renaissancejapn@aol.com

2016/7/2

産総研・東北大 MatgAM-OIL開所式  科学技術
クリックすると元のサイズで表示します
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/06/press20160630-02.html


一昨日の6月30日、産総研と東北大学の数理先端材料モデリングオープンイノベーションラボラトリ(MathAM-OIL:マッサムオーアイエル)の開所式が東北大学の片平キャンパスであり、招待を受けたので行ってきました。 


各省庁、政府研究機関、大学関係者、企業、報道陣も招かれた、かなり大々的な開所式でした。


なにやら、長くて難しそうな言葉が並んでいますが、分かりやすく言うと、従来は実験的手法で先端材料を研究開発していましたが、スーパーコンピューターを用いて、数理科学と材料科学の連携により、新しい先端材料を開発するものです。

実は、電気製品、デバイス、素材ともに、世界的に研究開発のやり尽くし感があり、今回のアプローチは世界的にも注目されているものです。

これによって生み出される成果は、他の先進国のみならず、新興国が全く追いついてこれないものであり、日本の産業発展は、全く新しいステージに移行してゆきます。

民主党政権では考えられなかった、安倍首相率いる自民党でなければ実現し得なかった政策の一つです。  





その応用例は多岐にわたります。


クリックすると元のサイズで表示します

         ↑

クリックすると画面が大きくなります。



このプロジェクトにより、農林水産業中心だった東北地方の産業は、東北大を拠点に、世界中から優秀な研究者・技術者が集まり、その良い影響を受け、ハイテク産業の一大研究拠点となります。

若者たちは将来の約束された産業への働き口が増えるとともに、街は活性化し、食堂、ホテル、スーパー、そして農業・林業・水産業も発展してゆくことでしょう。

今、時代は大きな変わり目を迎えています。



4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ