官でガーディナーという、ちょっと東洋流の豪傑のようなところもある人物からも直接聞いたことがあります。*

ありがとうございます。これを伝えてみたいと思います。公的文書で残すはずがないというのは、私も思います。当然ですよね。でも、「残すはずがないよね?だけどこれは本当にあったんだよ?」と言っても、第三者から見ると、「証拠がない」になってしまうんだなぁと、悔しいです。
ありがとうございました。

2015/6/27  10:27

投稿者:たぬき
南京城(日本軍入城前にほとんど逃散していて行き場のない5万人ほどしか居なかった)と周辺地域に当時合わせて精々15万人程度しかいないのにどうしたらそれを遥かに上回る25万人とか30万人を殺せるのでしょうか?
中国人の得意な馬馬虎虎。出会いがしらの猫だまし、大洞吹き

2015/6/26  11:36

投稿者:通りすがり
ちなみに海外では政府答弁自体が信用できないとおっしゃる方達もいます。それぞれ自身の国の政府が信用できないから日本の政府も信用できないという理論です。「お可哀想に」「YouSorry」と返してあげましょう。

勿論1から100まで、1000まで全て日本の政府が正しいとは言いませんが、概ね正しいです。

2015/6/26  11:29

投稿者:通りすがり
日本が残虐非道だったという証拠の文書やソースを示せと言わないと!

勘違いしないように冷静に読んで下さいね。
南京大虐殺という言葉がありますが、「南京」で「大虐殺」があったことは事実です。日本軍の影響により死亡した民間人もいるでしょう。
しかし、民間人が死亡したことは「不幸な事実」ですが、「大虐殺」と言えるものではありません。この被害を大虐殺と言うなら西洋、また中国の軍隊は「鬼畜」です。人間以下の獣の集まりです。彼らは大手を振って民間人を殺し、婦女をレイプしています。

「南京大虐殺」に戻りますが4回記録されています。

ねずさんのひとりごとより引用(政府答弁とあります。国会の議事録を探すのは面倒ですが、ソースはあると言えるでしょう)
1 第一次南京事件(大正2(1913)年)
  張勲軍が南京に乱入し、城内の民間人に対して
  虐殺、強姦、略奪を行った事件

2 第二次南京事件(昭和2(1927)年)
  国民党の国民軍が騙し討ちのような形態で南京
  に入り込み、
  城内で虐殺、強姦、略奪を行った事件。

3 第三次南京事件(昭和12(1937)年)
  南京に陣取った国民党軍が、
  日本軍がやってくるからと城内で
  虐殺、強姦、略奪を行った事件。

4 第四次南京事件(昭和24(1949)年)
  中共軍が南京を制圧し、資本家らを襲い虐殺、
  強姦、略奪を行った事件。

1〜2では、在留邦人も被害にあっています。
3は、中共政府が宣伝する南京大虐殺の「前」に実際にあった出来事です。
4は、昭和24年ですから、すでに大東亜戦争も終わり、日本とはまるで関係のない状態で起こった事件です。

以下参考URL
http://trs00.mxcd.imodesearch.jp/?_jurl=http%3A%2F%2Fnezu621.blog7.fc2.com%2Fblog-entry-2668.html%23more&_jlite=0&_juid=&_jsrc=&_jkw=%82%CB%82%B8%82%B3%82%F1%82%CC%82%D0%82%C6%82%E8%82%B2%82%C6&_jimg=1&guid=on

韓国の慰安婦に対しても同じです。

2015/6/25  21:51

投稿者:Author
先ず言いたいことは、こんな事を公的文書で残すお馬鹿な国はありません。 リファレンスとしては以下の通り。

昭和の吉田松陰と言われる安岡正篤先生の著書「運命を創る」より

アメリカの占領政策ー3R、5D、3S政策。 当時GHQにおりました参事官でガーディナーという、ちょっと東洋流の豪傑のようなところもある人物からも直接聞いたことがあります。

2015/6/24  19:19

投稿者:かな
こんにちは、初めまして。こちらのブログの存在を昨日知りました。
外国の友人に、こちらの古い記事を引用して、団塊世代の反日左翼と併せてGHQの3R5D3Sを紹介したのですが、その占領政策の書かれてあるソースがないので(文書にして見せる筈がないので当然かと思いますが)、まるで信じてもらえません。
今の日本の、真実を説明しても歴史修正主義と非難される状況を打開するためにも、反日左翼が占領政策によって作り上げられた事を伝えたいと思っています。
もし何かソースになる公的文書についてご存知でしたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ