renaissancejapn2020@gmail.com

2018/4/27

AI時代の文系社員大リストラ時代  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
    Sourcwnext社 世界50言語対応 リアルタイム自動翻訳機「Pocketalk」



AI技術の進展により、日本では約700万人の失業されると予測されています。 

単純事務作業はもとより、AIとFintec、そしてマイナス金利というお馬鹿な政策とも相まり、メガバンクの業績は大幅に悪化し、みずほは16,000人、三菱UFJは9,500人、三井住友銀行は4,000人の人員削減を発表しています。

また、AI先進国アメリカでは、AI同士が交渉し、一部弁護士の仕事もAIに置き換えられています。

実際、約7年ほど前からANACと呼ばれるAI同士の自動交渉のコンペティッションが行われており、最も利益を上げたAI、そしてみんなに利益を分け与えたAIが優勝となります。

 AI技術をもたない企業は、このコンペで強いAIを見つけ出し、そのAIに代理交渉をしてもらう時代です。


自動車分野では、言うまでもなく自動運転はAI技術が使われていますが、次のSTEPでこの自動交渉技術が注目されています。 

どういう事かと言いますと、AI[を搭載した2台の自動車がお互い話し合い、「ちょっと待て、君は1分間でいいから止まっておいてくれ、私は2分間止まっておく、そうすればこの地域の交通渋滞は変え決する」など、社会課題の解決にも使われようとじています。

AIによる自動翻訳も進み、前述の写真のように、PCやスマホなしでも、3万円以下で50言語対応のリアルタイム自動翻訳機が発売されています。

経済分野でも、だいたい財務省や経理部門のやっていることは中学生レベルの四則演算であり、時代は既に彼らはリストラ対象の人たちです。  

一方で、AIはすべての分野に入ってきているので、すべての企業でデータサイエンティストと呼ばれるAI技術者は引っ張りダコです。

データサイエンティストに求められるものは、数学に強い、統計学に強い、AI技術がわかる=
AIのソフトを組める、、AIを使える、その会社の製品知識に詳しいなど、です。  

データサイエンティストは今世紀最大の魅力ある仕事と位置付けられており、シリコンバレーでは最低年収が2,000万円、ただ最近では需要が増大し、4,000万円〜6,000万円が相場となっています。


財務省のボンクラ官僚を、優秀なスーパーエリ−トだと持ち上げるのがいかに馬鹿げているかよくわかったと思います。 こいつらが救いようがないのは、セクハラ問題の発言を聞いても、脳みそのレベルが高くないだけでなく、倫理感もないことです。

麻生も被害者女性が出てきて、加害者と、双方の話を聞かないと本当のことは分からないと相変わらずお馬鹿ぶりを発揮していますが、弁護士立会いの下、双方に話を聞いても、

加害者の福田は責任を取りたくないから、やっていないと白々しく言い張り、被害者はセクハラ受けたと事実を言い張るだけの話になるのが、なんで理解できないのでしょうか? よほどのアホか?

だから女性は、録音テープを公開しており、そこでは福田が卑猥な言葉を浴びせているわけです。  

だから被害者に出てこいではなく、音声を専門家に鑑定してもらう以外にないのです。 今日の科学技術をなめてもらっては困ります。  

麻生が、福田の声だと言っているのだから、間違いなく福田の声なのでしょう。さて、音声鑑定の結果、福田の声だと鑑定されるとどうなるでしょうか? 

麻生・福田・財務省は逃げ場がなくなります。 実は相当ビビッているのです。  

よって、鑑定に持ち込まないで、事態を収束させようとするでしょう。



麻生と、財務省の論理なら、殺人事件があっても、弁護士立会いの下で、加害者と被害者の双方から話を聞かないと殺人が道められないのか?  状況証拠があれば、常識的に十分殺人罪は成立します。


これが副総理、財務省事務次官、財務省幹部の頭のレベル、倫理観とすれば信じられません。  お前ら、全員辞任しろ、ドアホらが!!  国民をなめるな。

これ以上、卑怯で醜い真似していると、本当に一般市民側から君たちを裁判所に訴えるぞ。




東大生で天才は医学部生のみ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2359.html





               日本を守る八咫烏 Renaissancejapan









3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ