renaissancejapn@aol.com

2005/5/27

メッテルニヒ公爵  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します

写真はメッテルニヒ公爵(Herzog Metternich)で、1814年にフランス革命と
ナポレオン戦争の後始末について話し合うウイーン会議を主催した、メッテル
ニヒ宰相の子孫です。



向こう側で右を向いているのが、メッテルニヒ公爵です。

歴史の教科書にも登場するメッテルニヒ宰相は、フランス革命後にヨーロッパを
蹂躙したナポレオンを敗北に導き、1814年に「会議は踊る」で有名なウイーン会議
を主催し、フランス革命以前の王政を中心とした古い体制に戻すべく、ヨーロッパの
国家の体制(ウイーン体制・メッテルニヒ体制)の維持につとめました。

その結果、フランスではブルボン王朝のルイ18世が国王になりました。

メッテルニヒ宰相(1773-1859)は、美男子としても有名で、、フランスのサヴィアル
侯爵の娘コンスタンス・ド・ラフォルス、ロシアの将軍の妻カタリーナ・バグラチオン、
クールラント公爵夫人、アブランテス公爵夫人など、数多くの女性達と浮名を流
しています。

また、ナポレオンの妹のカロリーヌ・ボナパルトと浮名を流したこともあり、ナポレオン
が失脚した後、落ち込む彼女のためにオーストリアに隠居用の別荘を作ってあげた
エピソードもあります。


子孫であるメッテルニヒ公爵は、写真の通り美男子でありながら、威厳を感じさせる
貫禄を持ち合わせており、物腰柔らかい大変紳士な方でありました。
パーティで撮ったこの写真は、私の宝物のひとつです。

1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ