renaissancejapn@aol.com

2019/9/26

お馬鹿な日本政府とTDK  国際政治・金融・企業

日経ビジネスからの、9月23日配信記事、「クアルコムが「5G」向けで攻勢、試練に立つ村田製作所」https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00342/?P=1 を読んで驚きました。


記事の中に出てくる「SAWフィルター」とは特定の周波数をtり出す、無線通信には必須の重要部品です。 地味ですが、この部品が無ければ、3G、4G、5G、携帯電話、基地局、WiFi、Bluetoothなど、1台たりとも作れません。

この部品は、村田製作所が約50%の世界シェアを持ち、残りの50%はシーメンスの電子部門であったドイツのEPCOS社を買収したTDKが保有していおり、系企業が100%のシェアを持っています。 

EPCOS社がTDKに買収されるまでは、村田製作所とEPCOS社が世界市場を2分していたのです。


皆さんご存知の通り、今からは世界中が高度ネットワーク社会になります。



この部品は重要なので、日本政府関係者には、何度も戦略部品として重要なので、決して村田製作所とTDKは外資に手渡さないよう説明していたのですが、その重要性が分からなかったのでしょう。 またTDKの幹部もRF出身でないため、その重要性が理解できなかったものと思われます。


本当にアホネ!


さすが、田中真紀子、山東昭子が科学技術庁長官になり、女性の首を絞め逮捕され、「日本領土の竹島を韓国にあげたらいい」と国会で恥ずかしげもなく発言する、アホ芸人の山本太郎が国会議員になれる国だわ。

だめだこりゃ。




1
タグ: Qualcom TDK 5G


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ