renaissancejapn@aol.com

2015/12/24

「千と千尋の神隠し」 を考察するー6  映画・音楽・アニメ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



かまじいに湯婆婆の下に連れてゆくよう命令されたリンは、千尋を連れてゆきますが、途中で人間臭いと千尋がいる事がばれそうになります。 エレベータの中では大根の神様 「おしらさま」 がかくまってくれました。

無事に湯婆婆のところに行きつく事が出来ました。 千尋は 「ここで働かせて下さい」 とお願いしますが、湯婆婆は 「お前みたいなひょろひょろでグズに何ができるんだい」 と相手にしてくれません。

何度もひつこくお願いし、契約書が空中を飛んできて、千尋はサインします。 千の本当の名前は 「荻野千尋」ですが、千尋は「荻」の字の火の部分を犬と書き間違えています。




-------------------------- 解説 ----------------------------



名前を奪われないように、意図的にやったと考えている人が多いようですが、私は @千はまだ10歳と若いので間違えた Aすでに湯婆婆に名前を奪われかけている からだと思います。


この 「千と千尋の神隠し」 は、まだ未熟な思春期前の少女が成長してゆくのがテーマであり、隙のないスーパーマンの少女を描いたものではありません。



いつも何度でも 作詞 - 覚和歌子 / 作曲・歌 - 木村弓
https://www.youtube.com/watch?v=pvUSry4BxbA
千と千尋の神隠し 千尋とハク
https://www.youtube.com/watch?v=j1YZ5bVNeDE


 
2
タグ: 映画 音楽 アニメ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ