renaissancejapn@aol.com

2006/5/30

天地創造 一日目  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■闇からの光の分離 (Separation of Light from Darkness )1511年
180×260cm | Fresco | Cappella Sistina, Vatican
Michelangero Buonarroti −バチカン システィナ礼拝堂天井画 ミケランジェロ作−




            旧約聖書(創世記第1章1−5節)

             初めに、神は天地を創造された。

地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。 神は言われた。 「光あれ。」 こうして、光があった。  神は光を見て、良しとされた。 神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。

         夕べがあり、朝があった。 第一の日である。


1

2006/10/26  21:28

投稿者:peace
はじめてコメントします。
以前、アインシュタイン博士が日本についておっしゃられた次の表現などにより神について探求しております。「日本は神の国である。その隠された秘密によってやがて世界の人々は最大の感謝でむかえいれるであろう。」わたしにとり、こちらのサイトはきわめて貴重であり、探究心を満たし非常に勉強になります。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ