renaissancejapn@aol.com

2015/8/13

クリックすると元のサイズで表示します
中華人民共和国  第7代国家主席 習近平(シー・ジンピン)  2013.4.13-


前回の投稿では、鳩山元首相の異様なまでの行動について、中国のハニートラップにかかり、脅され哀れな姿をさらされている可能性があることを示唆しました。


クリックすると元のサイズで表示します

鳩山元首相 が韓国で土下座
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2132.html


現在の中国政府は、腐敗臭が漂う異常な状態であり、セックススキャンダルが絶えず、ハニートラップは中国のお家芸とまで言え、日系企業関係者もカラオケやキャバレーなどでハニートラップに注意するよう教育されます。

自衛隊員や外務省関係者もハニートラップにかかり自殺した例も、報道されているので皆さんのよく知るところでしょうし、いうまでもなく大物政治家が狙われないわけがありません。

また、中国内部でも昇進のために、女子高生を拉致監禁し、上司に捧げるというのは日常茶飯事であります。 今回の投稿では、実名入りでその事実を紹介することとします。


2015年1月、遼寧省人民政府副秘書長、魏俊星が中央規律検査委員会によって拘束され、取り調べを受けました。 これだけの肩書をもった政府役人が何をしていたのでしょう。

麻薬の密輸、詐欺、恐喝、ゆすり、強姦、etc. これまで好き放題にできていたのは、周栄康(2007年の第17回党大会政治局常務委員、党内外で権力を欲しいままにした共産党員で、TVアナウンサーはじめ約400人の愛人がいて、2013年10月1日、乱交パーティを開き、この乱痴気騒ぎで口から泡を吹き、床に倒れた近くの病院に搬送された阿呆)の元秘書である余剛(よごう)と譚江(たんこう)がバックにいて、この2人が魏俊星の悪行の捜査の邪魔をしていたからです。

コイツは、見返りとして各上級機関の高級官僚に金の贈賄だけでなく、若い処女を差出し、彼らを楽しませていたことが明らかになりました。

では、どうやって、若い少女たちを調達していたのでしょうか? 呆れる話ですが、部下たちに主に雲南省の貧しい農家の少女を見つけさせ、即日、北京や瀋陽へ飛行機で連行。 蹂躙された少女たちは、政治家たちがやっている事なので、訴えるところもなく泣き寝入りするしかありません。

また、2015年1月7日付けの中央政法委傘下の新聞「法治週末」には処女強制売春事件の報道がありました。 陝西(せんせい)省呉起(ごき)で、政治家たちは女子高生を使って、県内の女子高生を拉致し、処女であるかどうか無理やり検査し、売春させていたというものです。

2014年11月7日にすでに、この悪質な事件は発覚していましたが、驚くことに、被害者やその家族が警察や呉起県政府や上級機関の延安市政府に訴えても、邪魔するばかり。 この延安市は毛沢東の共産党革命の聖地と呼ばれる場所で、日本のみならず中国の共産党の連中が、いかに言っていることとやっている事が違うか、わかるでしょう。

どちらも腐れの集まりです。


中国腐敗役人のセックスパターンには、世界で例をみないものがあります。それは「公共娼婦」と言われるもので、一人の美人を、多数の腐れ役人たちが共同で囲うというもので、彼らは「陰道党」と呼ばれます。 女性の陰部でつながった仲間という意味です。

公共娼婦として有名な女性に李薇(りび)という美人がいます。 李薇を抱いた男たちは、周栄康、薄熙来(はくきらい)、杜世成(とせいせい:元青島市長)、李嘉延(りかてい:元雲南省長)、陳同海(ちんどうかい:元中国石油化工集団公司社長)、劉志華(りゅうしか:元北京市長)、黄松有(こうしょうゆう:元最高法院副委員長)、王益(おうえき:元国家開発銀行副行長)、鄭少東(ていしょうとう:元公安部部長助理)、金人慶(きんじんけい:元財務部長)、他多数。

2014年7月に雲南省元副省長、孔垂柱(こうすいちゅう)がエイズで死亡しましたが、生前何度も自殺を図っており、不審に思ったメディアが省政府に殺到しました。

香港のメディアによると、2012年から2014年にかけ地庁級官僚、省級官僚で1470人が汚職などで逮捕され。実刑をいい渡されました。 そのうち1200人が性病にかかっていることが服役中の身体検査であきらかにされました。 

公共娼婦は彼女に限らず、多くいて、中国共産党役人の腐敗ぶりがわかると思います。


まあ、こんな状態ですから、日本の政治家にハニートラップを仕掛けることは、当然のように考えられます。



4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ