renaissancejapn@aol.com

2015/10/8

祝 ノーベル物理学賞 梶田隆章 先生  科学技術
クリックすると元のサイズで表示します


東京大学宇宙線研究所長・教授かつ、同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長の梶田隆章(かじた たかあき)先生が、10月6日、ノーベル物理学賞を受賞しました。

梶田先生は素粒子のニュートリノに質量があることを、観測装置「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)を使って実証、1998年6月の国際会議で発表しました。 観測データが蓄積された2003年6月には質量の存在が確実なものとなり、「ニュートリノの質量はゼロ」という前提で組み立てられた現代物理学の見直しを迫る成果として世界的に注目を集めました。

日本人受賞者としては、10月5日の医学生理学賞の大村智(さとし)・北里大特別栄誉教授(80)に続き2日連続で嬉しい知らせです。 それにしても梶田先生は56歳と若くしての快挙です。

おめでとうございます。


3

2015/10/10  10:53

投稿者:Author
■民主党と蓮舫が邪魔をしていた本研究■

ホンマにコイツらは救いようないアホですわ!

2009年11月26日
スーパーカミオカンデ実験代表者 鈴木洋一郎

行政刷新会議、事業仕分け作業ワーキンググループ
が、「スーパーカミオカンデによるニュートリノ研
究」を含む経費を予算縮減と評定

11月25日に、行政刷新会議事業仕分け作業が「国立大学
運営費交付金(2)特別教育研究経費」に対して行わ
れ、評定が出されました。

「廃止6名、縮減6名、要求どおり2名」との結果を受
け、仕分け作業グループの見解として「予算の縮減」と
いうことが示されました。

この「特別教育研究経費」の中には、我々が、神岡の地
下において推進している「スーパーカミオカン
デ」や、国立天文台の「すばる望遠鏡」、高エネルギー
加速器研究機構の「JPARC」「B―factory」など、日本
を代表する基礎科学研究が含まれています。

しかし、研究の意義などは一切議論がなされぬまま、予
算全体を一括して縮減しなさい、ということになりまし
た ・・・。

http://hosyusokuhou.jp/archives/45628267.html

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ