renaissancejapn2020@gmail.com

2020/9/27

Break time  オペラ鑑賞  フィガロの結婚  映画・音楽・アニメ



クリックすると元のサイズで表示します
ボーマルシェこと本名ピエール=オーギュスタン・カロン(1732-1799)
18世紀フランスの実業家、劇作家。

ボーマルシェは、『セビリアの理髪師』、『フィガロの結婚』、『罪ある母(英語版)』からなる「フィガロ3部作」で有名。





クリックすると元のサイズで表示します
オペラの舞台セビリアのスペイン広場










『フィガロの結婚』(フィガロのけっこん、伊: Le nozze di Figaro、仏: Les noces de Figaro、英: The Marriage of Figaro、独: Die Hochzeit des Figaro)は、フランスの劇作家ボーマルシェが1778年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲をもとにヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1786年に作曲したオペラ(Le Nozze di Figaro, K.492)である。

オペラのリブレット(台本)は、ボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテがイタリア語で書いた。     wiki  




この作品は、流麗かつ華麗な曲調で、モーツアルト(1756–1791)の中でも大変人気のあるオペラです。





クリックすると元のサイズで表示します
オペラ フィガロの結婚の1シーン










W. A. Mozart: The Marriage of Figaro (Böhm, 1976) [Complete / Japanese sub.]
フィガロの結婚(日本語訳付き)
https://www.youtube.com/watch?v=xKhY7aV3KzY











あらすじ・ストーリー
---------------------------------------------------

 フィガロとスザンナは、結婚を目前にして気持ちもはずむ毎日。一方、二人の雇い主アルマヴィーヴァ伯爵は、スザンナをものにしようとたくらんでいる。そのことに気づいたフィガロは、急いで結婚式をあげてしまおうと画策するものの、伯爵にじゃまされて上手くいかない。

フィガロは、伯爵夫人あての偽の恋文を作って伯爵を嫉妬させようとしたり、小姓のケルビーノを女装させたりと、あの手この手で伯爵の目をスザンナからそらそうとする。しかしフィガロに夢中の女中頭のマルチェリーナや、フィガロに恨みをもつバルトロに邪魔され、どうしても思うようにいかない。

ところがなんと、フィガロはこのマルチェリーナとバルトロの実の息子であることが判明。二人の協力で、ようやくフィガロとスザンナは結婚式をあげることができた。

結婚式の最中に、スザンナからこっそりと恋文を受け取ったアルマヴィーヴァ伯爵は大喜び。逢引の場所に忍んでいくと、伯爵夫人がフィガロと逢引しているのを目撃してしまう。

自分のことは棚に上げ、怒って割り込んでいくと、伯爵夫人だと思ったのは変装したスザンナだった。

 これは、浮気な夫を懲らしめようとした伯爵夫人の計略で、すべてを知った伯爵は伯爵夫人に許しを請う。

---------------------------------------------------





Break time オペラ鑑賞 セビリアの理髪師
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2691.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.htm








3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ