renaissancejapn@aol.com

2015/9/23

安保反対デモを考察する  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します


2015年9月19日、安保法案が成立しましたが、SEALDsをはじめとする大規模な反対デモがありましたので、考察してみたいと思います。



----------------- GHQ洗脳とポピュリズム(大衆主義)--------------


一言でいえば、イデオロギー闘争と、最近の先進国ではあまり見られなくなった極端なポピュリズムであります。

学生運動で燃え上がった団塊の世代の若者達の行動と全く同じであることに、多くの人は気づいています。 

日清・日露戦争で勝利した時には、歓喜こそあれ、何も戦争反対と騒がなかった若者達ですが、第二次世界大戦で敗戦した途端、戦勝国に尻尾を振り、祖国のために戦った先人たちを辱め、GHQの洗脳に簡単に乗せられてしまったのが、団塊世代と呼ばれる若者達でした。

ここで、洗脳するには、徹底的に個人の哲学・考えを潰し、思想教育する必要がありますから、この世代の人たちは自分では気づかないうちに、自分の頭で物事を考える力がなくなり、メディアで流された情報に流されやすくなります。

ですから、アメリカでバンドブームがあると聞けば、日本では猫も杓子もグループサウンズブーム、アメリカでボブディランが流行ると聞けば猫も杓子もフォークソング、反戦運動が流行ると聞けば猫も杓子も学生運動と、次々とブームに乗せられることになります。

他人に影響され易く、思想的に根無し草であるが故に、人と同じ事をし、人と同じ話題でお喋りをする事により、自分の存在を確かめ、安心を得るといった、典型的な大衆主義の世代でもあるように思います。 

左翼主義者と呼ばれる人たちが大好きな経済学者のカール・マルクスですが、実はこれまた彼の事を知らない人が多い事に驚かされますが、メディアがつくったブームに乗せられたものです。


団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html
カールマルクス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/668.html


最近の若者たちは、GHQの洗脳もなく、日本の幅広いエンターテインメントビジネスが世界的にブームになる中、昔とは違い、幅広い文化を享受している人達なので、今回のポピュリズム的行動は意外なのもでした。

結局は勉強不足で自分の考えがまとまっていない段階に、メディアに乗せられ、若い有り余るエネルギーを発散させたというところでしょう。 

原理的には、他人に影響され易く、思想的に根無し草であるが故に、人と同じ事をし、人と同じ話題でお喋りをする事により、自分の存在を確かめ、安心を得るといった、典型的な大衆主義だと思います。 



------------------ シンプルな今回の安保法案 ------------------


今回の法案は、日米間でお互いに他国に攻められた時には、助け合いましょうというもので、日米同盟の強化を確認しただけのものであります。

世界中が歓迎する中、中韓は反対・非難していますが、何を勘違いしているのか、彼らとはまったく関係ない話ですし、日本人にとってはメリットばかりの話で、反対する理由は全くありません。


安保法案 欧米・アジア主要国が賛同
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2139.html


集団自衛権が嫌いな安保反対デモの人たちですが、日本が攻められたとき(尖閣・沖縄など)はアメリカに助けてほしい、しかしアメリカ他国に攻められても、日本は知らん顔をするぞというお馬鹿な話が国際政治の世界で通用するわけがありません。




--------------- 国連憲章51条と集団的自衛権 砂川裁判 -------


憲法違反の安保法案とSEALDsたちは騒いでいますが、国家の自衛権には「個別的自衛権」と「集団的自衛権」があり、すべての国連加盟国に認められています(国連憲章51条)。 

砂川裁判でも最高裁で、「憲法第9条は日本が主権国として持つ固有の自衛権を否定しておらず・・・」とあり、国連憲章にもあるように自衛権に個別も集団もないのです。




----------- 自民党の説明不足と騒ぐ 実は不勉強なデモ隊 -------


デモ参加者たちに、安保法案を読んだことがあるかどうかインタビューしてみると面白いでしょう。 ほとんどの人が、自民党が配布している見開きの1〜2Pの簡単なパンフレットすら読んでいないと思います。 もし読んだことがあると嘘を言っている人がいれば、その場で質問してやればいいのです。

これだけ大騒ぎする人たちが、実は一番の不勉強という事がわかるでしょう。 また戦争法案の言って騒いでいますが、憲法9条があっても他国が攻めてきた場合、自衛のためには戦争をせざるをえませんし、すでに述べたように国連憲章51条にあるように、自衛に個別自衛権、集団的自衛権もありませんし、子供たちをも守ってやらねばなりません。


ウィィグルの幼児を集団リンチする中国人の大人達
 
泣き叫ぶ子供相手に・・・ 手の骨が折れても続けられるリンチ
顔を回し蹴りするわ、手をおもいきり踏みつけるわ、引きずり回すわで滅茶苦茶です。
http://sv-station.com/843.html
  ↑
今、中国の侵略が露骨になってきたから法案を急いでいるのです。
上記動画の数々は、明日の沖縄です。 安保反対デモに参加する、君たちのお馬鹿な行動に、中国軍は笑っています。


1988年3月 中国がチベット侵略
https://www.youtube.com/watch?v=ACwJcQit3m0
チベットにおける中国軍の蛮行
https://www.youtube.com/watch?v=86DDeDXV_fA
暴力に晒されている中国の女性
https://www.youtube.com/watch?v=-JpbRpDkwJU


日本に核ミサイルを向ける中国
https://www.youtube.com/watch?v=8m1bUiJAsAI
「十年以内に日本を核攻撃」と中国軍トップが発言
https://www.youtube.com/watch?v=YP6F8AuiHDM
サイバー攻撃を受ける日本
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2126.html


あなたは中国の「沖縄侵略計画」を知っていますか?
https://www.youtube.com/watch?v=UwPFvCzR4sU
『5分でわかる!』沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?
https://www.youtube.com/watch?v=MSZTm7irs4s




--- SEALDsはじめ安保法案反対でも参加者は反日政党支持者ばかり ---  


産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が12、13両日に実施した合同世論調査によると、、「一般市民による」というよりも「特定政党の支持層による」集会という実像が浮かび上がり、集会への参加経験者の41.1%は共産党支持者で、14.7%が社民党、11.7%が民主党、5.8%が生活党支持層で、参加者の73.5%が4党の支持層だった事が分かっています。

結論からいえば、反日政党がバックにいて、反日政党支持者と、彼らに乗せられた若者たちと言う事が出来るでしょう。 SEALDsの奥田愛其も、宣伝車は共産党や全労連から借りたものである事を認めています。

だから、中韓を除く世界の人々が、今回の安保法案を歓迎し、19日・20日に実施したFNN(フジニュースネットワーク)の世論調査で“安保法制は必要”が約7割に達したという、この2つの出来事についての矛盾が説明できます。 要は、TVをはじめとするメディアが反対派ばかり報道するから、ポピュリズムに陥った、(申し訳ないけどはっきりいって)勉強不足の若者たちが、団塊の世代の学生運動のように、騒いでいるという事が分かります。




------------------------ 未来ある若者たちへ ------------------



どんな事も、ブームに流されれず、自分の頭で考え、事実関係を調査し、自分自身の哲学を持ってください。 

今回のように、戦争をするどころか、世界最大の軍事力をもつアメリカとの同盟関係を強化する事により、中国の侵略を抑制する逆に戦争抑制法案なのです。

もし戦争反対を本気で思っているなら、すでに憲法9条のある日本でなく、中国や韓国の大使館の前で徴兵制反対、中国・韓国版の憲法9条をつくれと、デモすべきですし、同じことを英国のジャーナリストからも指摘されています。


何故、君たちはやらない?




-------------------------- 参考 -----------------------------



■【正論】イギリス人ジャーナリスト「安保法案反対派がデモすべき場所は国会ではなく中国大使館前だろ?野党の安保法案反対論を聞いていると情けなくなる」 ■

米紙ニューヨーク・タイムズや、英紙フィナンシャル・タイムズの東京支局長を歴任した、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏が語った。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150914/dms1509141140001-n2.htm




■SEALDsに対して世界中から非難殺到 「日本の学生は愚か」「中国に抗議しろ」■

海外「日本の学生がこんな愚かとは…」 学生団体SEALDsに海外から厳しい声
ウォール・ストリート・ジャーナル誌は昨日、安全保障関連法案に対して、5月の結成以来抗議活動を続けている「SEALDs」を特集した記事を掲載。

海外では抗議デモが日本よりもはるかに一般的ですが、今回の日本のデモに関しては、見当違いと考える外国人が少なくないようで、コメント欄には厳しい声が相次いでいました。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1854089.html




■海外の、安保法案反対デモに参加するSEALds、学生たちに対する反応■
 ウォールストリートジャーナル記事へのコメント

・マンガでも読んでろや。中国の脅威から目を逸らしてるのか?今の自衛隊のままじゃ
 あっという間に一掃されるぞ? タイ

・色んな脅威や他国からの侵略から国を守れない。そんな独立国家は存在しないんだ
 ぜ……?  国籍不明

・あの単純な学生たちは、そう遠くない内に中国の被害者になるだろう。お子ちゃまたち、
 目を 覚ます時間だぞ。 アメリカ

・日本人じゃない俺でも、日本の為に戦った男たちに敬意を抱いてる。日本の学生はぶっ
 ちゃけダメダメだな。 フィリピン

・あの「学生」たちは、自国の領海に滑走路を作られたとしても、ああやってデモを続けて
 るんだろうか。 インド

・無知な学生たち。そう言わざるをえない。 アメリカ

・中国が日本や他の国への侵攻を始めたとき、彼らはアベ首相が防衛力を高めたことを感謝
 するだろうね。 台湾

・日本の若者たちは戦争についてそろそろ学んでいかないと。こういうのもアメリカの保護
 にあまりにも頼りすぎた結果だな。 アベ首相は正しい方向に進もうとしているし、日本
 のためになると考えて行動してるんだよ。 イギリス

・あまりにも世間知らずだ。なぜ彼らは中国の領海侵犯には抗議をしないんだ? 彼らは見当
 違いをしているように思える。  日本の学生がこんな愚かだとは今の今まで知らなかった。 
 アメリカ

・哀れだな……。日本の再軍備は時代の要求だろうに。 ドイツ

・この学生たちは、自国を守ろうとしてる政府を非難する前に、まず拡張主義を採ってる
 中国のことを考えろって! 国籍不明




■堀江貴文氏「安保反対デモに参加している人は絶対採用しません」

 安保反対デモに行ってる事カミングアウトしたら私は採用しませんよ。仕事出来ないと思うか
 ら。 思想で不採用だと言ってるのではなく、間違った理論に盲従する頭悪そうな奴だなって
 思うだけ。

             ↑
          私も同感です。





-------------------------------------------------------------------
不勉強な学生さんは、第二次世界大戦のことも、この事実を読んで勉強しなさい
動画で見やすいから
-------------------------------------------------------------------


神風特攻隊
http://www.youtube.com/watch?v=7QQzmAQ7wEc&feature=related
特攻隊員の手紙〜三歳の娘に送った手紙〜
http://www.youtube.com/watch?v=RCl2QS1RfuY&feature=related
靖国の英霊に黙祷
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1676.html


-------------------------------------------------------------------

11


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ