renaissancejapn@aol.com

2019/3/3

久しぶりのウィーン  映画・音楽・アニメ

先日、荷物を整理していたら、オーストリアの銀行の定期預金の通帳がでてきたので、4月に久々にオーストリアに行く予定です。

ご存の通り、欧米の銀行には、キャッシュカードはありますが預金通帳というものがなく、アカウント番号と、パスワードだけで、預金状況はPCもしくは携帯で見れ、振り込みもインターネットで行います。 どうしても状況をプリントアウトしたければ、各支店に機械があるので、そこで、カードを差し込み。上記番号を入力すればプリントアウトできます。

普通預金に通帳はありませんが、定期には通帳があり、ドイツ語で「Vermoegens-Sparbuch」と言います。

今回は、数万ユーロが満期となっており、結構金額が大きいので、現地にこの通帳を持っていかないと、解約できません。

定期を解約するのに、わざわざ海外にまでいかなければならないのは面倒くさいですね。 はやくFintechが当たり前の時代になって欲しいものです。


2
タグ: Fintec ウィーン ANA

2019/3/28  5:36

投稿者:Auther
ちなみに、Vermoegens=財産、Sparbuch=通帳という意味です。日本語の定期預金と同じようなものですが、発想が少し違うように思います。

これからドイツ語圏内に留学したいと思っている人、ドイツ語圏でお仕事される方は参考にしてください。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ