renaissancejapn2020@gmail.com

2021/2/7

トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜海の向こうに何がある〜  財閥(日本・世界)





クリックすると元のサイズで表示します

明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html






明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜初恋の人との別れ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2817.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜フレーザーバラを離れる〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2818.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ 〜ギムナジウムへ入学〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2819.html


からの続き






海の向こうに何がある

父親が沿岸警備隊の司令官という事もあり、部下達から小船やヨットの操縦術も学んだ。 特にヨットはとても快適。 ややもすれば落ち込みそうな彼の心を支えてくれた。

「海の向こうに何があるのか・・・」 トーマスがエリザベートを忘れるためにも、故郷スコットランドを離れ、海外で存分に飛翔してみたい。

船は彼の野心をいやが上にも高めてくれた。 もっとも、海外で飛翔したいとの冒険心をそそられたのは何もトーマス・グラバーに限らない。

スコットランドの男性の多くが冒険心に満ち溢れていた。



ここでちょっと説明が必要だろう。 トーマスやその兄、弟妹達はすべてスコットランドの生まれだが、父は違う。 ベリー・グラバーは、れっきとしたイギリスの首都ロンドンの生まれである。

仕事でたまたまスコットランドでの生活が長く続いたと言うだけで、アングロサクソンの血を引いているとみて先ず間違いない。 但し、妻メアリーはスコットランド人である。


だから六人の子供も二つの血を引いていることになる。 しかし子供達全てがスコットランドで生まれたと言う事は当然その地の影響を大きく受けることは避けられない。

そこでここではスコットランドという地域がどういう特徴を持つ土地なのかについて触れておきたい。



スコットランドの長い歴史の詳細は省くが、日本人にとって、スコットランドと言えば真っ先に思い浮かぶのは「スコットランド民謡」であろう。

読者の方も総学生時代に数度は歌ったであろう「アニーローリー」「蛍の光」「マイボニー」「故郷の空」などは全てスコットランド民謡である。



しかし、これらの優しい情感の歌とは裏腹に、スコットランド人は打たれ強く、とても逞しい。

それは一つには長年にわたり外敵から侵入され、征服された歴史があるからであろう。 中世に至りスコットランド王国を形成するまでには、ローマ人、ついでアングロサクソンやノルマン人などのいわゆるゲルマン民族に幾度も追われている。

それでも苦戦の歴史の間にかろうじてブリテン諸島の西、北に踏みとどまり、スコットランド王国を築く事が出来た。

その民族の祖先を一般的には「ケルト人」と呼んでいる。



ケルト民族は最終的には外敵を追い払い、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、イングランドの西南端を確保。 ケルト民族の意地を示した。

しかし、中世のスコットランドは、絶えずイングランド、フランス等の侵略を受けて危うい王国時代が長く続いたのである。







内部の矛盾を抱える

1603年、絶えず争いを繰り返していたイングランドとの間に「同君連合」(両国の君主を頂く)を実現、その後1688年のイギリスの産業革命を経て、1707年両国は議会合同により合邦を実現した。


しかし、合邦はしたものの、スコットランドは宗教に関する内部対立(カトリック派とプロテスタント派)、英国への根強い反感などが長期にわたり継続された。




次の投稿に続く









アニーローリー
https://www.youtube.com/watch?v=ReEFnmmd12I
〜アニー・ローリー〜 由紀さおり・安田祥子
https://www.youtube.com/watch?v=XgkgtDPJUKc
My bonnie lies over the ocean (Lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=dCtC2_IF8Ms
故郷の空(唱歌、スコットランド民謡)
https://www.youtube.com/watch?v=uZwRYk0OlUY
【和訳付き】蛍の光 (スコットランド民謡) "Auld lang syne" - カナ読み有
https://www.youtube.com/watch?v=XPYXZCvc3ko
Auld Lang Syne (Scottish Folk Song) by Shaylee
https://www.youtube.com/watch?v=dV9YBe7ej2U












財閥(日本・世界)シリーズ のここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html



































1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ