renaissancejapn2020@gmail.com

2021/1/14

合衆国銀行とロスチャイルドそしてトランプ  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します









アメリカ独立戦争後、すぐに始まった中央銀行設立論争

1776年にアメリカが独立宣言を発しますが、独立戦争は以後7年間も続きます。 この間イギリスやヨーロッパの銀行家たちは、植民地戦争を煽り双方に金を貸して儲けました。 

そして1783年ようやくイギリスとの間で和平が成立し、ここにアメリカは名実ともに独立国家となりました。

以後、イギリス・ロンドンの金融家たちはアメリカの金融支配工作を本格化させます。 その最初のステップはアメリカに中央銀行を設立させることでした。

この中央銀行には2つの特色があります。 第1は、通貨の供給を独占的に行う事。 第2には民間銀行である事。

中央銀行と聞くとこくりつの銀行を想像しがちですが、ロンドン・シティなどの国際金融家の立場からすれば、中央銀行は民間の銀行が所有する通貨発行銀行でなければならないのです。

アメリカの初代税務長官アレクサンダー・ハミルトンはイギリスの中央銀行であるイングランド銀行をモデルとする合衆国銀行の設立を提案しますが、

これに対して民間銀行の中央銀行の危険性を熟知していたベンジャミン・フランクリンはハミルトン案に強硬に反対します。





アメリカ最初の中央銀行は北米銀行(Bank of North America)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2782.html
アメリカ最初の政党(共和党)が結成
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2783.html







合衆国第一銀行

クリックすると元のサイズで表示します
第一合衆国銀行東正面
建設1791年(建物の完工は1797年)
所在地 ペンシルベニア州フィラデルフィア

しかし、1791年フランクリンの死と共にハミルトンは合衆国第一銀行として駐豪銀行の成立に成功します。 独立宣言を起草したトーマス・ジェファーソンの反対にも関わらず、フリーメーソンであったワシントン大統領(1752年2月4日にヴァージニアの 「フレデリックスバーグ・ロッジ」 に
入会し、1752年11月4日には 「徒弟」 、翌年3月3日に 「職人」 の位階に進み、8月4日には 「親方」 の位階に進級していることが記録に残されています。そして、1789年にジョージ・ワシントンが、第一回のアメリカ大統領宣誓式をフリーメイソンの経典に手をかざして、フリーメイソン式の式典方式で行なった事は有名)が設立法案に署名してしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ワシントンの周辺には、同じくフリーメーソンに加入していた側近が多くいて、

ワシントンの副官であり、最初の財務長官となったアレクサンダー・ハミルトン、
独立革命時代のアメリカ経済の中心にいたロバート・モリス、
最高裁判所長官となり、「アメリカ司法会の父」 と呼ばれるジョン・マーシャル、
南北戦争の南軍総司令官ロバート・リーの父であるヘンリー・リー将軍、
「アメリカ海軍の父」 と呼ばれるジョン・ポール・ジョーンズ、
アメリカ独立革命に共感してフランスから来たラファイエット侯爵も、
「アメリカン・ユニオン・ロッジ」 において、フリーメーソンとなっており、
この時に参入儀礼を催したのがワシントンでありました。

1789年4月30日、ワシントンはニューヨークのウォール街で、初代大統領としての宣誓式にのぞみました。  この当時の首都は、ニューヨークであり、まだワシントン市は存在しておりません。

ワシントンの宣誓に立ち合ったのは、ロバート・リヴィングストンで、彼は 「ニューヨーク・グランド・ロッジ」 のグランド・マスターでありました。

リヴィングストンは、フランクリンの後任としてフランス大使となり、ナポレオンとの交渉を通して、ルイジアナの買収に成功しています。

ワシントンの宣誓のの時に使用された 「聖書」 は、ニューヨークの 「セント・ジョンズ・ロッジ・No.1」 から借用されたものであります。

アメリカ合衆国の大統領官邸 「ホワイトハウス」 は、1792年に着工されましたが、この設計者はアイルランド生まれの建築家ジェイムズ・ホーバンで、彼もフリーメーソンで、

1793年9月18日には、アメリカ政治の象徴となる議事堂の礎石を置く儀式が行われ、その儀式はフリーメーソンのロッジと提携して行われ、ワシントンはフリーメーソンのエプロンと記章をつけて、その儀式にのぞみました。


とにかく、アメリカ憲法は通貨発行などの権限は連邦議会に属すると代1条に規定されていますが、憲法違反の中央銀行が設立されてしまいました。


この合衆国第一銀行は、株式の80%をロンドン・シティの、ネイサン・ロスチャイルドなどの民間銀行が所有し、アメリカ連邦政府は20%を保有するだけでした。 事実上、シティやニューヨークの民間銀行が所有する中央銀行でした。


設立から20年後の1811年に期限切れを迎え、中央銀行法を更新するか否かをめぐり、アメリカで大論争が行われました。

ロスチャイルドの合衆国銀行の認可期限が切れますが、連邦議会はその更新に反対しました。 建国当時から、アメリカの愛国者たちはロスチャイルドと戦っていたのです。 

リンカーン、ケネディ、トランプ然り。トランプの場合は、ロスチャイルド・ロンドン家の代理人であるモルガンですが・・・。  ただ、モルガンの力は巨大で、GE、GM、ATT、USスチールをも金融支配し、特にATTは全米の通信網を支配しており、GAFAとてATTの通信網を使わずしてビジネスは出来ません。

つくづく、トランプという男は、度胸と行動力のある、もの凄い大統領だと思います。 ジョー・バイデン、カマラ・ハリスなどのような小物とは比べるのが失礼です。



リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
リンカーン暗殺と「黄金の輪の騎士団」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2791.html 

ノアの呪い 黒人差別と支配者ユダヤ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html



ネイサン・マイヤー・ロスチャイルドは、議会による合衆国銀行の更新反対を不服として、次のように述べました。 「認更新の申請が認められなければ、アメリカはこれまでになく悲惨な戦争に巻き込まれることになるだろう」










合衆国第二銀行

クリックすると元のサイズで表示します
所在地 ペンシルベニア州フィラデルフィア 


しかしながら、アメリカは方針を変えず、上下院とも僅か1票差で更新が否決されます。 このため
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルドはさらに脅しをかけました。 「生意気なアメリカ人に教訓を教えてやろう。 アメリカを植民地時代に戻すぞ」

そして1812年に米英戦争が勃発します。 中央法銀行法を更新させるため、シティがイギリス政府にけしかけたのです。



1816年アメリカ議会でロスチャイルド家が牛耳る別の中央銀行を認可する法案が成立。 これによってロスチャイルド家は再びアメリカの貨幣供給を支配するようになります。 

この銀行は第二合衆国銀行と呼ばれ、20年間の設立許可が与えられました。 当然のことながらこれは、イギリスがアメリカに仕掛け、両国の何万という兵士の命を奪った戦争の終結と、

ロスチャイルド家が所有する中央銀行がまた一つ増えた事を意味します。 12年にわたって第二合衆国銀行が容赦なくアメリカ経済を操作し、国民に不利益をもたらしながら、自分たちの利益だけ

を追求した結果、アメリカ国民の我慢は限界に達し、この銀行に反対する人々がテネシー州選出の上院議員アンドリュー・ジャクソンを大統領候補に指名。

ジャクソンは大統領選で勝利を収め、その権限を行使して、この銀行をできるだけはやく廃業させるつもりだと明言しました。 ジャクソンは、最初の任期中に、政府の業務から数多いこの銀行の手先を一掃することに着手します。

政府内部に、このがん細胞がどれだけ根深く巣食っていたかというと、連邦政府雇用者1万1000人のうち、200人を解雇しなければならない程でした。



1832年、第二合衆国銀行は銀行の認可更新を認めるよう、許可期限より4年早く議会に申請しました。 議会はこれに応じ、法案をジャクソン大統領に送って署名を求めました。


1833年、ジャクソン大統領は政府の預金を、ロスチャイルド家の支配する第二合衆国銀行から、それぞれ独立した銀行家たちが運営する銀行に預け換えました。

さすがに、これにうろたえたロスチャイルドは、貨幣供給を制限し、経済不況を起こしますが、ジャクソン大統領は彼らのたくらみなどお見通しで、こう述べています。


「貴様らは、腹黒い盗人の巣窟だ。 私はお前たちを一掃する。 永遠なる神の力によって、お前たちを必ず一掃する」








ジャクソン大統領暗殺未遂事件とロスチャイルド

1835年1月、暗殺者がジャクソン大統領銃撃を試みるも、奇跡的に暗殺者のイストルは二丁ともに不発に終わりました。

ジャクソン大統領は後に、この暗殺未遂事件の黒幕はロスチャイルド家だと主張しています。 そういったのは大統領だけではありません。

暗殺者リチャード・ローレンスでさえも、「自分を雇ったのはヨーロッパの権力者で、もし逮捕されることがあっても守ってくれると言う約束だった」と、後に吹聴しています。



ロスチャイルド家は、スペインのアルマデン水銀鉱山の採掘権を獲得。 当時、これは世界最大の利権であり、水銀は金や銀を精製に不可欠な物質でありますが、

それが実質ロスチャイルドの独占でありました。 この採掘権を獲得した結果、N・M・ロスチャイルド、父子商会はやがて英国王立造幣局やイングランド銀行など多くの国際的な顧客のために、
金や銀を精練するようになりました。



リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html

キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html








FRB設立

1836年、任期中ロスチャイルド家と彼らの中央銀行と戦い続けたアンドリュー・ジャクソン大統領は、認可の更新を認めず、ついにロスチャルド家の中央銀行をアメリカから締め出しました。

ロスチャイルド家がアメリカ3つ目の銀行を銀行となる連邦準備制度理事会を設立するのは、ロスチャイルド・ロンドン家の代理人モルガンが率い、同じユダヤ系クーン・ローブ商会、ロックフェラーなどとつくった1913年の事でした。



FRB(米国連邦準備制度理事会)設立 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2709.html
FRS(連邦準備制度)の機構と機能
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2780.html
ウォーバーグ財閥とクーン・ローブ財閥そしてFRS/FRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2781.html



このFRBを創設するにあたり、秘密会議が行われたのがモルガンが所有するジョージア州のジキル島です。 

当時、トランプと同じく圧倒的な人気と実績をかかげ再選間違いなしとされた共和党のタフト大統領はFRBに単体していたので、モルガンの豊富な資金で周囲の買収工作で、今のトランプと同じく

完全孤立し、引きずりおろされ、モルガンの操り人形民主党のウィルソン大統領政権が成立しました。

この事実からも今回のジョージア州不正選挙、国民から圧倒的支持されるトランプが周囲から孤立させられてしまった共通点を見出す事が出来ます。



何度も言いますが、アメリカの中央咽喉FRBは連邦政府が1株たりとも持っていないモルガンらの民間企業で、法律で紙幣の発行権を得ているので、ただ同然にいの紙に印刷するだけで紙幣に化けるのです。aあ
でsから、戦争とか環境とか、今回のようなコロナパンデミックを意図的に作り出し、巨額の予算を政府に隈されば、笑いが止まらない大儲け。 これが今日の巨大国際金融機関の姿です。

紙幣発行権を取り上げられてしまっては、もはやただの人・企業です。 まあもっとも今まで築いた巨額ン資産はありますが・・・。





1837年、ロスチャイルドは身内の一人でオーガスト・ベルモント(本名はアウグスト・シェーンベルグ)をアメリカに送り込み、ジャクソン大統領によって潰された銀行事業を回復させる取り組みをただちに開始させました。



ロスチャイルドとモルガンの関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2755.html
ベルモント財閥とロスチャイルド、モルガンそしてペリー提督
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2756.html



1840年、ロスチャイルド家はイングランド銀行の金(ゴールド)のブローカーを名乗り、カリフォルニアとオーストラリアに代理店を置きました。


ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html


これで、今回のアメリカ大統領選で、トランプに対抗するためカリフォルニアが不正選挙の温床になっていて、多くの芸能人や映画スターが反共和党・反トランプなのも分かるでしょう。 

米民主党の背後ではユダヤ系資本が献金しており、ハリウッド映画産業をつくったのはすべてユダヤ人です。







ジョン・タイラー大統領への脅迫

1841年、ロスチャイルドの代理人達は合衆国銀行の認可更新を認めるよう連邦議会のあちこちにしつこく動きかけていましたが、ジョン・タイラー大統領(10代アメリカ合衆国大統領)はこの法案

に拒否権を行使。 大統領は山のように殺すと言う脅迫状を山のように受け取りました。



1845年、アンドリュー・ジャクソン(第7代アメリカ合衆国大統領)死去。 ジャクソンは、自分の人類への最大の貢献だと考える行いにちなみ、次の言葉を墓石に刻むよう遺言しました。

「わたしは銀行の息の根をとめた」  もちろんこれは、1836年にロスチャイルド家の第二合衆国銀行をつぶした事実を指しています。


当時ジェームズ・ド・ロスチャイルド男爵として知られていたヤーコブ(ジェームズ)・ド・ロスチャイルドは、フランス最初の大型鉄道工事契約を獲得しました。

この鉄道は「北部鉄道」と呼ばれ、当初パリーパリシエンヌ間を運行していましたが、その後、兄であり舅でもあるサロモン・マイヤー・ロスチャイルドが建設したオーストリアの鉄道網と連結させました。


ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html



1863年、ロックフェラーがスタンダード石油を設立し、同社はやがて競争相手をすべて買収することになります。







リンカーン暗殺

1864年11月8日、リンカーン大統領が再選。 21日に大統領は友人に、次のような手紙を書きました。

「国際金融権力は平時には国家を食い物にし、逆境のときには国家に対し陰謀を企てる。 君主制よりも横暴で、独裁政治よりも身勝手だ」


1865年、議会への声明で、エイブラハム・リンカーン大統領は次のように述べています。 「私には2つの強大な敵がいる。 前方の南軍と、広報の金融組織である。 後ろのほうが手ごわい敵だ」

二度目の就任から41日後、リンカーン大統領はフォード劇場でジョン・ウィルクス・ブースに銃撃され、このときの負傷がもとで大統領は命を落としました。


 それから役70年後の1934年、リンカーン大統領の暗殺は国際的銀行組織の謀略であったとする申し立てがカナダ議会の下院でなされました。

これを暴いたのは、カナダの弁護士ジェラルド・G・マクギアです。  膜ギアは公式な記録から抹消された証拠を、ブースが死んだとされた後に、彼の裁判に立ち会った大統領護衛官から手に入れました。

マクギアは、その証拠からブースが国際銀行家に雇われたいわば傭兵であった事が分かると述べました。

彼の言った内油は、1934年5月2日付け「バンクーバー・サン」紙の記事で報じられます。 そこにはこうあります。


「奴隷解放論者であったエイブラハム・リンカーン合衆国大統領は、政府証券に関する彼の野望を恐れていた国際銀行機関の代表者からなるグループの謀略によって暗殺された」








ロスチャイルドと金本位制

当時、何らかの理由でrンカーンの死を望む銀行家グループは一つしかなかった、 共和党のリンカーンによる合衆国の通貨計画に反発し、南北戦争中、彼のグリーンバック政府紙幣政策と戦い続けた人々である。

ジェラルド・G・マクギアはまた、リンカーン暗殺の理由はその国際銀行組織がアメリカに中央銀行を再び設立するためだけでなく、

アメリカの通貨を自分たちがコントロールしている金(ゴールド)を基本としたものにするため、でもあったと述べています。



つまり、アメリカに金本位制をとらせたかったのであります。 



これは合衆国の誠意と信用のみに基づくリンカーン大統領のグリーンバック紙幣発行政策に真っ向から反対するものでありました。

「バンクーバー・サン」紙の記事には、ジェラルド・G・マクギアのこういった言葉も掲載されています。



「彼らの関心は、金本位制を確立し、銀行家が金融機関として世界の通貨と信用取引をくまなく支配する権利を握る事にあった。 

リンカーン大統領がいなくなれば、その計画を推進する事が出来る。 そして事実、彼らはアメリカでその計画を実行したのである。

リンカーン暗殺から8年後には銀は廃貨となり、アメリカに金本位制が確立された」



ロスチャイルドのロンドンの銀行で短期見習いをした後、フランクフルト家のヤコブ・シフ(ジェイコブ・シフ)は18歳でアメリカに渡ります。 

彼はアメリカである銀行の株主になるよう指示を受け、その資金を携えていました。 その目的のひとつは、 「中央銀行の設立によって、アメリカの貨幣制度の支配権を握る」ことにありました。



1875年、ソロモン・クーンローブの娘テレサと結婚し、彼の娘婿となったジェイコブ・シフは、1月1日、投資銀行クーン・ローブ商会の経営権を握ります。 

シフは、ジョン・D・ロックフェラーのスタンダード石油に資金を提供します。 また、エドワード・ハリマンの鉄道事業や、アンドリュー・カーネギーの鉄鋼事業にも出資しました。

これらはすべて、ロスチャイルド家の潤沢な資金によっているのであります。 ジェイコブ・シフは、さらに当時のアメリカの最大手銀行とも次々に提携しました。


ウォール街の支配者であったJ・P・モルガン、そしてドレクセル、フィラデルフィアのピドルであります。 その他の銀行はすべて、規模の大小にかかわらず、この3行の動きに同調するとみられました。

すなわち、ロスチャイルド家がニューヨークのひいてはアメリカの銀行群の実権をすべて握るという了解のもと、ヨーロッパのロスチャイルド家にこれら大手3行のヨーロッパ支店を設けさせました。










ジェームズ・A・ガーフィルド大統領暗殺

1881年、第20代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・A・ガーフィールドは、在任期間がわずか100日でしたが、暗殺される2週間前にこにょうな事を言っています。

「我が国の莫大な資金を操る者は、あらゆる産業とと商業の完全なる支配者となる。 ・・・すべてのシステムが上層部にいる強い影響力を持った少数の人間に

何らかの方法でいとも簡単にコントロールされている事を理解すれば、インフレやデフレがどうやって起こるかなど聞かなくても分かる筈だ」




1907年、クーン・ローブ商会を経営するロスチャイルド家のジェイコブ・シフは、ニューヨーク商工会議所のスピーチでこう警鐘を鳴らしました。

「貸付資産を適正にコントロールできる中央銀行がなければ、この国の歴史上もっとも厳しくだお規模な金融恐慌を経験することになる」

そしてアメリカは、突如として新たな金融恐慌を迎えました。 「1907年恐慌」であります。 この恐慌により何百万というアメリカ人が命を落とす事になる。




1913年、モルガンが所有するニュージャージー州のジキル島で秘密会議が開かれ、1913年12月3日に、多くの上院議員がクリスマス休暇に入っている中で、騙まし討ち的に『連邦準備法』は可決されました。

可決を主導したのは、ジョン・D・ロックフェラー、JPモルガン商会、ポール・ワーバーグ、エドワード・ヘンリー・ハリマン、ロスチャイルド家の代理人ヤコブ・シフといった、財界のトップ達。アメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会FRSが設立されました。

ここでも今回の大統領選挙で不正のあったニュージャージー州の登場です。何を意味しているかは聡明な皆さんの想像通り。








FRB(米国連邦準備制度理事会)設立と闇

 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2709.html
FRS(連邦準備制度)の機構と機能
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2780.html



国民からの指示を得るため、彼らは図々しくも中央銀行だけがインフレと不景気を抑制できると訴えました。

しかし、実際は、中央銀行は貨幣供給を操作し、インフレと不景気を引き起こす事に多くの国民は気付きませんでした。 というか、気付いても一般国民はどうしょうもありませんが。・・・



チャールズ・リンドバーグ下院議員は次のように述べました。

「連邦準備法は、世界で最も巨大な信用(クレジット)を規定するものだ。 大統領がこの法案にサインすれば、金融権力という見えない政府が合法化される。 ・・・ この銀行制度と通貨に関する法案によって、世紀の重大な犯罪が準備されることになるのだ」


連邦準備銀行FRBが私企業だと言う事実に注目することは重要だ。 この銀行は「連邦」のものでなければ、「準備金」も持っていない。
 
控えめに見積もっても利益は年間1500億ドルになるが、過去に財務諸表を公開した事はない。



















カテゴリ 「財閥(日本・世界)」の投稿記事
---------------------------------------------------

財閥(日本・世界)シリーズ スタート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2629.html
世界の巨大財閥の100年 米・欧編 
(NHKスペシャル動画 ロックフェラー・モルガン・デュポン・ロスチャイルド・etc)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2630.html
ロスチャイルド財閥の始まり 放たれた5本の矢(子供達)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2631.html
ロスチャイルド家の4つの家訓とM・A・ロスチャイルド&サンズ会社 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2632.html
世界の長者番付とロスチャイルドの資産
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2633.html
金の価格はこうやって決まる 黄金の間でのフィキシング
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2634.html
ナディーヌ・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2635.html
地中海クラブ(Club Med)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2636.html
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとヴィルヘルム帝
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2637.html
ロスチャイルド王朝 第二代王は3男のネイサン・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2638.html
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド ワーテルローの戦いでの株価操作
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2639.html
ウイーン会議とロスチャイルド家の貴族称号
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2640.html
ライオネル・ロスチャイルド男爵
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2641.html
リオ・ティント・ジンク(ロスチャイルドの鉱山会社)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2642.html
キューリー夫人とロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2643.html
ノーベルとロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2644.html
ロスチャイルドの鉄道事業参入
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2645.html
オーストリア北部鉄道(フェルディナント皇帝鉄道)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2646.html
北部鉄道(フランス)SNCF
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2648.html
クリミア戦争(トルコ vs ロシア)  と 明治維新
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2649.html
ロスチャイルドのバクー油田売り逃げ と ロイヤルダッチシェル  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2650.html
自動車産業 と ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2651.html
Waddesdon Manor(ワデスドン館)フェルディナンド・ロスチャイルド邸宅 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2652.html
メンデルスゾーン と ロスチャイルド 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2653.html
カラー写真フィルムAGFA(アグファ)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2654.html
アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.html
マフィアの上に君臨するユダヤ資本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
リンカーン暗殺とケネディ暗殺 そしてFRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2657.html
ロシアのロスチャイルド  グンツブルグ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2658.html
エドモン・ド・ロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2659.html
ロイター通信 と ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2660.html
タイタニック と ロスチャイルド縁戚関係の3財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2663.html
太陽の沈まない帝国スペイン と ハプスブルグ帝国
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2664.html
アルマダの海戦 スペイン無敵艦隊の敗北
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2665.html
石見(いわみ)銀山・ポトシ銀山 と ブリオリズム
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2668.html
スペイン vs オランダの代理戦争だった 豊臣 vs 徳川
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2669.html
フランス革命 と マリー・アントワネット 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2670.html
フランスを脱出するデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2671.html
アメリカに渡ったデュポン一家
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2672.html
デュポン社の設立とナポレオン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2673.html
アメリカ独立戦争と銀行 そしてデュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2674.html
政商としてのデュポンの始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2676.html
南北戦争 と デュポン  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2677.html
風と共に去りぬ と モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2678.html
モルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2679.html
(予告編) 第一世界大戦とモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2680.html
第一次世界大戦とモルガン財閥 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2682.html
ロシア革命とユダヤ人迫害(ポグロム) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2683.html
日露戦争とクーン・ローブ商会・ロスチャイルド  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2684.html
ロシア革命 と明石大佐 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2685.html
ハリウッド映画産業とユダヤ人、そしてジャポニズム  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2686.html
Break Time 愛はかげろうのように【訳詞付】- Charlene  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2687.html
ハリウッド と ナチス  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2688.html
2つの結婚行進曲 メンデルスゾーンとワグナー 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2689.html
アイネ・クライネ・ナッハト・ムジークが普及したのは第一次世界大戦後のレコード
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2690.html
Break time オペラ鑑賞 セビリアの理髪師
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2691.html
Break time  オペラ鑑賞  フィガロの結婚
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2692.html
「魔笛」モーツアルトとフリーメーソン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2693.html
セシル・ローズとデビアス社
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2694.html
哲学者プラトンと共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2695.html
ミルナーズ・キンダーガルテン(ミルナーの幼稚園)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2696.html
セシル・ローズ=ミルナーグループのメディア支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2697.html
番外編  爆笑  第一回米大統領候補者討論会 メカバイデン登場 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2698.html
セシル・ローズの秘密ネットワークに加わるロックフェラー、モルガン、ラザールフレール  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2699.html
クーデンホーフ・ミツコ (青山光子)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2700.html
ロックフェラー財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2701.html
英国きっての政治・金融権力者に上り詰めたミルナー卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2702.html
1919年ノーベル平和賞 ウィルソン大統領
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2703.html
2019年は国際政治学 生誕100周年
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2704.html
日露戦争とロシア革命そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2705.html
銀行のルーツと戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2706.html
イングランド銀行と紙幣銀行券
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2707.html
緊急拡散希望 トランプ神演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2708.html
FRB(米国連邦準備制度理事会)設立 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2709.html
コミンテルン(国際共産主義活動組織)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2710.html
アメリカと日本を狙うコミンテルン(国際共産主義活動組織) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2711.html
ジョージタウン大学とキャロル・キグリー教授
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2712.html
モルガンに仕切られるCFR(外交問題評議会)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2713.html
ニュー・リパブリック誌の創刊 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2714.html
JPモルガンと円卓会議Grによる米国大学支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2715.html
オール・ソウルズ・カレッジ (オックスフォード大学) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2716.htm
ミルナー円卓会議グループと共産主義・社会主義グループの連携
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2717.html
財団のルーツ ピーボディ財団
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2718.html
第一次世界大戦と日本の財閥(新興財閥の台頭)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2719.html
第一次大戦までの鈴木商店
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2720.html
日本三大財閥(住友・三井・三菱)の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2721.html
政商から脱皮する財閥(住友・三井・三菱) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2722.html
広告、プロパガンダの父  エドワード・バーネイズ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2723.html
第一次大戦後の好景気以後の世界大恐慌・関東大震災とコミンテルンの共産主義革命 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2724.html
安田財閥の始まり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2725.html
安田善次郎(2代目)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2726.html
安田財閥と芙蓉グループ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2727.html
帝国主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2728.html
太平洋問題調査会(IPR)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2729.html
実はまともな法輪功と大紀元時報(Epoch Times)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2730.html
黒人革命家と共産主義思想
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2731.html
約束の地カナンとは何か
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2732.html
ノアの呪い 黒人差別と支配者ユダヤ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2656.html
The FACT 中国とバイデン家 ( China and Biden Family)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2734.html
新興保守系NSNS パーラー(Parler)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2735.html
世界の超大国 日本
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2736.html
Break Time はやぶさ映像と音楽
https://www.youtube.com/watch?v=S_siFzO9P5k
警察の化身 元FBI W・クレオン・スクーセン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2738.html
モルガン・ロックフェラー・カーネギー財団は中国を共産主義陣営に売り渡した
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2739.html
共産主義者の陰謀よりもさらに大きな謀略がある
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2740.html
サンフランシスコ平和条約 米国メンバーに潜む共産主義者とCFR関係者
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2742.html
三井財閥本社となった三井家同族会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2743.html
Break Time  追憶【訳詞付】- バーブラ・ストライザンド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2744.html
三井財閥と慶応義塾「三田閥」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2745.html
財閥の大陸進出と三井物産の中国ビジネスそしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2746.html
三井財閥 益田孝(三井物産設立者)が育成した物産マン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2747.html
アメリカ建国時から戦っていた愛国者vsエスタブリッシュメントそしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2748.html
トランプの名演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2749.html
CIA、米民主党と原子力産業、そしてロスチャイルド
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2750.html
ヨハネの黙示録
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2751.html
ヨハネの黙示録 聖書の説明
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2752.html
ロシア革命とユダヤ人
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2753.html
巨大権力集団はどのように形成されるか イングランド銀行とFRB、銀行一族王朝そして共産主義
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2754.html
ロスチャイルドとモルガンの関係
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2755.html
ベルモント財閥とロスチャイルド、モルガンそしてペリー提督
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2756.html
アメリカに渡ったモルガン一族の先祖
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2757.html
J・P・モルガンの誕生
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2758.html
J・P・モルガン一世の悪事とモルガン商会解散
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2759.html
普仏戦争(ナポレオン3世)の公債引き受けで国際投資銀行の地位を確立するJ・S・モルガン商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2760.html
ドレクセル・モルガン商会の設立
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2761.html
アングロサクソン系国際シンジケートvsユダヤ系国際シンジケート
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2762.html
J・P・モルガンによる鉄道支配とバンダービルド、そしてUSスチール支配とカーネギー
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2763.html
J・P・モルガンとエジソンの出会い、GE設立そして三井財閥
https://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/postmsg?edit=2764
J・Pモルガンとアメリカビッグビジネス時代そしてATT支配
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2765.html
GMを支配するデュポン財閥、そしてモルガン財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2766.html
結局はロスチャイルドに躍らせていたJ・P・モルガン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2767.html
クリスマスソング・ジングルベルとモルガン
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2768.html
Merry Christmas!
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2769.html
ドルの起源
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2770.html
MMT信者はアホばかり
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2771.html
トランプ名演説集 + イヴァンカ名演説
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2772.html
貨幣の種類
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2773.html
貨幣の種類 0.原始社会の物々交換
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2774.html
貨幣の種類 1.商品貨幣 そして金とタバコ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2775.html
商品貨幣の王者は金(ゴールド)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2776.html
通貨の種類 2. 預かり証貨幣
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2777.html
通貨の種類 3.不換紙幣 そしてMMT
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2778.html
貨幣の種類 4.部分準備貨幣
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2779.html
FRS(連邦準備制度)の機構と機能
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2780.html
ウォーバーグ財閥とクーン・ローブ財閥そしてFRS/FRB
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2781.html
アメリカ最初の中央銀行は北米銀行(Bank of North America)
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2782.html
アメリカ最初の政党(共和党)が結成
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2783.html
ローズの遺言、ラスキン、ミルナー卿、そして円卓会議
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2784.html
東部エスタブリッシュメント
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2785.html
1857年ウォール街恐慌とロスチャイルドのモルガン、ピーボディ支援
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2786.html
南北戦争直前、欧州列強に狙われるアメリカ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2787.html
ロシアも参戦していたアメリカ南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2788.html
ロスチャイルドのアメリカ進出と南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2789.html
グリーンバック紙幣と南北戦争
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2790.html
リンカーン暗殺と「黄金の輪の騎士団」
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2791.html 
巨大財閥の100年 動画
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2792.html
合衆国銀行とロスチャイルドそしてトランプ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2793.html

4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ